屋外用の猫ハウスの良い点と作り方

屋外用の猫ハウスの良い点と作り方

屋外用の猫ハウスを皆さんは設置したことがありますか?「犬でもないのに屋外用の猫ハウスってなんのため?」と考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、屋外用の猫ハウスは様々なメリットがあります。そこで今回は屋外用の猫ハウスの良い点とその作り方についてご紹介させていただきます。

6230view

屋外用の猫ハウスの良い点

ハウスにいる猫

屋外用の猫ハウスの良い点はどのようなことあが考えられるのでしょうか。犬は玄関や庭先に犬小屋を設置しますよね。しかし、猫の屋外用の「猫ハウス」というものはあまり知られていないものです。

屋外用の猫ハウスを設置すると、飼い主や猫にとって様々な良い点があります。そこでここでは、屋外用の猫ハウスの良い点についてご紹介させていただきます。

保護猫の場合

はじめに一定の距離を作るという意味で屋外用の猫ハウスを設置してあげると保護猫を少しずつ環境に慣らしてあげることができます。

保護猫を新しく家族として迎えることもありますよね。しかし、保護猫も様々な環境で大きな壁を乗り越えてきました。

新しい飼い主にすぐになつくことができれば問題ないのですが、人間が苦手な猫の場合、屋外用の猫ハウスではなく無理に自宅に迎えると、「ストレス」になってしまうこともあるのです。

多頭飼いの場合

猫を多頭飼いしている場合にも屋外用の猫ハウスがおすすめのときがあります。それは猫同士が「仲が良くない」ときです。

猫は兄弟などであっても、性格によっては相性が合わずに喧嘩をしてしまうこともあります。そして、喧嘩に負けた猫は怪我をしてしまったり常に強い猫がいることでストレスを抱えて過ごしてしまうことになります。

そんなときに屋外用の猫ハウスを作ってあげると、パーソナルスペースとなりリラックスして過ごせることが屋外用の猫ハウスの良い点の1つです。

臆病な猫の場合

猫の性格は温厚であったり、人懐っこかったり、明るくやんちゃくれだったり様々ですよね。しかし、中には

  • 警戒心が強い
  • 臆病
  • 怖がりで人見知り

これらのような性格の猫もいます。自宅でせっかく飼ったのにビクビクと怖がらせてしまう生活をさせるのは可愛そうですよね。

そんなときに、屋外用の猫ハウスを設置すれば飼い主や家族と関わりながらも一定の距離を作ることもできるので猫も安心して過ごすことができます。

家族のなかに猫アレルギーの人がいる場合

猫を飼っていて、家族のなかに猫アレルギーの人がいることが発覚したり、突然猫アレルギーになってしまうときもありますよね。

しかし、そのようなときに大切な猫を手放すのはどうしてもできませんよね。そんなときに、屋外用の猫ハウスを設置すれば大切な家族と一緒に暮らすことができます。

家のリフォーム中のとき

こちらは、一時的な屋外用の猫ハウスになりますが自宅をリフォームしているときなど一時的に猫の居場所がなくなってしまうときに屋外用の猫ハウスを設置することがおすすめです。

掃除をするときだけの移動部屋

猫にとって苦手なのが「掃除機などの大きな音」です。飼い主が毎日掃除をする度に猫に嫌な思いをさせるのは嫌ですよね。

そんなときにおすすめなのが屋外用の猫ハウスです。屋外用の猫ハウスがあれば、一時的に猫が避難することができるのでおすすめです。

屋外用の猫ハウスの作り方

猫と小屋

屋外用の猫ハウスの作り方はどのようにすれば良いのでしょうか。屋外用の猫ハウスはいざ作りたいと思っても作り方に悩んでしまいますよね。

そこでここでは、屋外用の猫ハウスの作り方についてご紹介させていただきます。

角材で手づくり小屋

こちらは、DIYで家具などを作れる方におすすめなのですが「角材」を使って小屋を手づくりします。作り方としては、角材を組み合わせて小屋を作るイメージです。

段ボールで簡易的な屋外用の猫ハウス

段ボール、穴を開けたビニールまたはラップで簡易的な屋外用の猫ハウスを作ることもおすすめです。段ボールは、折り畳むだけで簡単に猫ハウスを作ることができます。

しかし、屋外用として使うのであれば雨風に耐えられるものにしなくてはいけません。そのときに、ビニールやラップでくるむようにするとおすすめです。

穴を開けて通気性の良い屋外用の猫ハウスにしてあげてください。

発泡スチロールで簡易的な屋外用の猫ハウス

こちらは、設置するだけの簡単な屋外用の猫ハウスです。軒下などの濡れない場所に発泡スチロールを設置して保温シートを敷いてあげると冬場にも体を冷やすことなく過ごすことができます。

さらにアルミを敷いても保温効果があるのでおすすめです。

収納用コンテナを使う

収納用のコンテナを使って屋外用の猫ハウスを設置してあげることができます。収納用のコンテナに穴を開けて入り口や窓を作ってあげます。

コンテナの床は固いですので、発泡スチロールを敷いたり毛布を敷いてあげると良いでしょう。

工房に依頼する

猫ハウスは自分で手作りするのもおすすめですが「犬小屋製作工房」へ依頼するのもおすすめです。犬小屋製作工房へ依頼をすれば、自宅と屋外用の猫ハウスに通路を作ってくれたり

  • 遊べる部屋
  • 掃除のしやすい部屋
  • 他の猫も過ごせる部屋

など様々なカスタマイズができます。

犬小屋製作工房のホームページは こちら

屋外用の猫ハウスを作るときの注意点

覗く猫

屋外用の猫ハウスを作るときの注意点はどのようなことがあるのでしょうか。屋外用の猫ハウスを作るときには猫の過ごしやすいように様々なことを考えて作ってあげる必要があります。

そこでここでは、屋外用の猫ハウスを作るときの注意点についてご紹介させていただきます。

入り口で怪我をしてしまわないようにする

コンテナに穴を開けたりすると角が尖ったりするので、猫が入り口を通ったときに怪我をしてしまう可能性があります。

ですので、屋外用の猫ハウスを作ったときには入り口をガムテープなどで止めておくようにしましょう。

気温を考える

屋外用の猫ハウスは、使う材料によっては空気がこもって気温が高くなったりしてしまうことがあります。猫も、脱水や熱中症になってしまうので熱がこもってしまうように通気穴を開けるなどしてあげましょう。

まとめ

猫ハウスに乗っている猫

屋外用の猫ハウスは

  • 保護猫の場合
  • 多頭飼いの場合
  • 臆病な性格の猫の場合
  • 猫アレルギーの場合
  • リフォームや掃除など一時的に猫を移動させる場合

これらのようなときに使えるので大変便利です。手作りをするのもおすすめですが、犬小屋製作工房などへ依頼をしてカスタマイズで屋外用の素敵な猫ハウスを製作しもらうのもおすすめです。