緊急時のため「猫が居ます!」を知らせるレスキューステッカーを作りました!

緊急時のため「猫が居ます!」を知らせるレスキューステッカーを作りました!

最近日本では思いもよらぬ災害が至る所で発生しています。私たちは常に緊急時と隣り合わせに生活している、と言っても過言ではないと思います。今回、愛するペットを緊急時にどのように救ってあげるべきかを考え、私が作成したレスキュー用ステッカーをご紹介させていただきます。

1983view

愛猫の為に作った緊急用ステッカー

玄関のドアに貼る、飼い猫の写真入り紹介ステッカーを作りました。

最近では、ペット用レスキューの為のステッカーはカー用品店や、ペット用品店で500円程度から販売されていますが、下記の理由から私はあえて自作にしました。

猫ステッカーの写真
  • この家にいる猫の数、名前をレスキュー隊の方に把握してもらうため。
  • 必ず3匹全員を救ってもらうため。
  • 緊急時ではなくとも、万一脱走などがあった場合に備えて

 近所の方々にお知らせしておく必要性を感じたため。

  • 既成のものではなく、あえて自作で愛猫を大切に飼育していることを

 来客の方にも分かってもらいたい。

材料

ステッカーシートの写真
  • 屋外のドアに貼るので、耐水性のあるステッカー強粘着タイプ

 (家電量販店やホームセンターなどのプリンターコーナーで売っています。)

  • プリンター
  • はさみ
  • スマホ(私はLINE Cameraのアプリで加工しました。)

作り方

パソコンと猫

①愛猫の顔が分かる写真を撮ります。
②自分好みのフレームを作るためのアプリをダウンロードして、写真を枠内に当てはめていきます。
③引き続き、アプリを活用して愛猫の写真それぞれに名前を入れます。
④スマホからプリンターの種類を選択し、ステッカーに印刷します。
⑤適当な大きさに切って、ドアに貼ります。できれば2枚作成して屋内にも貼ると周知力がアップして更に良いと思います。

設置した後の反応

猫はもちろんこのステッカーの意味、存在には気づきませんが、近所の方々や、来客者の方は必ずこのステッカーを見てくださり、3匹も猫ちゃんがいるのね、と声を掛けて下さります。

周知の効果は抜群で、名前まで覚えて下さった方もいらっしゃいました。

ドアに貼付したステッカーの様子

まとめ

猫のためのグッズは、工夫を凝らせば幅広くDIYできると思います。

しかし、私は、猫に危険が及ぶことなく、確実に安全と言えるものだけ自分で作るようにしています。プロに任せるべきことと、自分でやるべきことの判断が重要だと感じます。

今回ご紹介したステッカーは、むしろ自作であるからこそレスキュー用ステッカーの本来の役割を果たせるものが仕上がったのではないかと思っています。

猫は見知らぬ人にレスキューされることに慣れておらず、いざという時は家のどこかに隠れてしまうケースが多いでしょう。それでも何とか見つけてもらうために、まずは家族以外の方にも愛猫のことを知ってもらうことが肝要です。

是非、愛猫さんの為にご自身の好みのデザインで作成してあげてみてください。

スポンサーリンク