洗濯ネットは猫に万能!便利な5通りの使い方

洗濯ネットは猫に万能!便利な5通りの使い方

洗濯をするときの「洗濯ネット」が猫にとって相性抜群なのをご存じでしょうか。洗濯ネットがあれば、いざというときに助かります。ではそんないざというときに便利な理由や用途はどのようなものなのでしょうか。ご紹介させていただきます。

11200view

洗濯ネットが猫に相性抜群なわけ

見上げている子猫たち

「どうして洗濯ネットが猫に相性抜群なの?」と疑問になってしまいますよね。ではなぜ相性抜群なのでしょうか。答えは

  • 素材
  • サイズ

に関係があります。

柔らかい素材

安心する猫

洗濯ネットは、素材が柔らかくできていますね。また、サイズも猫にぴったりなので相性が抜群なのです。

安心する

猫は狭い場所が大好きです。それにより、いざというきに洗濯ネットに入れることで猫は「安心」することができるのです。

猫は普段から、紙袋やビニール袋などの狭い場所に自分から好んではいっていくことがありますよね。猫は狭い場所が大好きなので洗濯ネットに入ると安心すると言われています。

それにより、パニックになってしまったときや落ち着きがなくなってしまったときに洗濯ネットに入れてあげることがすすめられています。素材も優しく、通気性にも優れているので安心して使ってあげることができます。

猫に洗濯ネットを使う用途は?

キャリーバックに入っている猫

では、猫に洗濯ネットを使う用途はどのようなときがあるのでしょうか。結論としては

  • いざというときに
  • 猫がパニックになってしまったときに

使うことがおすすめです。
具体例をいくつかご紹介させていただきます。

1.震災のとき

地震などが起こったとき、猫は怖がったりパニックになってしまいますよね。

そのようなときには洗濯ネットに入れて落ち着かせてあげるようにしましょう。洗濯ネットに入れると落ち着いてくれるので脱走をしてしまう心配などもなく、そのあとの行動も落ち着いてすることができます。

2.雷の音に怖がっているとき

雷と猫

猫は大雨や雷の音に怖がって震えてしまうこともありますよね。そのようなときに猫にぴったしの広さの洗濯ネットを準備してあげることで静かに落ち着きを取り戻すことができます。

3.病院

タオルにくるまれている猫

猫は自宅飼いの場合、特に外にだすと怖がってしまいますよね。病院のときは他の大きな動物もいるのでなおさらです。そのようなときに病院でも洗濯ネットを使うことがあります。

4.シャンプー

シャンプーする猫

猫は水嫌いな動物なので、お風呂やシャンプーを嫌がってしまうこともありますよね。

そのようなときに洗濯ネットを使うと猫の安全を確保することができます。無理矢理暴れるなかでシャンプーをするよりは良いですね。

5.点滴をする

注射をする猫

猫に持病がある場合、自宅で飼い主が点滴をしなければいけないときがあります。

そのようなときに、逃げたり暴れたりしてしまいますよね。洗濯ネットの中に入れてあげることで態度が打って変わって落ち着きを取り戻します。私の愛猫も腎臓病で点滴をしていますが、洗濯ネットを重宝しています。

まとめ

ハンモックで寝ている猫

洗濯ネットは猫にとって、大好きな場所のひとつです。猫は狭い場所が大好きなので怖がってしまっているときやパニックになっているときには洗濯ネットを使うと良いでしょう。洗濯ネットは災害時にも役立ちますので猫を飼っている場合は、常備しておくと良いですね。

スポンサーリンク