身体の一部が脱毛!?猫ちゃんのストレスからの問題行動と対策

身体の一部が脱毛!?猫ちゃんのストレスからの問題行動と対策

ネコちゃんを愛でていると一部脱毛しているところを発見したことはないですか?病院で皮膚の検査をしても異常がなくて、気づいたころには毛が生え変わっている・・なんてことも。実はこの行動はネコちゃんの問題行動。欲求不満やストレスによる自傷行為です。我が家のネコちゃんの茶助くんの体にもよく脱毛を見つけます。茶助くんのエピソードを用いてわたしなりの解決策を紹介したいと思います!

415view

ネコの問題行動はなぜ起きる??

体をなめる猫

ネコの問題行動はストレスから

ネコの問題行動の原因は様々ありますが、主な原因はストレスです。もともとネコという動物は狩りをする動物です。ですから室内という限られた空間で、狩の刺激がないと自然とストレスが溜まっていくものです。

特に保護されたネコちゃんはそういった気持ちを抱きやすいかもしれません。我が家のネコの茶助君は身体を過剰に舐めるという問題行動をすることが多いですが、他にも様々な問題行動を起こします。

まず今回の記事では身体を過剰に舐めてしまう問題行動についてエピソードと対処法を紹介します。

猫が過剰に身体をなめる自傷行為

身体の全体が脱毛するわけでなく身体の一部が脱毛している。という状況です。

茶助の初期脱毛

↑のような脱毛が、脇や足の付け根に見られます。

さらにこれを放置すると

茶助の悪化した脱毛部

↑のような黄色いかさぶたのようなものがでてきました。

さすがに、このころには対策をしていたのでその後悪化することなく治癒しましたが、このまま放っておくと感染症のリスクが高まり大きな外傷に繋がります。

私が試した愛猫の自傷行為に対する対策

エリザベスカラーをつけている猫

そこで私が行った対象法とは。エリザベスカラーをつけてお薬をぬるそれだけです。

当初カラーをつけるのがかわいそうに思って包帯を巻いたりしたのですが、まったく意味をなさなかったです・・・。自分で外してしまうからです。

ですからカラーは本当におすすめの対策グッツです。カラーをしないでお薬を塗ってしまうと自分でなめっとてしまい逆に体調を久崩してしまうので要注意ですよ。

まとめ

ふて寝する猫
  • 問題行動
  • 自傷行為

わたしの体験エピソードから対処法もを述べましたが、あくまで対処法です。

最も大切なのはストレスをなくしてあげることです。お気に入りの爪とぎを用意してあげたり、一緒に遊んだり・・解決策は様々です!!わたし自身茶助くんの自傷行為に関しては対処法で防ぐばかりでまだ解決には至っていません!!!!

もし、同じように飼い猫の自傷行為に困っている方がいたら飼い猫ちゃんのためにぜひいち早く解決策を見つけてください!

スポンサーリンク

人気のキーワード