猫は油を舐めても大丈夫?危険な物や効果がある物

猫は油を舐めても大丈夫?危険な物や効果がある物

どのご家庭にも大体ある油。猫がもしも油を舐めてしまった場合、動物病院へ行かなければいけない?、猫が油をかぶってしまったらどうすれば良い?など、猫と油について気になる点をまとめました。

4435view

監修:獣医師 平松育子先生

(ふくふく動物病院)

猫が油を舐めてしまっても大丈夫?

猫とオイル

猫は油を舐めても大丈夫

結論としては猫が少しくらい油を舐めてしまっても、特に大きな問題はありません。

油を好むという猫が多いと言われているのをご存知でしょうか?フライパンに揚げ物で使用した油を、入れっぱなしにして置くと、我が家の猫も人目を盗んで油を舐めに行ってしまうことがあります。

猫に大量の油は危険

しかし、特に大きな問題がないからといって猫に毎日油を飲ませるというのは絶対にやめていただきたいです。理由としては、長期にわたって猫に油を与え続けると、

  • 消化管がただれてしまう
  • 皮膚炎を患う
  • 嘔吐・下痢をする

など、様々な病気を患ってしまう可能性があります。

猫が油を舐める理由

そもそも猫が油を舐めてしまうのはビタミンAやDを摂取するためだと言われています。肉食動物である猫は、獲物を捕らえたらまずは肝臓を食べるのですが、肝臓から食べる理由はビタミンやミネラルが豊富な部位だと知っているからです。

肝臓には油分が沢山含まれているため、その本能的から油は必要栄養素が豊富!と理解しているからだそうです。

猫に与えても良い油

オリーブオイル

サラダ油

”猫に与えても良い油”というよりは、正しくは少量なら問題のない油ですが、料理に使うサラダ油です。猫の毛玉対策として、ティースプーン1杯のサラダ油を飲ませるのが効果的で毛球症にも用いられる事があります。

ただし、猫にサラダ油を与える時は、最初にお伝えした通り与えすぎには注意が必要です。

オリーブ油

猫にオリーブ油を与えるメリットとして、便秘解消の効果が見られます。

こちらも与えすぎには注意したい油です。猫にオリーブ油を与える際には、ティースプーン1杯から始め、それでも便秘が治らない!という場合には、小さじ2分の1~1杯程度で納めるようにしましょう。オリーブオイルだけで与えるよりも、餌に混ぜてあげると食べてくれやすいかもしれません。

エゴマ油

エゴマ油には、α-リノレン酸などの脂肪酸が含まれており、血液をサラサラにする効果が期待できると言われています。ほかにもエゴマ油には猫の生活習慣病予防や、慢性腎不全の予防や進行を遅らせるにも良いとされています。

人間にとっても体に良いとされているエゴマ油ですから、猫にも良いと言われるのも何となく納得です。もちろん与えすぎには注意が必要になりますが、猫の病気予防や1つの治療方法として、ティースプーン1杯程度のエゴマ油を週に1、2回ほど猫に与えてみると良いかもしれません。

猫に危険な油

精油

次に猫には危険だと言われている油をご紹介します。

精油(エッセンシャルオイル)

医療や生活用品だけでなく、食品などにも利用されている精油ですが、猫には注意が必要です。

精油が猫に危険な理由

気になる理由ですが、猫の肝機能に関係するからなんだそうです。猫の肝臓の場合、解毒に必要であるグルクロン酸抱合ができません。そのため、猫は有害な物質を自力で解毒できないことから、強い作用をもたらす精油は猫に合わないと考えられており、分解されるはずの精油の成分が解毒できずに、猫の体内に留まってしまう可能性が高いからです。

サラダ油やオリーブオイル、エゴマ油とは違って、精油は猫にとって危険な油だと言われています。猫に油を与える際は、間違えても精油は与えないように気を付けなければいけません。

猫が精油を誤飲する事はあまり現実的ではありませんが、かぶってしまったり、手についてしまった場合はすぐにシャンプーしてぬるま湯で洗い流すようにし、動物病院を受診するようにしましょう。

猫に油がついた時のお手入れ方法

お風呂に入る猫

ふと気が付くと、台所から出てきた猫が油まみれでギトギト・・・。たまに耳にするケースですが、そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

猫の油をベビーパウダー等をまぶす

猫に油がついてしまった時、ついた油の量が多ければベビーパウダーを猫の体にまぶし、体についている油を吸収させます。ベビーパウダーが無ければ、小麦粉でも代用可能です。

猫の油を台所用洗剤で落とす

その後はぬるま湯(39~40度くらい)桶などに溜めて、台所用洗剤を入れます。洗剤水で油がついた猫の体をしっかりと洗い流します。この時猫の目や耳にお湯が入ってしまわないように丁寧に洗い流しましょう。

最後はいつものシャンプー

最後にいつも使っているシャンプーを使用し、綺麗にしてあげると猫の体についた油はしっかりと落ち、いつも通りの被毛を取り戻します。長時間のシャンプーは猫にとってストレスの原因になってしまうので、10分以内ですべてを終わらせることが出来るよう、心掛けてあげましょう。

我が家では猫の油事件は2回経験があります。猫が揚げ物をした後の油に顔を突っ込んでしまい、油でギトギトになってしまったことが1回、サラダ油を入れているケースをひっくり返されてしまい、手足まで油まみれになってしまったことが1回の、計2回。

猫が油が付いたまま家の中を歩いてしまうと家の床も汚れてしまいます。猫は高い所へ登る習性もあるので、私たちではなかなか届かない場所に行かれると、掃除もとても大変です。

だからといって、油まみれの猫の体は、軽くタオルで拭くだけではべたべた感が残ってしまい、時間がたつとカピカピになってしまいます。

まとめ

数種類のオイル

今回は猫が油を舐めても大丈夫なのか?という疑問から、安全な油、危険な油の紹介や、猫に油が付いてしまった時の落とし方など、猫と油についての問題をまとめました。

猫にとって油とは、本能的に必要だ!と感じているものなので、油を好む猫は多いと言われています。

しかし、猫が油を摂取しすぎることにより、猫の体には様々な症状が出る場合もあります。

そのため、猫が必要以上に油を摂取してしまわないよう、普段から油は猫の目に付かない場所に保管しておく必要があります。

40代 女性 ころ

我が家の猫ちゃんは、オリーブオイルが大好きです。
スプーン一杯を舐めさせます。便秘にもよく、2匹とも快腸です。朝ご飯を作っているときに、寄ってくるのでオリーブオイルを与えます。初めはひと舐めするくらいだったのですが、それからは虜になって2日に1回スプーン一杯を舐めるようになりました。抗酸化作用もあり、若返ったような気がします。病気もしにくくなりました、オリーブオイルは、体にいいのですね。
人気のキーワード