人間不信の子猫が生きたいと願った日

人間不信の子猫が生きたいと願った日

私が、保護猫さんを保護するまでと、猫さんの過去、そして現在を知って貰って、一匹でも幸せになれる猫さんが増えればなという願いで記事を書いていきたいとおもいます。

3413view

人間に虐められていた猫

柵の中にいる猫

出会い

その猫さんとの出会いはあるサイトを通してでした。そのサイトは猫さんの里親をら募集しているサイトで、初めて利用する私はドキドキしながら里親募集に応募しました。しかも、猫さんと一緒に暮らすのは初めての経験で余計にドキドキしていました。

必要事項に記入し応募した当日に丁寧な返事があり、譲渡会に参加することになりました。それから数日後、譲渡会に行った私は、ある猫さんと出会います。それが今一緒に暮らしてるの猫さんでした。

第一印象

頭に包帯をした猫

ほかの猫さんと比べてとてもおとなしい猫さんでした。譲渡会主催者の方からお話を詳しく聞くと、子供や酔っ払いのおじさんから石などを投げられていたところを保護された猫だと知らされました。

そして今までも何人かのお家に保護されたが、返された猫さんだということも知りました。そして、人間に少しだけ怯えてることも知りました。

お迎え

1日目

私はなんとか、この猫さんを幸せにしてあげたいと、譲り受けることを決めました。手続きはとても分かりやすく説明してくださり、内容自体も簡単でスムーズにできました。

はじめて猫さんがお家に来た日、猫さんは震えっぱなしでした。外から聞こえる自動車の音や電車の音、家の外から聞こえてくる人の足音にも震えていました。そしてストレスで嘔吐もしてしまいました。

しかし、頭を優しく撫でたり、一緒に寄り添って寝たりしていくうちに、だんだん信頼関係が築け、震えも止まりました。

現在

あれから、5ヶ月ほどたち、今ではずっと私に着いて来て、ご飯もよく食べ沢山遊ぶ元気な女の子です。外の音には今でも反応はしますが震えは一切なくなりました。

まとめ

鳴く猫

今現在も、猫さんと一緒に暮らしたいなと思っている人は多いと思います。そんな方にはぜひ、保護猫さんも検討していただけるきっかけになれば良いなと思います。

里親募集は少し不安に感じる方も多いかも知れませんが、しっかりとしたサイト、そして詳しく猫さんについて紹介してくださってるサイトならしっかりと、初めて猫さんを買う方にも対応してくださいます。

保護猫さんは色々な事情があり保護された猫さんなので、人間に辛い思いや、トラウマを抱えている猫さんも多いですが、しっかりと愛を受け取る力も持っています。是非そんな力を猫さんが発揮できる力になって頂けたらなと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード