三毛猫が海外でも人気な理由と有名な猫たち

三毛猫が海外でも人気な理由と有名な猫たち

三毛猫と言えば和猫のイメージが強いですが、海外にも三毛猫は、いるのでしょうか?三毛猫は海外でも人気が高いそうなのですが、その理由とはいかに?海外で有名な三毛猫たちも、ご紹介しています。さてどんな三毛猫に、出会えるのでしょうか?

3736view

三毛猫は海外にも存在する?

寝転がる三毛猫

三毛猫は海外にもいる

はい、三毛猫は海外にもいます。ですが、日本ほどポピュラーではありません。尻尾の短い日本猫がアメリカで猫種として確立された「ジャパニーズボブテイル」で、多く見られる毛色です。

三毛猫と言えば日本、というイメージが強いですが、実はヨーロッパの古い絵画の中にも、三毛猫が登場しています。日本では1800年代頃から三毛猫がいた、と言われていますが、海外でも古くから、三毛猫がいたようです。

三毛猫がいる猫種

  • ジャパニーズボブテイル
  • ペルシャ
  • メインクーン
  • スコティッシュフォールドなど

ジャパニーズボブテイル以外でも、ペルシャやメインクーン、スコティッシュフォールドなどに見られることも。いずれにせよ海外の三毛猫はそれほど数が多くありませんので、珍しい存在である事は確かです。

三毛猫にまつわる迷信

オスの三毛猫を船に乗せると遭難しない、という言い伝えが海外ではあったため、どこかで乗せられたオスの三毛猫が、航海の末にたどり着いた地で、その遺伝子を広めていったのかもしれません。

ただ、オスの三毛猫は生殖能力が低いと言われているので、実際のところは謎です・・・。

海外での三毛猫人気と反応

道端の三毛猫

三毛猫は海外でも幸運のイメージがある

海外で三毛猫は珍しい毛色なので、人気があります。また、招き猫のイメージもあり、幸運のチャームとしても注目されています。わざわざ海外から、日本の三毛猫を取り寄せて飼う人もいる位です。「ミケ」で通じることも、多いとか。

三毛猫は海外の人も好きな性格

また、三毛猫の性格が人懐こく順応性が高いため、飼いやすいというのも人気の理由の一つです。高値で取引されることも、あるようです。オスの三毛猫はとても珍しい存在ですが、実際にアメリカのオークションで2000万円の値が付いた事が!!

海外で有名な日本の三毛猫「たま駅長」

三毛猫といえば、海外でも和歌山県貴志駅で駅長を務めた、「たま駅長」が有名です。その功績には、海外の人たちもビックリ!なようです。

たま駅長が亡くなってからは、貴志駅のたま神社に御神体として祀られたため、「猫が神様!?」と多くの海外の方たちの関心を寄せています。

たま駅長の後任である「ニタマ駅長」も三毛猫ですが、その可愛らしさには海外の人たちもメロメロのようです。

海外で有名な三毛猫たち

寝てる三毛猫

海外で有名な三毛猫がいます。一体どんな、三毛猫たちなのでしょうか?

  • Igna
  • Lylah
  • London
  • Nyanya
  • Tama

Igna

Mount Washignton Observaytoryというアメリカのワシントン山にある展望台があります。そこには看板猫が常駐しているのですが、ignaというメスの三毛猫は、Tシャツやポスター、ポストカードなど、多くのお土産にその姿がプリントされ、とても人気がある猫でした。Ignaは1980年代に展望台に連れて来られ、1999年に亡くなりました。Ignaが冬の嵐の中、外にいる時の写真は、今も展望台のお土産屋で、ポスターとポストカードとして見られるそうです。

Lylah

Catastrophic Creationsという猫用グッズの開発・販売を行っている企業のテストキャットとして勤務している、Lylahも有名です。同社のテストキャットは3匹いますが、Lylahはその中でも1番年下で、小さなタビー柄のとても可愛らしい三毛猫です。この会社のホームページにアクセスすれば、Lylahのモデル猫としての素晴らしい才能も垣間見る事ができますよ。
https://www.catastrophicreations.com/

London

イギリスにあるロイズ保険組合で働く三毛猫のLondonは、請求担当の副社長です。彼女の主な仕事は、紙にシュレッダーをかけたり、法的な書類と毛玉を組み合わせてめちゃめちゃにしたり、その他にも小動物を殺すなど、とても重要な役割を担っています。というのは冗談ですが、販売促進への期待を込めて、就任させられたようです。

Nyanya

テレビ東京の週刊ニュース新書という番組(放送は終了しています)で、番組のアイドルとして働いていた「にゃーにゃ」。2014年7月7日生まれの雑種のメス猫で、元々は清掃局に捨てられていました。そこをある獣医師に拾われ、動物プロダクションの方がたまたま引き取り、番組のアイドル猫として可愛らがれました。海外でも注目の、存在だったようです。

Tama

先ほども登場した、和歌山電鉄貴志駅のスーパー駅長である、たまです。その可愛らしい姿と功績は、今も人々の心に刻み込まれています。海外でも人気が高く、貴志駅を訪れる外国人観光客は後を絶たないとか。猫ブームの火付け役とも言われるたま駅長。今では貴志駅の発展を、たま神社の神様として見守り続けています。

まとめ

外で寝てる三毛猫

3色カラーの三毛猫は、何と人とホッとさせるような、そんな雰囲気があります。メス猫がほとんどなので、飼いやすい性格をしているのも、良いのでしょう。海外でも高い人気を誇る三毛猫。これから数が増えて海外でも当たり前の猫になっていくのか、それとも希少な存在としてその価値を保っていくのか、動向が楽しみです!

人気のキーワード