猫が雷を怖がった時の対処法

猫が雷を怖がった時の対処法

猫が雷を怖がった時の対処法についてまとめました。猫に限らず、雷が苦手な人は多いですよね。猫が雷を怖がってしまう場合、どう対処すればいいのでしょうか。また、雷を怖がらないように工夫する方法についてもご紹介します。

916view

雷が鳴った時猫にできる対処法

雷の写真

ゲリラ豪雨や台風等の時、大音量で鳴り響く「雷」が苦手…という人は多いですよね。「雷」の音だと認識している人間でさえ、怖いと思ってしまうのですから、「何の音か分からない」猫にとっては、恐怖を感じるのはごく自然な事なのかもしれません。

特に、猫は聴覚に長けている動物です。その聴力は、人間の10倍と言われる事もある程ですから、人間よりも多く、より繊細に雷の音が聞こえているのかもしれません。愛猫が雷を怖がらないように、飼い主さんに出来る事はあるのでしょうか。

飼い主が落ち着いて過ごす

猫は、飼い主さんの反応や行動をよく観察しています。それと同時に飼い主さんの動揺や恐怖心を敏感に感じ取る事もできますので、雷が鳴っている時、まずは飼い主さんが落ち着いている様子を見せる事が大切です。飼い主さん自身が雷が苦手だという場合も、なるべく叫んだり、隠れたりせず冷静を装いましょう。

猫の気を紛らわせる

おもちゃで遊びに誘ったり、一緒におやつを食べたりと、なるべく愛猫が楽しいと思える時間を過ごすようにしてみるのも一つです。音楽をかけたり、テレビのボリュームを上げてみるのもいいかもしれません。猫の長けている聴覚から、完全に雷の音をシャットアウトするのは難しいかもしれませんが、「何か聞こえるかな?」ぐらいに気を紛らわせる工夫をしてみましょう。

雷は飼い主さんが予測できるものでもないので、なかなか対策が難しいかと思います。飼い主さんが雷の音を認識した時点で、既に愛猫も気付ている事も多いでしょう。ただ、なるべく「怖い音だ」と思わせないようにする為にも、上記の事を是非試してみて下さいね。

猫が雷に驚いた時でできる対処法

耳を下げる猫の写真

雷が鳴り始め、上記のような工夫をしてみたものの、愛猫が耳を下げ、低い姿勢で警戒を始めてしまったという場合は以下のような方法で対処してみて下さい。

隠れる場所を与える

なるべく窓から遠い場所で、愛猫が安心して隠れられる場所を作ってあげましょう。できれば、日頃から猫が不安や危険を感じた時に隠れられる場所がいくつかあると安心ですね。愛猫が自身が「ここに隠れていれば大丈夫」と思う事ができれば、徐々に落ち着きを取り戻してくれるでしょう。

飼い主さんが側に居てあげる

日頃から、抱っこや膝の上に乗る事が好きな猫ちゃんの場合は、一緒に布団に潜り込んであげたり、抱きしめながら声を掛けてあげたりするのもいいでしょう。雷が長い時間鳴り続け、愛猫が離れてくれないという場合は、猫ポケット付きのパーカーに愛猫を入れて用事をしたり、即席抱っこ紐を利用するのもいいですね!

猫専用のポケットつきパーカーはこちら↓↓↓

UNIHABITAT にゃんガルーパーカー

雷以外で猫が怖がるもの

隠れる猫の写真

猫は、雷に限らず「大きな音」が苦手です。程度は、個体差がありますが、比較的ラグドールや、ブリティッシュショートヘア等の大人しい個体が多い品種は、大きな音に過剰に反応する場合が多いようです。猫が怖がる事が多い「音」とその対処法をご紹介します。

花火の音

お祭り等で打ち上げられる「花火」の音を怖がる猫ちゃんは多いようです。これも、人間にとっては「花火の音」と認識する事ができますが、猫にとっては何の音か分からずパニックになってしまう事も多いようですね。花火の音の大きさにもよりますが、何となく聞こえる程度なら、音楽やテレビの音で緩和してあげるのもいいかもしれません。

誤魔化しきれない程大きな音の場合や、花火がバルコニーや窓から見える場合は「猫に花火を見せる」のも一つです。猫の性格にもよりますが「あのキラキラしたやつの音だ」と認識する事で、恐怖心が好奇心に変わり、興味津々で花火を眺めるようになる子も多いようですよ。

工事音

工事の音がうるさい!これも、よく聞くお話しですね。数時間で終わる工事ならまだしも、数日、数か月と工事が続く場合は、何らかの対処をしなければ、大きな音が嫌いな猫にとって多大なストレスになりかねません。これも、家の窓から工事の様子が見えるのであれば、猫に見せながら「怖くないよ」と話してみるのも一つです。つい、「言っても分からない」と思ってしまいがちですが、実際にきちんと愛猫に説明をした日から猫が工事現場を暖かく見守るようになったという面白いケースもあるようです。

どうしても猫が工事音に怯えてしまう場合は、家の中でなるべく工事音が届かない場所を探し、安心できる寝床を与えてあげましょう。ドーム型のベッドに薄いタオルや毛布を掛ける等の工夫をして、簡易防音ハウスを作ってあげるのもいいですね。工事が長期的になる場合は、窓や戸をなるべく閉めておく等の工夫もしてあげましょう。

人から出る音

猫は、男の人の低い声や、子供の甲高い声が苦手です。低い声は大きな動物を連想させる為苦手と考えられており、子供の甲高い声は人間よりも高い音を聞き取る事ができる猫の耳には余計にキーンと響くようです。猫に話しかける時は、なるべく高めの優しい声で話しかけるようにし、小さなお子さんには「その声は猫ちゃんが嫌がるよ」と猫との接し方も気を付けてあげたいですね。

また、声だけでなく手を叩く音や、くしゃみ、おならなんかにも驚く事があります。音を出してはいけない!と、神経質になる必要はありませんが、のんびり眠っている猫の隣で、突然大きな音を出すと、物凄い顔で睨まれる事もありますのでご注意下さい。(笑)

生活音

掃除機の音や、お皿やフライパンがぶつかった時の音、ドアがバタンと閉まる音等が苦手な猫ちゃんは多いようです。我が家の愛猫は、以前私がフライパンのフタを落として驚かせてしまって以来、フライパンや鍋から出る音が苦手なようで、見るだけで逃げてしまいます。かと言って触らない訳にはいかないので、なるべく大きな音が出ないよう扱うよう注意し、愛猫がトイレや食事等をしている時は触らないようにしています。一度驚かせてしまうと、猫はなかなか忘れてくれないので、日頃から大きな音を出さないように心がけてあげたいですね。

猫が音を怖がるのは「何の音か分からない」という事は大きく関わっているようです。もちろん、単純に人よりもよく聞こえるから不快感を感じやすいのもありますが、何故その音が聞こえるのかを見せてあげたり、説明してあげたりするのも効果的かもしれませんね!

雷が鳴った時猫にできる対処法まとめ

覗く猫の写真

雷が鳴った時、猫にできる対処法についてご紹介しました。我が家が暮らす地域では、ある時期になると「神輿」が家の前を通過します。大きな音を出しながら通るので、テレビの音も聞こえなくなる程です。これが1日に数回、3日間程続くので愛猫が怖がってしまわないか心配でした。愛猫も不快に感じてはいるようですが、一番音が聞こえにくい場所でお腹を出して眠っているところを見ると、そう怖がっている訳でもないのかもしれません。しかし、大きな音は人が思っている以上に、猫にストレスを与えてしまう可能性があります。状況によって、何らかの対策をして、愛猫が快適に暮らせるよう心がけたいですね。

人気のキーワード