ドウェルフの特徴や性格、飼い方について

ドウェルフの特徴や性格、飼い方について

まるで小人の妖精のような姿をした猫ちゃん、ドウェルフ。一体どんな特徴を持ち、飼うにあったての注意点やお値段は?など、ドウェルフについてお伝えします。

1235view

ドウェルフの特徴

猫のシルエット

まず特徴ですが、小さくて足が短い猫版ダックスフントのような容姿です。マンチカン・スフィンクス・アメリカンカールを交配してこのような外見が出来上がりました。

そして、これら種類のそれぞれの特徴を併せ持っており、毛に覆われていないところ(産毛がある個体もいる)はスフィンクスから、短い足はマンチカンから、そしてカールした耳はアメリカンカールから受け継いだ特徴です。

ドウェルフの体格

どっしりとした体格ですが、メスが2〜3kg、オスで2.5〜4.5kgとやや小型な猫ちゃんです。前足よし後ろ足が長めで、尻尾はピンと長いです。

ちょっと間隔が開いた、綺麗なアーモンド型の目を持っていて、頬骨とおヒゲ(長くはない)の部分は出っ張った感じです。スフィンクスのように額や頬にシワができることも多いようです。

ドウェルフの性格

猫と人
  • 人懐っこい
  • 活発
  • 好奇心が強い
  • 社交性がある

個体にもよると思いますが、以上が代表的なドウェルフの性格です。また、足が短いにも関わらず機敏に高いところにも登れるようですよ。活発で好奇心が強いということは、しっかりと遊んであげないと退屈させてしまいそうですね。

さらに愛情深い性格の個体が多く、人間が大好きで人間に依存する・・・と言われるほどだそうです。ですから、抱っこされるのも撫でられるのも、他の猫種と比べるとあまり苦にならない種類です。子供ともうまくやっていけそうですね。

社交性の面では、人間だけでなくその他の動物ともすぐに仲良くなれるという特徴があります。環境に順応するのに少々時間がかかる面がありますが、そこが安全だとわかれば、”探索後” 社交性を発揮するようです。

ドウェルフのような毛の無い猫種

スフィンクス
  • スフィンクス
  • ミンスキン
  • ドンスコイ
  • ユークレイニアンレフコイ
  • ピーターボールド
  • バンビーノ
  • エルフキャット

映画E.T.のモデルになったと言われるスフィンクスをはじめ、案外多いですね。

ドウェルフの飼い方

フード

他種の猫ちゃん同様の飼い方に加え、気をつけなければならない点がいくつかあります。
産毛程度の被毛もしくは無毛なので、体温維持などのためのカロリー消費量が他種に比べ多いと言われています。ですから、毎日欠かさず高たんぱく質のキャットフードを与える必要があります。水分は他種同様、新鮮なお水がいつでも飲めるように用意します。また、被毛がない分、皮膚のお手入れが大切です。1日2回は、タオルなどで皮脂を拭ってあげる、そして1週間に一回は入浴させましょう。洗う時は、シワが多い部分は特に念入りに洗ってあげてください。

大きなお耳も、被毛が無くて垢がたまりやすいのでこまめに耳掃除もしましょう。他の無毛種の猫ちゃんたちにも言えることですが、日焼けに注意です。カーテンをするなどして直射日光を避けます。冬の寒い日には、体温維持のために洋服を着せる必要がある場合もあるでしょう。

かかりやすい病気は、脊髄がへこんだり、漏斗胸が挙げられていますが、歴史の浅い種類なので確実に検証するにはまだ時間がかかりそうです。平均寿命は、12〜16年が目安です。

ドウェルフの値段とお迎えする方法

大変珍しい種類ですので、予想外に高い場合もあると思われますが、20万〜30万が目安です。
お迎えするには、ペットショップやマンチカンのような短足短毛種を扱っているブリーダーさんに相談されるのがいいと思われます。

ドウェルフの歴史

2008年にステファニー・オズボーンという方がこの猫種を誕生させました。ですから、歴史的には10年ほどですので、長い方ではありません。名前の由来は、”dwarf (小人)” と ”elf(エルフ)” が合わさって、”Dwelf" です。現在は、The International Cat Association (TICA) に実験種として登録されています。繁殖プログラムでは、上記の種類に加え、ミンスキンやバンビーノも交配に使用されているようです。

まとめ

あまり見かけることのない猫種ですが、ぜひ飼って見たいとお考えの方もいらっしゃることと思います。多くは輸入することになりそうですが、前述の通り、ペットショップやブリーダーに相談して見られるといいでしょう。

社交的で小さな妖精のような猫ちゃん、ドウェルフのご紹介でした。

40代 女性 さとね

ドウェルフは、知りませんでしたが、妖精のようですね。
E.T.のモデルになったようで、たしかにわかる気がします。
性格はとても、フレンドリーだそうで飼いやすそうですね。多頭飼いにも、向いているみたいなので小さいので、もし飼うことができたならば、毎日が楽しいでしょうね。できれば、毎日蒸しタオルなどでしわの部分や体全体を拭いてあげたいですね。虫刺されや紫外線から守るために、服を着せてあげましょう。
人気のキーワード