キャットタワーを選ぶポイントとタイプ別おすすめ商品6選

キャットタワーを選ぶポイントとタイプ別おすすめ商品6選

高いところに登るのが大好きな猫ちゃんにとってキャットタワーは必須アイテムと言っても過言ではない重要なものです。でもお部屋が狭かったり、置く場所がなかったりどれを選んだらいいかわからなかったり、お悩みは様々です。今回はそんな方に、キャットタワーを選ぶポイントと悩み別おすすめキャットタワーをご紹介します。

12668view

安全なキャットタワーを選ぶポイント

キャットタワーで座る猫

怪我をしにくい物

  • キャットタワーの棚板が布で覆われているものを選ぶ
  • 棚板の角が丸くカットされているものを選ぶ

キャットタワーの棚板は滑り止めの役割を果たす布で覆われているタイプのものを選びましょう。板がそのままのキャットタワーは家具と同じような見た目なので、とてもお洒落ですが滑りやすく勢いあまって猫ちゃんが落下し怪我をする恐れもあります。また棚板の角が尖っていると引っ掻けてしまい怪我をする原因になります。愛猫の為にも極力、安全に使用できる物を選ぶように注意しましょう。

安定しているキャットタワー

キャットタワーは猫が登ったり、遊んだり、爪を研いだり、また休憩したり眠ったりすることもある場所になるので、安定していることが大切です。キャットタワーは、室内飼いの猫の運動不足を予防するためにも効果があると考えられますので、猫が飛び乗ったり、上で暴れたりしても壊れないような強度を備えていなくてはなりません。さらに何匹も猫を飼っているところでは、猫が何匹も乗っても倒れないしっかりしたキャットタワーが必要です。猫の健康のためはもちろん、安全のためにも、どんな大きさのキャットタワーでも、安定している丈夫なキャットタワーをおすすめします。そのためには、据え置き型であればある程度の重さがあること、突っ張り型であればしっかり固定されていること、丈夫な素材で出来ていることが重要です。

子猫や老猫は小さなキャットタワー

キャットタワーを選ぶ際に注意したいのが安全面。子猫やシニア猫はジャンプが得意じゃなく、そこまで激しい運動をしないので低いタワーを用意してあげましょう。

まだ幼い子猫には、体に合わせて小さなキャットタワーがおすすめです。小さいキャットタワーは持ち運びしやすく片付けやすいので、部屋にあまりスペースがないところでも置くことが出来ます。高いところに登れなくなっている老猫にも、小さなキャットタワーは適しています。多頭飼いには向いていませんが、子猫や老猫、一匹だけを飼っているところにはおすすめです。

爪とぎがついている

ほとんどのキャットタワーには、麻縄や綿縄が柱部分に巻かれているので、その部分が猫の爪とぎになります。猫が乗るステップ台に、ネズミ型や羽などのおもちゃが取り付けられているものもたくさんあります。爪とぎが柱部分にあれば、別に爪とぎを置かなくても登ったり遊んだりしていることで、爪とぎが出来ます。

ステップが付いている

猫には上下運動が欠かせないとよく言われていますので、高さのあるキャットタワーがあれば、猫の好きな上下運動が出来るのでおすすめです。猫には家具に登られると困りますが、キャットタワーであればどれだけでも登って、遊んでもらえますね。ステップがたくさんあれば、猫が安全に上り下り出来ますし、多頭飼いのところでも、それぞれのステップで猫たちが休むことも出来ます。猫は高いところから下を眺めるのも好きなので、キャットタワーが最適な休憩場所になるところもおすすめです。

キャットタワーのタイプ

キャットタワーで寝る猫

キャットタワーと一口に言っても、様々なメーカーから様々な種類のキャットタワーが発売しています。タイプや大きさ色も形も様々ですが大まかに分けてキャットタワーは以下の2つのタイプに分けられます。

  • 据え置きタイプ
  • 天井突っ張りタイプ

天井突っ張りタイプのキャットタワーは天井まである大きなキャットタワーがほとんどで、横幅も大きいものが多いです。

据え置きタイプのキャットタワーは大小様々で80cm程の小さいものから180cm近くある大きなものまであります。

それではそれぞれのタイプのメリット・デメリットをおすすめ商品と合わせてご紹介します。

据え置きタイプのキャットタワー

キャットタワーから覗く猫

良い点

  • 大きさや見た目などの選べる幅が広い
  • リーズナブルなものが多い
  • 可愛いキャットタワーが多い

大きさから見た目から横幅からたくさんの商品が存在しているため、お部屋のインテリアと合わせたりお部屋の大きさに合わせてサイズも多様に選べることが最大の利点です。またお値段もお手頃で可愛い商品も多く、リーズナブルにおしゃれで可愛いキャットタワーを購入できるのもうれしいですね。

注意点

  • 安定性が悪い
  • 天井突っ張りタイプよりも背が低い
  • 横幅があるものが多い

突っ張りタイプに比べると安定性が悪く、あまりにも大きなキャットタワーだと大きな猫ちゃんが勢いよく飛び乗った瞬間倒れる可能性があります。実際、160cm程あるキャットタワーに我が家の愛猫(6kgと大きめ)が勢いよく助走をつけて飛び乗ったところ倒れたことがあります。ご自身の愛猫の体型や体重によっては、あまり大きなタイプの据え置きタイプのキャットタワーはおすすめしません。

また高さのあるキャットタワーの場合、どうしても安定性の問題で横幅が広くなりますのでお部屋によっては置く場所に困ることもあります。高さも天井突っ張りタイプ程、背の高いキャットタワーもないのでとにかく大きなキャットタワーがほしい方には向いていません。

天井突っ張りタイプのキャットタワー

キャットタワーで遊ぶ3匹の猫

良い点

  • 安定性抜群
  • 大きなキャットタワーが多い
  • スマートで背の高いタワーが多数ある

天井で突っ張るタイプのキャットタワーはとにかく安定性抜群で、万が一地震があっても倒れる心配もなく愛猫が勢いよく乗ってもそうそう倒れることもないので安心です。天井突っ張りタイプは高さがあるキャットタワーがほとんどなので、高いところが大好きな猫ちゃんにはおすすめです。また多頭飼いの場合も、2匹同時にキャットタワーに乗っても一緒に遊んでも安心の強度と大きさがあるのでいいですね。

背の高いキャットタワーが置きたいけどお部屋の大きさ的に横幅が大きいのは難しい。そんな方には、幅を取らないキャットタワーもあるので一人暮らしのお部屋でも置けると大変人気です。

注意点

  • 小さいものが無く高さがあるのでお部屋に圧迫間がある
  • お部屋によっては上手く設置出来ない場合がある

天井突っ張りタイプはその仕様から高さがあるものが多く、小さいキャットタワーをお探しの方には向いていません。また天井で突っ張るので、天井が高すぎたり低すぎたり、出っ張りなどがある場合上手く設置出来ないがあります。購入する際はご自身のお部屋の天井の高さや、設置する場所の確認をすることが重要です。

おすすめのキャットタワー

突っ張りタイプのキャットタワー

突っ張り ツイン ブラウン

突っ張り ツイン ブラウン
9,084円(税込)

商品情報
・コンパクトでお部屋のコーナーに置ける。
・2本のポールで天井に突っ張るので強度は十分。

天井に突っ張って固定するタイプで、猫のために広くスペースが取れる人にはおすすめのキャットタワーです。

しっかり固定すれば、高いところまで安全に猫が登って、遊んだり休んだりして過ごすことが出来ます。

また、ステップやハウスなど、猫が休める場所もたくさん作れることもおすすめする点です。

ただ、一度設置してしまうと、気軽には変えにくく、ずっと部屋にいて目に入るものなので、場所を決める時にはよく考えてくださいね。

ネコちゃんツインタワー (CA090)

ネコちゃんツインタワー (CA090)
8,800円(税込)

商品情報
・支柱の麻縄部分で爪とぎが可能
・安定感抜群
・スエード調のカゴつき

アメニティがいっぱい、寝るところもいっぱい、高さも大きさも十分、安定感抜群、お値段もお手頃とまさに飼い主と猫の希望を実現したようなキャットタワーです。難点は天井の高さが2.5m以上ないと設置できませんので、購入するかたは天井の高さを事前にチェックしてください。

ボンビアルコン (Bonbi) キャットポール

ボンビアルコン (Bonbi) キャットポール
16,698円(税込)

商品情報
・組み立て簡単
・少スペース
・棚板やハンモックは好きな位置で固定可能

高さはほしいけど、横幅はそんなに取れない。そんな方におすすめのキャットタワー。見た目もスタイリッシュでお部屋の家具と合わせやすいデザインです。横幅も56cmと大変スリムです。圧迫感もなく使用できる大変人気のキャットタワーです。

アイリスオーヤマ キャットランド ブラウン CLD-240B

アイリスオーヤマ キャットランド ブラウン CLD-240B
12,692円(税込)

商品情報
・つめとぎシートは取り外し可能
・最上部は高さ調節可能
・天井に突っ張るタイプで安定感がある

十分な大きさのツインタワー、抜群の安定感、多頭飼いのご家庭なら絶対におすすめのキャットタワー。取外して交換できる爪研ぎや、真ん中の巣箱の穴の向きを変えれたりと痒いところに手が届く仕様は大人気のベストセラー商品の秘訣。大きなキャットタワーをお求めなら絶対におすすめです。

据え置きタイプの小さなキャットタワー

キャットタワー 爪とぎ コンパクト 据え置き

キャットタワー 爪とぎ コンパクト 据え置き
3,780円(税込)

商品情報
・縁の高いベッド
・噛み噛み丈夫な麻紐
・2ヶ所の爪とぎスポット
・約67cmの高さでコンパクト

小さなキャットタワーは、一段かまたは二段程度しかないものが多いので、部屋のスペースをあまり取らずに置けます。

小さいものは、子猫や老猫を一匹だけ飼っている場合には特におすすめです。

高すぎないので、猫が落ちて怪我をしたり、降りられなくなったりする心配がありません。

小さなキャットタワーは模様替えや掃除の際にも動かして作業出来ますので、置き場所を変えるのも簡単ですし、すぐに片付けることが出来るので、ワンルームで猫を飼っている人にもおすすめです。

D-culture キャットプレイセンター

D-culture キャットプレイセンター
3,512円(税込)

商品情報
・軽くて丈夫
・交換パーツ あり
・お手入れ簡単でいつも清潔。

通常よく見る麻タイプのキャットタワーではなく、猫ちゃんが大好きなカサカサとなるビニールタイプのキャットタワー。水洗いができるので、いつも清潔に使えることもおすすめポイントですね。

君のベイマックス 猫 爪とぎタワー

君のベイマックス 猫 爪とぎタワー
2,999円(税込)

魅力はお値段の安さ。高さは32cmとかなり低めでありながら、爪研ぎとおもちゃまで付いています。猫ちゃんのちょっとした遊び場としてはちょうどいいお値段と大きさですね。

据え置きタイプの大きなキャットタワー

ATBAY キャットタワー 据え置きタイプ

ATBAY キャットタワー 据え置きタイプ
8,100円(税込)

商品情報
・パンチ用の吊り下げネズミつき。
・一番上にはフカフカベッド。
・四本のポールでしっかり支える。

据え置きで大きなタイプは、元気いっぱいの成猫や多頭飼いにおすすめです。

据え置きタイプは、組み立てさえすれば好きな場所に置けるキャットタワーなので、それほど手間をかけずに設置出来ます。

天井にポールを当てたくない、または部屋の都合で突っ張りタイプを置けない場合にも、据え置きの大きなキャットタワーがおすすめです。

ただし、猫が飛びついたり、何頭も登ったりすることもあるので、ある程度の重さと、しっかりした強度が必要です。

突っ張り型よりも気軽に移動が出来ますので、部屋の模様替えを定期的にしたい人にもおすすめのキャットタワーです。

ポールタイプのキャットタワー

ボンビアルコン (Bonbi) キャットポール

ボンビアルコン (Bonbi) キャットポール
16,698円(税込)

商品情報
・奥行きが少なく、スペースをとらない。
・棚板やハンモックは各段45度刻みで回転可能。
・床から天井までの高さは、220cm〜265cmの範囲で調整可能。

ポールタイプはステップがたくさんあるので、上下運動を好むと言われる猫には最適の遊び場所です。

上下を有効的に使える反面、幅を取らないので、部屋の広さを損なうことがないのもおすすめする点です。

見た目がおしゃれなものが多いので、インテリアとしても部屋の見た目を損なわないようになっています。

部屋の雰囲気を壊さず、猫に思い切り運動してほしい人におすすめです。

ハンモック付きのキャットタワー

Mwpo(モロー) キャットタワー 据え置き

Mwpo(モロー) キャットタワー 据え置き
7,580円(税込)

商品情報
・爪とぎスポットは10ヶ所以上。
・三角底座で安定性確保。
・角を全部丸くしたデザインで安全。

ハンモック付きは、猫が遊ぶだけでなく、休むことも出来るのがおすすめです。

猫の好みにもよりますが、気にいるとずっとハンモックに乗っている猫もいます。

ハンモックやハウス、おもちゃなど、猫が気に入ってくれるようなものが付いているキャットタワーもたくさんあります。

猫が楽しむ様子をたくさん見たい飼い主さんには、ハンモックや色々なおもちゃが多くついたものをおすすめします。

Songmics キャットタワー 猫タワー 爪とぎ 麻紐 据え置き ハンモック

Songmics キャットタワー
7,980円(税込)

商品情報
支柱が4本で揺れが少ない
角が全部丸く、安全性を追求
多頭飼いに大変お勧め

Amazonキャットタワーランキング堂々1位!お値段はリーズナブルなのに、キャットハンモック、爪研ぎ、猫じゃらしが付いているお得仕様。大きさは154cm程で高すぎもせず低すぎもせずちょうどいい大きさです。

まとめ

キャットタワーのてっぺんに居る猫

キャットタワーには様々な種類がありますが、どこキャットタワーがいいかは猫ちゃんの運動量やタイプ、どんな部屋に住んでいるかによってちがいます。ご自身の愛猫や部屋や予算に合わせて選んで下さいね。