猫が飼い主の肩に乗るときの心理5つ

猫が飼い主の肩に乗るときの心理5つ

ヒョイっと猫が飛び乗ったその先には、飼い主さんの肩が。なぜそこに飛び乗るのでしょうか?不思議な猫の行動の心理を探ってみましょう。可愛い理由が見えてきます。早速チェックしてみてください。

1720view

1. 信頼があるから

女性の肩に乗る猫

よほどの信頼がなければ、飼い主さんの肩に乗ることはないでしょう。万が一落とされてしまったらケガをしてしまう可能性があるからです。

人の肩程度の高さであれば、猫ならば難なく着地できることがほとんどでしょうが、落ち方によってはうまくバランスが取れないことも。

「この人なら大丈夫にゃ!」という確固たる信頼があるからこそ、できる芸当だといえます。乗られる側の飼い主さんは重いでしょうが、それは猫からの信頼の重さなのです。

2. 見てほしいアピール

肩乗り猫

「自分を見てにゃ!」というアピールな場合も。肩に乗ればそれは確実に飼い主さんの認識に上がります。良く分かっています。どうしても見て欲しかったのかもしれません。

ここまでしているのですから無視せずに構ってあげてください。きっと喜びます。でも猫の爪は切っておいた方が良いでしょう。肩に刺さった爪の跡が残ってしまいます。そこから菌が入ってしまう可能性もありますので、十分にご注意ください。

3. 安心できるから

肩に乗って安心している猫

高い場所で尚且つ、飼い主さんの体温や匂いを感じられるのが肩。猫にとっては絶好の安らぎスポットなのではないでしょうか。そこに登れば敵から身を守ることができますし、いざとなれば飼い主さんが守ってくれるかもしれません。

そのような理由で安心できるので、肩に乗るようになるのでしょう。猫によってはそのまま寝てしまうこともあるよう。乗られる飼い主さんは大変そうですが、落とさないようにする必要があるようです。

4. 揺れを楽しんでいる

パソコンをする人の肩に乗る猫

肩に乗ると結構不安定です。でもそのゆらゆら感を楽しんでいるかもしれません。猫は非常にバランスに優れた動物。ですからたとえ多少揺れたとしても大丈夫です。

逆にバランスを取ることを楽しむことでしょう。ある意味、遊びのようなものかもしれません。飼い主さんは重いでしょうが、しばらく猫の楽しみに付き合ってあげると良いでしょう。

5. 甘えん坊

女性の肩に乗る猫

甘えん坊の猫は良く肩に乗ることがあるようです。その理由はいつもいつでも飼い主さんと一緒にいたいから。肩に乗っていればくっついていられます。

ですが飼い主さんの状況によっては降ろされてしまうことがあるのです。すると怒り出す猫もいるよう。よほど飼い主さんの肩に乗っていたいのでしょう。

ですがいつもいつも要求に応えていると、それが当たり前になってしまいますので、適度に対応してあげてください。

まとめ

弦之介

肩乗り猫は抱っこよりも肩に乗る方が好きなのだそう。とても可愛らしい行動です。

様々な猫なりの肩乗り理由があるようですので、知っておいてあげましょう。もし愛猫が肩乗り猫だったらその時間を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク