初対面の猫に懐かれる人の特徴4つ

初対面の猫に懐かれる人の特徴4つ

街中や友人の家などで初めて猫に会った時、猫好きであれば少しでも好印象を持ってもらいたいと思うでしょう。しかしながら人間でも初対面での印象は大事と言いますが、猫にもファーストコンタクトでこの人は好きだな、苦手だなと感じるポイントがあるようです。今回はそんな猫と初対面の時に懐かれるポイントをまとめてみました。

1721view

1. 猫に構いすぎず、視線を合わせない

構われる猫

よく猫が苦手な人の方が、猫好きの人に好かれるという話を耳にしますが、これはあながち間違ってはいないようです。猫は自分のペースを非常に大切にする動物ですので、たとえそれが飼い主であっても自分が自由にしていたい時は構ってほしくないと感じていたりします。

また、猫好きの人は可愛いのでどうしても猫をじっと見つめてしまいがちですが、これは動物の世界では威嚇と受け取られることが多い行動です。

つまり猫が苦手という人は自分から触ろうとしないので猫のペースを乱すことなく、視線も合わせないようにしていることが多いので、本人の気持ちとは逆に猫に好印象を与える結果になっているのです。

2. 大きな声を出さない

びっくりしている猫

猫は怖がりの動物ですので大きな声がとても苦手です。そのため、初対面で「可愛い!」と歓声を上げる人よりも、静かにファーストコンタクトをとってくれる人の方が、好かれる傾向にあるようです。

また、これは声ではありませんが、猫が好きな気持ちが先行してバタバタと足音を立てて急に近寄るというのもNGです。猫は足音もですが、急に自分の間合いに入ってこられるのがとても苦手なので、仲良くなりたいのであれば静かな声で接して、急に近づかないというのが鉄則です。

3. 威圧感を与えない

猫の鼻挨拶

猫もですが、動物は全般的に体の大きな生き物に脅威を感じます。そのため猫と接する時も、座らずに高い姿勢のまま声かけしたり、なでようとすると猫は怖いと感じてしまうようです。よって猫に出会った時はまず姿勢を低くし、静かな声で呼びかけるようにしてまずは寄ってくるか様子を見てあげましょう。

それで、猫がどこかに行ってしまったらそれは構われたくないということなので無理強いをせず、もし寄ってきたのであれば指のにおいを嗅がせて、その後嫌がらないようであれば優しくなでてあげましょう。

ちなみに、猫がにおいを嗅ぐというのは相手を認識する上で欠かせないもので、いわゆる挨拶にも似た部分があるようです。よく猫同士が鼻をくっつけているのを見かけますが、これもお互いのにおいを確かめ合って仲間であるという安心感を得ているようです。

このように、初対面の猫に会ったら怖がらせないように呼びかけて、可能ならば猫流の挨拶をしてコミュニケーションをはかりましょう。

4. 香水など猫の嫌がる匂いをまとわない

香水

猫は嗅覚がとても鋭い生き物なので、人間にはなんでもない香りでもかなり辛く感じている可能性があります。例えば香水やタバコ(タバコはにおいだけでなく、猫の健康面に悪影響があるものです)は猫が嫌うにおいの一例と言えるでしょう。

このような猫の嫌いなにおいを初対面で身にまとっていると、猫の中に不快なにおいがする人=好ましくない印象を植え付けてしまう可能性もあるでしょう。このようなことから猫に好かれたいのであれば、香水などにおいの強い物はまとわない方が良いと言えるでしょう。

まとめ

れもん

いかがでしたか?猫で初対面で好かれるためには、まず猫の怖がりな性格、マイペースな部分などをよく理解して接する必要があるようです。もし屋外や他の人のお家で猫に出会ったら構いすぎず、まず猫が寄ってくるのを確認してから接してあげた方が仲良くなりやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク