子猫がやってくる前に!揃えておきたいグッズと使い方

子猫がやってくる前に!揃えておきたいグッズと使い方

初めて子猫を迎えるに当たって、私の経験上初日から必要な物や、のちに必要になる物をまとめました。そしてそれぞれの使い方もご紹介します♪ ぜひ参考にしてくださいね。

1603view

子猫を迎える時

3匹の子猫が段ボールに入っている所

子猫を迎えるに当たって必要になる物は沢山ありますが、雑誌やネットの記事等を見ると、「先に揃えておかないといけないのかな?」と思いがち。しかしすべてを一度に揃えなければいけないわけではありません。

全て先に揃えなければ!と焦って用意するとなれば、一気にお金も飛ぶわけですから本当にほしいのはこっちだけど、そっちの方が安いからそっちにしよう・・・と、妥協もしなければいけなくなる場合も^^;

今回は初日から使う物、そしてのちに必要になる物をしっかり見極め、失敗しない買い物が出来るようにご紹介していきます♪

子猫が初日から必要になるグッズ

5匹の子猫とトイレ

トイレと猫砂

トイレと猫砂は初日から必ず必要になる物!子猫が安心できるよう、暗く狭い場所や部屋の角、人目につかないような場所に設置してあげると良いですよ!初めに用意する猫砂は、猫が好みやすいと言われている、鉱物系の細かい砂がオススメ。猫砂は多めで♪

餌入れと餌・水入れ

餌入れ・水入れも必ず必要です。餌も初日から用意してあげる必要があるので、事前に準備しておきましょう。カリカリを好まない子もいる為、子猫用のカリカリ・パウチや缶詰等のウエットタイプの2種類を用意しておくと安心です。

お水は水道水でOK。しかし毎日取替え、いつでも清潔なお水が飲める状態にしておきましょう!冬場なんかはストーブの関係でお部屋が乾燥しがち。気が付くとお水が乾いて無くなっている事も!注意して見ていてあげてくださいね。

キャリーバッグ

キャリーバッグは子猫をもらってくる時に必要になります。子猫をもらう時は相手が連れて来てくれる、又は段ボールで代用する、等の場合は急ぐ必要が無いアイテムになります!焦って初日に購入する必要は無しです!ただし、病院に連れて行く時や災害時にも使う事になりますので、遅かれ早かれ必要になってきますね^^

ちなみにお値段は、安い物だとネットで2000円前後から販売されていました♪私の経験上、安い物でも十分に使えます。我が家のは実家からのおさがりで当時1600円程で売られていた物なのですが、かれこれ5年経つ今も全く問題ありません。

段ボール箱や猫ハウス

こちらも初日からあれば便利な猫グッズです。子猫が来た初日、こちらとしては構いたくて仕方ないのですが、猫は性格上、警戒心が強く臆病な子が多いので数日はそっとしておいてあげたい所・・・。

そこで役に立つのが段ボールや猫ハウス等の猫が安心できる為の場所。猫は1日の大半を寝て過ごしますが、子猫のうちは特に沢山寝ます。その為、用意した段ボールや猫ハウスを落ち着ける場所だと認識してくれれば、そこでグッスリと寝てくれます。

段ボールを使用する際は、中にタオルケットや毛布を敷いて寝心地が悪くないように、一工夫してあげましょう♪更にカッターで穴をあけて窓なんかも作ると、飼い主さんも穴から可愛い子猫の姿が覗けちゃいます♪

子猫がのちに必要になるグッズ

子猫にオヤツを与える所

ここで紹介するのは、すぐでは無いけどのちに必要になる!という猫グッズ。

猫用オヤツ

オヤツなんて必要?と思う方もいるかもしれません。あくまでも私の考えですが、猫もおいしいオヤツを手から与えてあげる事で、こちらに寄ってきてくれる確率もグンとあがります!猫との信頼度をアップさせるのには、もってこいのアイテムです♡

ちなみに手作りでも簡単に用意する事が出来ます。

爪とぎ

猫は爪とぎを必ずと言っていいほどします。壁や床で爪とぎをされて困っている飼い主さんもいますよね。爪とぎは家の被害を少なくする為にも必ず必要です!種類も豊富なので迷ってしまうかもしれませんが、オススメはダンボールタイプ。値段も200円前後と安く、手に入れやすいです^^

なかなか爪とぎで爪を研いでくれない!と困っている飼い主さんもいますが、実は猫に爪とぎを教えるのもそんなに難しい事では無いのです。猫の両前足を持ち、爪とぎにスリスリと肉球を何度か擦りつけてあげてください。

猫の肉球には臭腺があり、そこからニオイが出ますので、何度か繰り返しニオイを付けさせる事で、自然と爪とぎで爪を研いでくれるようになりますよ♪

キャットタワー

キャットタワーは我が家でも最初は購入しなかったのですが、猫が必要なのは広さではなく、高さなんだとか。そこで高い家具への登り降りだけでは運動不足になるのか、と感じのちに購入しました!

楽しそうに登ったり降りたりしていますよ♪こちらもピンキリで安い物だと送料無料、5000円以下で購入する事が出来ます。我が家もこの安い物を購入しましたが、まだまだ使えそうです♪

オモチャ

猫じゃらしやネズミのオモチャ等も、飼い主さんと子猫の距離を縮めるのに必要なアイテム。寝る前に遊んであげると、子猫も疲れて眠ってくれる場合もありますので、是非オモチャで遊んであげてください♡

首輪や迷子札

こちらも嫌がる子猫はいますので、必ず必要だとは言えませんが迷子の時にとても役に立ちます。首輪や迷子札をつけている事で、迷子になってしまった時のチラシ作りにも特徴として記載できますし、野良猫と勘違いされて連れて行かれてしまう確率もグンと下がるのでオススメ。

爪切り・ブラシ・猫用シャンプー

これらのお手入れ用品も、のちに必ずと言っていい程必要になります。猫は爪がすぐ伸びてしまいますので、飼い主さんのケガを避ける為、そして多頭飼育の場合には猫同士のケガを避ける為にも必要です。爪が伸びていると、カーテンや絨毯を引っ掻かれた際にすぐにボロボロにされてしまいます^^;

そしてブラシですが、こちらは長毛種、短毛種関係なしに抜け毛対策の為に必要です。特に長毛種の場合は抜け毛以外にも、被毛が絡まりやすく毛玉ができやすい為、こまめなブラッシングをしてあげる必要があります。

シャンプーですが、猫はお風呂に入れなくていいと言われています。しかし、自分のウンチを踏んでしまったり、脱走等で外に出てしまったりした時にとても汚れてしまいますので、年に1度や2度程度はお風呂に入れる事をオススメします。

それ以外にも、抜け毛がひどい時期が年に2度程ありますので、その時期を見計らってお風呂に入れてあげる事で抜け毛対策にもなります。ちなみに子猫のうちからお風呂に慣れてもらうと、大きくなった時に暴れる可能性も少なくなり、スムーズにお風呂に入れる事が出来ます!

まとめ

首輪をつけた子猫

私が実際に使ってみて、すぐに必要だった物、そしてのちに必要になった物をご紹介しました。皆さんの楽しい愛猫ライフの始まりにお役に立てると幸いです。

人気のキーワード