猫が『しつこい!』と思っている時にする行動5つ

猫が『しつこい!』と思っている時にする行動5つ

猫は様々なボディーランゲージで、自分の気持ちを伝えています。飼い主さんや同居の生き物などがする行動を、「しつこい」と感じている場合、どのような行動をするでしょうか?見て行きましょう。

1685view

1. シャーッ!!!

威嚇する猫

とりあえず、猫が「しつこい!」と思ったら、おきまりの「シャーッ!!!」が出ることは間違いないでしょう。もし猫にシャーされたら、即撤退することをオススメ致します。

そのまましつこく絡んでも、ロクなことにはなりませんので…。猫と本気でやりあっても到底叶うとは思えませんので、下手なケガをする前に引き下がりましょう。

2. 猫パンチ

猫パンチする猫

強烈な猫パンチが飛んでくることもあります。猫パンチ、食らったことありますか?これがなかなかどうして強烈なのです。かなりの痛さです。

しなやかな肢体を駆使して繰り出す猫パンチはまるでムチのよう。猫に本気で「しつこい!」と思われたら、猫パンチが飛んでくることは必須なので食らう前に逃げましょう。

3. 噛む

噛む猫

噛んでくるのも、猫の「しつこい」という意思表示です。良く猫が撫でて欲しがったから撫でていたのに、突然噛まれたという飼い主さんは多いです。

これは実は猫が撫でて貰って満足しているのに、それに気がつかずに撫で続けた為に起きる現象です。猫は噛む前に必ずしっぽをバタバタと振ったり、耳を伏せたりして「もう撫では良い」と伝えているハズですので、それを見逃してしまった飼い主さんが悪いとも言えます。

なにせ気分屋な猫ですので、その気持ちを汲み取るのは、猫と付き合う上でとても大切なことです。

4. どっかへ行く

歩く猫

猫は自分の気持ちにとっても素直な生き物なので、「しつこいな〜」と不快感を覚えると、さっとどこかへ行ってしまいます。そうやって、ストレスを避けている訳ですね。

どこかへ行った猫を追いかけるのはヤメましょう。更にしつこくしてしまうと、思わぬ反撃を食らう可能性があります。猫がしたいようにして貰うのが、一番平和です。

5. しっぽバタバタ

しっぽを振る猫

猫が不快感を表すのに、しっぽをバタバタとさせることがあります。犬の場合、しっぽを振るのは喜んでいる合図なのでそれと混同してしまうと大変なことになります。

猫の場合しっぽをバタバタと振るのは、不快な気持ちを表しています。ですから、猫が犬のようにしっぽをブンブンと振っていたら「しつこい!」と思っているかもしれません。

まとめ

人の肩に乗る不満げな猫

もし猫がご紹介したような行動をしていたら、何かに対して「しつこい!」と思っている場合がありますので、即やめるようにした方が良いでしょう。

猫は適度な飼い主さんとの触れ合いを望みますが、あまりベタベタしすぎるのは好きではありません。今後猫に嫌われてしまわない為にも猫の気持ちを汲み取って、上手に付き合って行きましょう!!

スポンサーリンク