室内の猫に幸せに暮らしてもらうための方法5つ

室内の猫に幸せに暮らしてもらうための方法5つ

室内暮らしの猫。静かに穏やかに暮らしているように見えますが、ちゃんと幸せに暮らして貰ってるのでしょうか?「ウチはどうかな…?」ご心配な飼い主さん、ぜひチェックしてみてください!!

1753view

1. 適度なコミュニケーション

猫を撫でる人

猫は自立した生き物に見えますが、実は飼い主さんとのコミュニケーションを必要としています。遊ぶ、構うなどで適度に、猫とのコミュニケーションを取りましょう。

猫と触れ合うことは猫の為だけでなく、飼い主さんにもプラスになります。例えば、猫のゴロゴロ音で癒されたり、猫に触れると幸せホルモンが分泌されるなどです。

可愛い猫に癒し癒され、お互い幸せな時間を過ごしましょう。せっかく猫と暮らしているのですから、もったいないです。

2. 健康を保つ

猫を診察する人

猫の健康を保ってあげることは、猫に幸せに暮らして貰う方法の1つです。健康診断や食事管理などをしっかりとして、健康を保てるように心がけましょう。

ワクチン接種や外に出さないのも、健康を保つ上で大切ですね。そして、猫の様子におかしなところがあれば、動物病院を受診するなど、猫の健康を保つ上でできることはたくさんあります。猫に長く幸せに暮らして貰う為、気をつけて行きましょう!

3. 過ごしやすい環境を整える

猫ハウスの中の猫

猫が過ごしやすい環境を整えられるのは、飼い主さんだけです。清潔で静かで寝心地の良いベッドと美味しいご飯があれば、猫は満足してくれるでしょう。

適度に体を動かせるキャットタワーなども、用意してあげましょう。窓から外が眺められる場所も、あるとより良いですね。猫が快適に過ごせるのはどんな環境なのか、考えてあげてください。

4. 安全維持

洗面台の淵の猫

猫の安全も、守ってあげましょう。たとえ室内でも、猫が事故に遭うことはあります。例えば、お風呂場で溺れたり、隙間に入り込んで出られなくなったり、高い場所から落ちてケガをするなどです。猫が事故に遭わないような環境作りを、してあげてください。

5. 災害時の準備

ヘルメットをかぶった猫

災害は、いつやってくるか分かりません。いざという時に猫を守れるよう、事前準備をしておきましょう。猫を運べるキャリーバッグ、数日間は暮らせるフードや水、トイレも必要です。また、万が一猫が脱走してしまった時、飼い主さんのことが分かる首輪や、マイクロチップなども猫に装備させてあげましょう。

飼い主さんが分からないとなると、野良猫だと思われてしまう可能性があります。猫を守るため、しっかりと準備しておきましょう。

まとめ

ミミ

猫が幸せだと、飼い主さんも幸せですね!やりすぎる必要はありませんが、猫が「幸せだにゃ〜!」と思ってくれるような環境を整えるのは、飼い主さんの大事な役割です。いっぱい猫を幸せにして、おすそ分けして貰いましょう!

スポンサーリンク