猫が人にされがちな『5つの誤解』

猫が人にされがちな『5つの誤解』

あなたは猫に対して、どんなイメージを持っていますか?世間で言われているようなネガティブな猫のイメージは、本当なのでしょうか?今日はその猫に対する可哀想な誤解を、解いて行きたいと思います。

529view

1. 孤独を愛す

箱の中の猫

「猫って孤独を愛する生き物だよね?」これは半分正解で、半分間違いです。なぜなら、孤独になりたい時もあれば、そうでない時もあるからです。

猫にだって気持ちがあります。1人でボ〜っと過ごしたい時、飼い主さんとイチャイチャしたい時、遊びたい時など様々です。

その気持ちを汲み取ってあげると、猫に喜ばれるでしょう。孤独でいたい時はそっとしておいてあげると猫もストレスを感じずに済みます。

2. 冷たい

座る猫

冷たい印象のある猫。確かに無表情なのでそう見えてしまうのですが、実際はそう冷たくありません。

むしろ愛情に溢れた部分も、たくさんあるのです。猫が冷たいのは、完全なる誤解。見知らぬ人にはそっぽを向いてサッと逃げてしまったり、構おうとしても気分でなければ避けられてしまったり、そのようなところが冷たいと思われてしまうのかもしれません。

3. 性格悪い

にらむ猫

仏頂面でいかにも性格が悪そうに見える猫。性格は猫によって個体差がありますので、中には性悪な猫もいるかもしれません。

ただ大抵の猫は甘えん坊で、可愛いヤツです。触れてみれば分かりますが、とても性格が悪いとは思えないのです。

たまにいたずらや粗相をすることで、性格が悪いと思われているのかも。でもこれも猫飼いからすると、誤解としか言いようがありません。

4. 目つきも悪い

目つきの悪い猫

猫は目つきが悪いイメージ、ありますよね?ギロっと人を睨むあの顔とっても憎たらしいです。筆者も猫を飼うまでは、なんて目つきが悪いんだ!と思ってました。ですが実際に飼ってみたら、目つきが悪くなるときは眠い時だと分かったのです。

もちろん、顔つきで元々目つきが悪い猫もいるでしょう。ですがそれは人を睨んでいるのではなく、ただそういう目なだけなのです。

目つきが悪いからと言って、猫にネガティブなイメージを抱くのは間違ってます。野良猫で過酷な環境を生き抜いてきた為に、眼光が鋭くなった可能性もあるのです。どうか猫をその目つきだけで、判断するのはヤメてあげてください。

5. 言うこと聞かない

人の指をかじる猫

猫は言うことを聞かないと思っていませんか?もちろんそういう時もあります。さすがに犬のように、言うことは聞いてくれません。

ですが名前を呼ぶと振り向くか、近寄って来てくれる猫は多いのではないでしょうか?ただ、これは猫の気分によって左右されます。呼ばれて返事したければするし、したくなければスルーです。

猫は人間の3歳児程度の知能があり、人の言葉をある程度理解できると言います。つまり、本当は飼い主さんが何を言っているのか分かっていても、その通りにするかしないか、自分で決めていると言えるのではないでしょうか。

猫はしつけできないと思われがちですが、根気よくしつければ覚えられるので、これも猫にありがちな誤解と言えるでしょう。

まとめ

まる

いかがでしたでしょうか?猫に対するイメージ、覆りましたか?本当は猫ってとっても甘えん坊で優しくしてくれる人が大好きな可愛い動物なのです。この記事を読んで、猫に少しでも良いイメージを抱いてくださったら幸いです!

スポンサーリンク