猫が飼い主のことを守っている時にする仕草3つ

猫が飼い主のことを守っている時にする仕草3つ

猫ちゃんも愛情を注いでくれる飼い主さんのために「守る」という行動に出ることがあります。言葉が話せない猫ちゃんは態度で示してくれるので、ぜひその仕草を見つけてみて下さい。

15011view

飼い主さんを守ります!

此方を見る猫

観察していると、愛情を注いでくれる飼い主さんを守ろうとする行動に猫ちゃんは出ることがあります。そのような仕草は見ていてとても可愛らしいものです。家で飼う猫ちゃんに多く見られる事があります。家ではそんなに敵は居ないように思えるのですが、猫ちゃんはいつもしっかりと見張ってくれていますので、甘んじて受け入れておきましょう。

1. お尻を向ける

お尻向ける猫

猫ちゃんが飼い主さんにお尻を向けることは信頼を表します。自分の背中を任せてもいいと猫ちゃんに言われているようなものですから、飼い主さんとしては誇らしいことです。その意味とは別に猫ちゃんが飼い主さんを「守るよ」という意味もあります。

背中は任せているから前は任せてという意味ですので、信頼関係の積み重ねの上で飼い主さんを守ってくれているのです。丸くて可愛いお尻にそのような意味があるとはびっくりですが、把握した上で優しく撫でてあげて下さい。

2. 一緒に寝る

寝る猫

飼い主さんと一緒に寝ることは、猫ちゃんにとても信頼されています。「安心できる居場所:として認識されているという証拠なのですから、大きな信頼関係で結ばれているという証拠です。その意味の延長線で飼い主さんを守るために、一緒に寝るという子もいます。多頭飼いされている家庭では敵の他に、別の猫ちゃんからも飼い主さんを守るという意味でいる子もいます。

飼い主さんの事が大好きで、自分の所有物として認識していますので、他の猫ちゃんにとられたくないという想いがあるのかと思います。普段の生活行動からも守ろうとしてくれているのは嬉しい事ですね。

3. 音を察知したときに駆け寄る

走る猫

猫ちゃん本来の好奇心からの行動でもあるのですが、普段きかない音を聞いたときにその発信源に向かって走っていくときがあります。「どんな音だろう?」いう意味もあるのですが同時に「敵であれば発見しなければ」という意味もあり向かっていきます。

家の中では「敵」という存在はあまりなく、せいぜい間違って入ってきた小さな虫ぐらいだと思われるのですが、それを除けば「音」というのは「敵」と定めやすい現象かと思います。猫ちゃんにも気合が入って急いでその音が何なのかを確認に行ってくれるのです。何か物が落ちたときや誰か別の人の来客があったときなどによく見られます。

まとめ

ダイゴ

猫ちゃんが全力で飼い主さんのことを守ってくれている姿は愛らしく、飼い主さんとしてはずっと見ていたい光景かと思います。普段注いでいる愛情にしっかりと応えてくれている証拠ですので、飼い主さんもできるかぎり猫ちゃんに感謝の気持ちを表してあげて下さい。優しく撫でてあげるだけでも猫ちゃんは喜んでくれます。

スポンサーリンク