猫のイカ耳って?その時はどんな気持ちなの?

猫のイカ耳って?その時はどんな気持ちなの?

イカ耳という言葉について聞いた事はありませんか。猫は時折、イカ耳と呼ばれる耳の状態になる場合があります。イカ耳はどういう時になってしまうのか、またその時の猫の気持ちは一体何を考えているのかを中心に詳しく述べていきます。

492view

猫のイカ耳って何?

こちらを見つめるイカ耳の猫

イカ耳とは猫の耳が横にピンっと外に寝た状態の耳の事を言います。主に横方向を向いた状態の耳の事を指しますが、上向きの状態であってもイカ耳と呼びます。また、イカ耳は一見すると飛行機のような形に見える時があるので飛行機耳と呼ばれる場合もあります。

このイカ耳は日常的にもよく猫がする仕草のひとつなので見落としがちであったり、気にも留めない場合もありますが、実はこのイカ耳にも重要な意味が込められているので見落とさずに見ていきたいところです。

そしてイカ耳と呼ばれるほどに形がとても特徴的な耳の状態なのですが、猫は耳を動かす事によって自らの感情を表現しているので耳の病気という訳ではありません。それでは何故猫は、イカ耳になるのか、そしてイカ耳になっている猫ちゃんの気持ちは一体どんな感じなのでしょうか。

イカ耳の時の猫の気持ち

目を細めて口を開けている猫

好奇心が爆発している時

物事に興味津々で聞き耳を立てる時に猫は、イカ耳になります。警戒心を表している時とは違って、若干耳が後ろに垂れている様子が特徴的なポイントです。車の音や外の音、そして自然の音など好奇心をそそられる音に敏感に反応しているため、耳がイカ耳になります。

警戒している時

猫は自分の置かれている状況をまず、耳を使って把握します。なので、耳が横を向いている時は周りの物音を少しでも多く聴くために集中している様子を表わします。つまり、イカ耳の状態になっている時は「気を付けよう!注意しよう!」という警戒心の表れなのです。加えてイカ耳の状態の時に頭を左右に振る仕草も多く見られます。

イライラしている

構ってもらえない、おやつをもらえない、そしてストレスが溜まっているという気分のコンディションが最悪な時もイカ耳になりがちです。イライラしている時は、猫の耳はイカ耳になってしまう事がとても多いです。

なので、猫の耳が横に倒れている時はストレスを感じているサインだと読み取ってあげて下さい。そして、ストレスの原因を取り除ける場合はすぐに環境を改善してあげましょう。放置しておくと、問題行動に発展してしまう可能性を秘めています。きちんとケアしてあげて下さい。

猫は感情を耳で表す

寝そべるイカ耳の猫

猫は言葉を持たない動物です。しかし、きちんと感情は存在します。なので自分の気持ちをきちんと耳を使って表します。特に猫は聴覚に優れている動物なので耳を巧みに使って自分の気持ちを周囲にアピールします。

より多くの音を聴くために猫は耳を自分の意思で180度動かせると言われています。更にそれだけではなく、左右別々に動かす事が出来るので、猫の気持ちを知りたい時は真っ先に耳に注目すると良いでしょう。

猫の気持ちを耳で判断する事によって、猫とのコミュニケーションがより上手くいくと考えます。耳に注目して観察日記を付けていくと、愛猫の感情パターンを把握出来るのでオススメです。

おわりに

覗くイカ耳の猫

猫の耳は物音を聞き分けるだけに使われるのではなく、自分の気持ちをきちんと周りにアピールするためにも使われます。今回のイカ耳も様々な意味が込められているので判断は難しいと思います。

しかし、イカ耳+猫の行動や仕草に注目すれば猫が今興奮しているのか、それとも警戒心を表しているのかの判断は容易に出来るようになります。猫の飼い主であるならば、知識として取り入れたい情報のひとつです。

猫の耳の動かし方や状態の情報をアップデートし続けていけば、猫とのコミュニケーションやスキンシップ、そしてストレスの原因の除去など様々な方面で役に立ちます。イカ耳だけではなく、ありとあらゆる猫の耳の状態をもっと知っていけると良いですね。

スポンサーリンク