うちの子になって幸せ?猫の『幸せ度チェック』3項目

うちの子になって幸せ?猫の『幸せ度チェック』3項目

愛猫が今どれくらい幸せに思っているのか、飼い主さんとしては知りたい方も多いのではないのでしょうか。その基準としてみていただきたいポイントをご紹介します。

2722view

幸せですか?

気持ちよさそうに寝ている猫

猫ちゃんが幸せかどうかは、飼い主さんであるならば気になるところであるかと思います。猫ちゃんは言葉が話せないので、幸せかどうか不満があるのかどうかを語ってくれることはありません。しかし幸せであるならば、いくつかの仕草が共通して見られるのです。

飼い主さんはぜひこのポイントを把握して、愛猫の幸せ度をチェックしてみましょう。現状を把握することで、今後どのようなコミュニケーションを猫ちゃんととるべきなのかが見えてきます。

1. ゴロゴロ鳴らす

気持ちよさそうにしている猫

代表的な例ともいえますが、ゴロゴロと喉を鳴らしている仕草が見られることは、幸せを感じているときです。特に子猫に見られますが、飼い猫であれば成猫になっても子猫気分が抜けきらず、ずっとこの仕草を見ることもできます。

母猫を思い出しているときなので、飼い主さんは存分に甘えさせてあげて下さい。そのまま同時に飼い主さんにスリスリする子も見られます。これも飼い主さんに対して信頼を寄せている証拠ですので、甘えさせてあげてください。「これは自分のもの」と猫ちゃんがスリスリすることによって匂いをつけていたり、安心できる匂いでリラックスをしています。

2. しっぽをたたせる

猫のしっぽ

犬の場合はしっぽをぶんぶん振ることで喜びを表現しますが、猫ちゃんの場合はしっぽをピンと真っすぐ立たせて表現します。観察していると割と分かりやすい仕草かと思います。逆にしっぽをふるとイライラしている仕草ですので同時に覚えておきましょう。

しっぽを立たせながら、ひげを下向きにしている姿はリラックスしている証拠です。加えて目を細めている仕草が見られれば、敵意がなく安心しているものとなります。

3. ふみふみをする

猫の肉球

猫ちゃんを飼っているとたまに見られる「ふみふみ」の動作も安心されている証拠です。前足を一生懸命に動かしながらゴロゴロと喉を鳴らして表現します。うどんやパンをこねるような動作ですので可愛らしく癒されます。

これは母猫を思い出しながら幸せな気分に浸っているときですので、安心した環境で機嫌の良いときしか見られません。飼い主さんはこの仕草が見られた時は、なるべく邪魔をしないように自由にさせてあげて下さい。

まとめ

ロワ

観察していると見られやすい仕草ばかりかと思われます。愛猫の幸せは飼い主さんの幸せともつながるかと思われますので、なるべく猫ちゃんに安心して過ごしてもらえるように工夫していきましょう。猫ちゃんも体を使って幸せを表現してくれるようになります。

スポンサーリンク