寝ぼけた猫がするおもしろ行動4つ

寝ぼけた猫がするおもしろ行動4つ

機敏に反応する猫でも、寝ぼけてしまうことがあるんです。猫が寝ぼけるなんて意外だと思うかもしれませんが、寝ぼけたときの行動がおもしろいこともあります。そんな猫が寝ぼけたときの行動をご紹介します。

632view

1. ぼーっとしている、夢と現実がはっきりしていない

座って寝る猫

起きたはいいがまだ眠いため、ぼーっとした表情のままでいる姿が見られることがあります。目を細めたまま座っていたり、座ったまま眠ってしまうなんてこともあるんですよ。

突然自分の毛づくろいを始めて、舌をしまい忘れるかわいい姿を見せてくれることもあります。また、同居猫が近くに来たことで起きて寝ぼけたまま毛づくろいをしてあげるのですが、だんだんと目が覚めてくると「え?なんで毛づくろいをしてあげているんだろう」という表情になるおもしろい猫もいるんです。夢と現実のあいだにいる状態から、徐々に目が覚めるなんて人間みたいですよね。

我が家の猫は、たまに窓ガラスに頭をあずけて寝ているのですが徐々に顔がずり落ちてきてしまいます。そんな時に寝ぼけていると、ずり落ちて変な顔になっているのにそのままぼーっとしていることもあります。

2. 歩く、走る

三毛猫の後ろ姿

夢を見ていたのでしょうか?寝ぼけたまま歩いたり、走り出してしまうことがあるんです。大丈夫なのかと心配になりますよね。部屋の中をウロウロして、再び自分の寝床へ戻り寝てしまうという猫もいるんですよ。

3. 怒る、甘える

威嚇する猫

寝ていたのに、急に「シャー」と威嚇の鳴き方をして怒ることがあります。あまりいい夢を見ていなかったのでしょう。猫にしてみればいい気分ではありませんが突然「シャー」と鳴いて、夢だったことに気がついた猫の様子を見てしまうとくすっと笑ってしまいますよね。

普段、あまり甘えることのない猫でも寝ぼけて甘えてくれたり、飼い主さんがベタベタするのを許してくれたりするケースもあります。目が覚めるとそそくさと去ってしまうんですけどね。

4. 落ちる

前足をだらんとして寝ている猫

寝ぼけて寝ていた場所から落ちてしまう猫もいます。とてもいい気持ちで眠っていたのか、自分がどんな場所で寝ていたのか忘れて寝返りをしてしまったのかもしれません。落ちるなんて心配になってしまいますが、猫は身体能力が高くほとんどの場合はきちんと着地できるのでご安心ください。

まとめ

ぽぽ

物音を聞いて素早く反応できる猫でも、寝ぼけておもしろい行動をすることがあるんです。寝起きのぼーっとした状態で座って寝てしまう人間のような行動や、寝ぼけて仲間の毛づくろいをするということがあります。

また、フラフラと歩いてしまう怒りだす、寝ている場所から落ちるなんてこともあります。寝ぼけているところから、段々と目が覚めていく様子も見ていておもしろいですよね。愛猫の寝ている姿を観察したら、寝ぼけてしている行動を目撃できるかもしれませんね。

スポンサーリンク