猫が飼い主を見つめる時の心理5つ

猫が飼い主を見つめる時の心理5つ

大きな猫の目で見つめられたら、ちょっとドキドキしてしまいますね。なんだか猫に、じっと見つめられてる…そんな時は、こんな猫の心理が働いているのかも。チェックして行きましょう!

2448view

1. 好き!

見つめる猫

飼い主が好きなので、見つめてくれることがあるようです。人も好きなものは、じっと見てしまう傾向がありますね。

猫にとってじっと見つめることは、普通であれば喧嘩を売っていることになってしまうのですが、信頼している人に対しては、じっと見つめることもあるのです。何か猫の視線を感じると思ったら、好かれているのでしょう!

2. 様子見

物陰から見つめる猫

飼い主の様子を見るのに見つめている可能性も。変な行動、おかしな音など出していませんか?何事かと思って、驚いて様子を見ているのかもしれませんよ。

猫はストレスに弱い生き物ですので、なるべく驚かすようなことは避けましょう。どうせやるなら、おもちゃを動かすなどの方が猫が喜ぶでしょう。

3. 何かして欲しい

見つめる猫

飼い主に何かして欲しいと言う要求がある時、じっと見つめます。鳴き声と共に見つめることもあれば、無言で圧をかけてくることも。

早めに要求に応じないと、猫の視線で穴が開いてしまうかもしれません。ご注意ください。

4. 誰だか分かってない

鏡に映った猫

猫は視力が悪いので、遠くだと誰だか分からない可能性があります。飼い主っぽいけど遠いから「誰?」と思って見つめていることも考えられます。声をかけてあげると、きっと分かってくれるでしょう。

5. 不満がある

不満げな子猫

飼い主に対して不満がある時も見つめてくるようです。何に不満を持っているのか、早めに確認しましょう。ご飯がないことに不満を感じているのか、トイレ掃除がされていないのか、構ってくれないのが嫌なのか、その時々で不満は異なるでしょう。

あまりに不満が溜まると、繊細な猫は体調を崩してしまうことがあります。なるべく早めに、不満を解消してあげてください。

まとめ

まっしゅ

猫がじっと見つめてきたら、それはどうしてなのか確認しましょう。一緒に暮らしていると、なんとなく分かってくることも多いのですが、意味不明な場合もあります。

こんな時、猫と話ができたらどんなに良いかと思いますが、今のところ察してあげるしか方法はありません。猫の言わんとしたいことを汲み取ってあげましょう。飼い主さんだけができることです。

スポンサーリンク