猫が飛びかかってくるのはどうして?5つの心理

猫が飛びかかってくるのはどうして?5つの心理

猫が飼い主さんに向かって「ダーイブ!」と足元や頭元に、飛びかかってくることがありますよね。飼い主さんとしてはやめてほしいものですが、どうして猫は飛びかかってきてしまうのでしょうか。理由についてご紹介させていただきます。

1083view

猫が飛びかかってくる理由

飛びかかる猫

猫が飼い主に向かって激しく飛びかかってくるのは、怪我をしてしまいそうになるのでやめてほしいものですが、どうして飛びかかってくるのでしょうか。その理由についてご紹介させていただきます。

1. 獲物だと思っているから

狙う猫

猫は家猫として飼われるようになっても「狩猟本能」が残っています。猫はもともと山の中で、ネズミや鳥などの小動物を捕まえて暮らしていました。いまはご飯をもらって暮らしているとは言え、獲物らしきものがいると「好奇心」で、つい飛びかかってしまうことがあるのです。

2. ストレスがあるから

獲物を狙う猫

猫は神経質でストレスを抱えやすい動物です。日頃からストレスがあったりすると、飛びかかってしまうことがあります。猫は「体を動かす」ということで、日頃からストレスを発散しています。

体を動かすことができず、ストレスを抱えていたりすると飼い主さんに「遊ぼー!」と飛びかかって、ふざけてしまうことがあるでしょう。爪が出ていると、飼い主さんが怪我をしてしまう可能性もありますので、気をつけてくださいね。

3. おもちゃの代わりだから

おもちゃで遊ぶ猫

猫がきちんと遊べるように、猫じゃらしなどのおもちゃを準備したり、キャットタワーを設置していますか?猫が遊び足りていなかったりすると、飼い主さんをおもちゃの代わりにして、飛びかかってしまうことがあります。頭に目掛けて飛びかかってきたり、足元に飛んでくることもありますよ。

4. かまってほしいから

ジャンプする猫

猫は構ってほしいとき、飼い主さんにとにかく「気づいて!」とアピールをすることがあります。熱い視線を送ったり、後ろをウロウロとついて回ることもありますが、それでも飼い主さんが気がついてくれないと、最終的には飛びかかって「構ってよ!」と文句を言うように、ダイブをして来ることがあります。

猫は飼い主さんのことが大好きですから、構ってほしいことが原因で飛びかかっているようであれば、スキンシップをとったり、構ってあげるようにしてくださいね。

5. 動くものだから

おもちゃを狙う猫

猫は動くものを見ると本能的に「獲物かな?」と思ってしまう傾向があります。飼い主さんだけに限らず、動くものを見ると日頃から飛びかかったり、遊ぼうとする猫ほど、好奇心旺盛で遊び盛りなのでしょう。

猫が飛びかかってくるのをやめさせるには?

ジャンプする猫

猫が飛びかかってくると、痛いのでやめてほしいこともありますよね。では、飛びかかってくるのをやめさせるには、どうすれば良いのでしょうか。

結論としては飛びかかってきた瞬間に「やめて!」と少し大きな声を出して、ビックリさせることです。猫はビックリすると同じことを繰り返さなくなりますので、一番効果的でしょう。また猫は飼い主の言葉を理解できなくても、声色や表情は理解することができます。

現行犯ですぐに「やめて!」や「痛い!」とシンプルに叱ると、やめてくれるようになりますよ。グタグダと叱ってしまうとストレスになってしまったり、飼い主さんにとっても負担になってしまいますから、シンプルに叱ることがコツです。

まとめ

男性と猫

猫が飼い主に飛びかかってくるのは、獲物だと思っているから、飼い主さんに構ってほしいからなどが原因として考えられます。

飼い主さんがたくさん構ってあげたり、体を動かしてあげても飛びつきが直らない場合には、飼い主さんが「やめて!」と現行犯で言うようにすると、飛びつきがなくなりますよ。