気を付けて!猫にNGなおもちゃ5つ

気を付けて!猫にNGなおもちゃ5つ

遊び好きな猫は多いです。「え?こんなので遊ぶの?」というものに興味を持つことも。猫が喜んで遊ぶのは良いですが、そのおもちゃ、危険はないでしょうか?猫に与える前に、猫が安全に遊べるおもちゃなのか、確認しましょう。

1258view

1. 人の手や足

手を噛む猫

獲物と勘違いしてしまう可能性がある為、人の手や足をおもちゃ代わりにして猫と遊ぶのは、避けた方が良いと言われています。例えば、飼い主さんが寝ている時にモゾモゾと布団の中で手や足が動くと、それを獲物と勘違いして、猫が飛びかかってしまうかも…。

それに、何気無い瞬間でも、猫が気になる手や足の動きを捉えて、捕まえようとする場合があります。ただ、手や足をおもちゃ代わりにして遊ぶのを、肯定する意見もあります。どちらが良いかは、猫の性格を鑑みて決めると良いかもしれません。

2. 小さなおもちゃ

小さなおもちゃで遊ぶ猫

猫の口にすっぽりと収まってしまうような小さな物は、誤飲の危険が高いです。市販されているおもちゃなら安心と思いますが、実は小さなネズミ型のおもちゃなどは、猫が本当に飲み込んでしまう場合があるのです。

体内に詰まると、外科的手術が必要になることもあります。そうなってしまうと、猫にとっては多大な負担となります。猫が誤飲しないように、小さなおもちゃは避けるようにしましょう。

3. 紐

紐で遊ぶ猫

紐は猫が良く反応するので、猫のおもちゃにはうってつけなのですが、実は紐も誤飲してしまう可能性が高いです。飼い主さんが見ているところで遊ばせる分には安全ですが、飼い主さんの目の届かない場所で猫が遊び、囓って飲み込んでしまう事が多々あります。

紐が体内に入って塊になり内臓が詰まる、ということは十分にありえます。もし紐をおもちゃにする場合は、必ず飼い主さんの目の届く場所で遊ばせ、出しっ放しにしないようにするのが安全です。

4. ビニール袋

ビニール袋の中の猫

カサカサと音のするビニール袋は、猫が大好きです。中に潜って遊ぶ姿を、見かけることも多いでしょう。でも、実はかなり危険なおもちゃです。

誤飲の可能性がありますし、体に絡まり、身動きが取れなくなることも。窒息の危険さえあります。ビニール袋は出しっぱなしにしないことと、もし猫が遊ぶ時は絶対に、目を離さないようにしましょう。

5. 割れるもの

グラスの中の猫

ガラス製のものに、猫が興味を持つかもしれません。棚に置いてあるガラスの置物を、ちょいちょいして落とす可能性もあります。

もしガラスが割れ、破片が飛んできたら…ケガをしてしまうかも。目に刺さったら、失明の可能性もあります。飼い主さんにとっても危険ですので、割れる物は猫がいる部屋には置かないのが無難です。

まとめ

チューブを噛む猫

せっかく楽しんで遊んでいたのに、危険なおもちゃのせいで大惨事に…なんてことになったら、いたたまれません。必ず、おもちゃの安全性をチェックしてから、猫に渡すようにしましょう。猫の安全を守れるのは、飼い主さんだけです。心して、チェックしてあげてください。

スポンサーリンク