アイスクリームやかき氷、猫に食べさせても大丈夫?

アイスクリームやかき氷、猫に食べさせても大丈夫?

暑い夏がやってきましたね。猫ちゃんにもアイスクリームなどの冷たいものを食べさせてあげたい…と思っている飼い主さんは多いでしょう。でもそれ、食べさせて大丈夫なんでしょうか?

407view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.アイスクリーム

アイスクリーム

よく、猫にアイスクリームを与えている動画などがありますよね。ですが、人間用のアイスクリームは与えてはいけないんです。

アイスクリームの主な原料は牛乳と乳製品と糖類になります。猫の体は糖類をうまく消化吸収できないので、猫の内臓に負担がかかる可能性があります。また、チョコレートやナッツ、コーヒー味のアイスクリームは重い中毒症状を引き起こしてしまう恐れがあるため、絶対に与えてはいけません。

チョコレートには覚醒や興奮作用を持つ物質が含まれていて、猫はこれをうまく体内で分解できません。コーヒー味はカフェインによって中毒症状を引き起こしてしまいます。ナッツ類もアレルギーを起こすことがあり、猫を命の危険に晒してしまうことになるのです。

2.かき氷

かき氷

こちらも練乳やシロップがかかっていると、その匂いに反応して食べたがる猫ちゃんもいるでしょう。ですが、練乳やシロップの部分を与えてはいけません。猫はアイスクリームと同様に糖類や乳糖を分解できない体質の子が多いため、下痢や嘔吐を引き起こしてしまう可能性があります。

どうしても食べたがる場合はシロップや練乳のかかっていない、氷のみの部分を味見程度に与えるだけにしましょう。氷は少量なら食べさせても大丈夫ですが、与えすぎると腸の温度が保てず、腸機能が正常に働かなくなりお腹を壊してしまったりする子もいます。

また、氷を与えすぎると食欲低下してしまう可能性もありますので、猫にかき氷を与える場合は「氷だけの部分をほんの味見程度」にするのがポイントです。

3.スイカ

スイカ

結論からすると、猫にスイカは与えても問題ありません。スイカは他の食べ物に比べて糖分が少なく、水分が多いため、胃腸の負担にならないように一度の量を調節することで食べさせても良いと言えるでしょう。

ただし、ミネラルやカリウムが豊富に含まれていますので、腎臓に問題のある子の場合は別です。腎臓の機能が低下している猫はカリウムを分解しきれない可能性があるため、高カリウム血症になってしまうことがあるのです。また、スイカの種や皮は消化することができず腸閉塞を起こしてしまう可能性があるため、与えないようにしましょう。

スイカはウリ科です。ウリアレルギーを持っている子が時々いるので、初めて与える場合には少量食べさせるところから始めた方がいいでしょう。

まとめ

簾のかかった窓辺で涼んでいる猫

猫ちゃんが暑そうにしていると、飼い主さんも冷たいものを食べさせてあげたいと思う方が多いでしょう。ですが、与えてはいけないものもたくさんあるため、注意が必要です。

アイスクリームの場合は猫用がありますので、人間用ではなく猫用を食べさせてあげましょう。ただしこちらも胃腸が冷えてしまうため、あげすぎには注意です。

飼い主さんが猫ちゃんに与えても大丈夫な食べ物をしっかりと把握することで、中毒やアレルギーを引き起こしてしまうことを防げます。

適量なら冷たいものを食べさせることで猫の体温の上りすぎなどにも効果的ですので、食べさせてはいけないもの、食べさせていいものを飼い主さんが知ることが大切ですね。

スポンサーリンク