信頼関係のある猫にしかできないこと3つ

信頼関係のある猫にしかできないこと3つ

愛猫と長く過ごした時間があってこそ、できることがあります。信頼関係ができてくるとどんなことができるようになるのか、ぜひ参考にしてください。

4484view

信頼関係があるとき

女性と向き合う猫

愛猫と過ごす時間はかけがえのないものです。初めの内はお互いによそよそしかったり、考えていることがよくわからなくて戸惑ったりしてしまうものの、年を重ねるごとにゆっくりと分かりあえてくるものがあるかと思います。

今回は愛猫と信頼関係を深めると、どんなことができるようになるのかを調べてみました。猫ちゃんと一緒に暮らしている方は、これからどんどん仲良くなることが楽しみになりますよ。

1. ゆっくりと瞬きする

ウィンクしている猫

実は目が合ったときに、ゆっくりと瞬きすることは猫ちゃんの愛情表現の1つです。猫ちゃんの世界では目と目が合う事は喧嘩の開始を意味するため、ゆっくりと瞬きすることはその正反対の意味となるのです。

飼い主さんと十分な信頼関係があると、飼い主さんに向けて瞬きをしてくれます。筆者の愛猫も気分が良いとしてくれるのですが、なんだかうっとりとした表情で行なってくれるので可愛らしいです。瞬きは目が合い続けることを防いで「敵意はないよ=好意」という意味ですので、しっかりとした絆が必要です。

もし見かけることがあれば、飼い主さんもゆっくりと瞬きを返してあげて下さい。愛情を伝えることができます。

2. 近寄ってくる

近寄る野良猫

猫ちゃんは自由奔放な生き物なので人に媚びるということはしません。自分が好ましく思うのだから近寄るのであって、嫌いな人には近寄ることをしません。気持ちが素直に行動に現れるのです。

そのため、しっぽをぴんと上に立てながら飼い主さんへ近づいてくるのであれば、信頼関係が築けている証でもあるのです。甘えたい気持ちでもありますので、ぜひ撫でたり構ったりしてあげましょう。

3. おみやげをもってくる

獲物を狙う猫

猫ちゃんが飼い主さんのことを信頼していると、時々おみやげ(獲物)をもってくることがあります。これは飼い主さんのことを仲間と思っており、かつ狩りができないのでお腹を空かせてしまうんじゃないかと猫ちゃんが気遣っているのです。

もしくは捕まえたおみやげを見せて褒めてほしくて、飼い主さんの顔をじーっと見つめる子もいます。良いことをしているという気分なので、怒らずに褒めてあげましょう。猫ちゃんとコミュニケーションをとるチャンスです。

まとめ

のぶお

猫ちゃんにも多くの甘え方があり、それは飼い主さんとの信頼関係が深まることによって見せてくれるようになります。居心地が良いと思えるような関係をそれぞれが作れると良いですね。

スポンサーリンク