猫が『洗濯した物』が好きな理由3選 効果的な防止策とは?

猫が『洗濯した物』が好きな理由3選 効果的な防止策とは?

収納前の洗濯物を置いておいたら、飼い猫がその上でゴロゴロ、スリスリしていた…というのはよく耳にするお話。なぜか洗いたての洗濯物に限って、猫が近づいて来ることはありませんか?洗濯した物にゴロゴロする猫の姿は愛らしいですが、毛だらけになってしまうのでできれば避けたいところですよね。今回は、猫が洗濯した物が好きな理由と、洗濯した物に乗らないための防止策もお伝えします。

643view

なぜ猫は洗濯した物を好むのか?

洗濯かごに入る猫

猫はなぜ洗濯した物を好むのでしょうか。そこには猫なりのいろいろな理由が存在しているようです。

1. 洗い立てでふかふかしているから

洗濯してお日様に干したばかりの衣類は、ふかふかして温かく、いい匂いがしますよね。ふかふかして柔らかいものが大好きな猫にとって、洗濯した直後の衣類は最高のお布団。その心地よさを堪能するために、洗濯した物の上に乗ってしまうのです。

猫は、赤ちゃんの頃は母猫に包まれながら眠ります。もしかしたら、温かい母猫に包まれている感覚を思い出しているのかもしれませんね。

2. 飼い主の匂いがするから

タオルの上に乗る猫

飼い主が日頃身に着けている衣類の上に乗る場合は、大好きな飼い主の匂いに惹かれて、洗濯物の上に乗っていると考えられます。

洗濯をした後でも、衣類にほんのわずかに残る飼い主の匂いを、嗅覚の鋭い猫は敏感に感じ取ります。

いつも一緒にいる飼い主の匂いは、猫にとって安心できるものです。そんな理由を知ると、飼い主としては、困りつつも嬉しくなってしまいますね。

3. 自分の匂いを付けるため

猫は、縄張り意識の強い動物です。テリトリーにあるものには、自分のものであることを示すために、匂い付け、いわゆるマーキングとして身体をこすりつけます。

洗濯をして匂いが薄くなった衣類に身体をこすりつけることで、自分の匂いを付けて安心しているのです。

洗濯物に近づけさせないための対策

猫と収納棚

猫に洗濯物の上に乗ったりゴロゴロされたりしてしまうと、せっかく洗った衣類に猫毛が付いてしまいます。それを防ぐためにも、猫が洗濯した物に近づかないよう対策を取っていきましょう。

一番シンプルな対策は、洗った洗濯物をすぐに収納棚にしまうことです。猫に見つかる前に、床などに置いたままにせず収納してしまえば、洗濯した物の上に乗って寝転がるのを防ぐことができます。

とはいえ、なかなかすぐに洗濯した物を収納できないときもあるでしょう。そんなときは、猫が好むふわふわ素材の毛布やクッション、猫専用布団などを用意し、猫の気をそちらに惹きつける作戦がおススメです。

洗濯物よりも居心地の良い場所を提供してあげることで、猫が洗濯物に乗らないようにするのです。

また、猫が日頃使っているおもちゃや毛布など、猫の匂いがついた物を側に置くとより効果的です。

まとめ

タオルの上の猫

猫は、自分にとって居心地の良い場所を見つける名人です。洗ったあとの、ふわふわした洗濯物は、まさに猫の大好物。

もし、猫が洗濯物の上に乗っても、怒ることはしないでください。猫には、なぜ怒られているのかは伝わりません。注意をするよりも、私たち人間の方で、今回ご紹介した防止策などを取り入れていくのがベストです。

猫にとっても人間にとっても、お互いが満足する着地点をぜひ探してみてください。

スポンサーリンク