猫が『隣に座ってくる』時の意味4つ

猫が『隣に座ってくる』時の意味4つ

猫が不意に隣に来て、座ることがありますよね。この愛らしい行動には、癒やされる飼い主さんも多いでしょう。それでは猫が隣に座ってくるのは、いったいどのような意味があるのでしょうか?

3725view

1.甘えている

少年と猫

気ままでツンデレなイメージがある猫ですが、時には甘えたいと思うことがあります。飼い主さんの仕事や家事がひと段落し、座った途端、隣に座ってくるなんてこともありますよね。

「待ってました!」と言わんばかりに飼い主さんに近寄るのは、声を掛けてもらったり撫でてもらえるとわかっているのでしょうね。愛猫との絆を深める大切な時間です。思う存分甘えさせてあげましょうね。

2.構ってほしい

パソコンを見る猫

飼い主さんがくつろいでいるときだけではなく、仕事や作業中に隣に座ってくることがありますよね。飼い主さんが何をしているのか気になるのと同時に、「そんなのいいから構ってよ!」と訴えているのかもしれません。

猫は構ってほしいとき、様々な手段で飼い主さんの気を引こうとします。隣に座り、「構って!」とアピールしているのです。

3.お腹が空いている

ソファに座る猫

猫はお腹が空いているときにも、隣に座り「ご飯ちょうだい!」とアピールすることがあります。猫にとって食事は何よりも楽しみにしている時間でもあります。

飼い主さんが座って仕事をしているときや、テレビを観ているときなど、飼い主さんが何かに集中しているときに限って、そばに来るものです。隣にじっと座るのは、猫の控えめなアピールなのかもしれませんね。

4.寒い

ソファに座る猫

猫は元々暑い砂漠地帯で暮らしていたため、寒さが苦手なようです。寒い時期は暖をとるために、飼い主さんの隣に座ってくることがあります。人間同様、猫にとっても「冷え」は大敵。風邪を引いたり、下痢を起こしてしまいます。寒そうにしていたら、室温を上げたり、暖かいマットを用意するなど工夫してあげましょうね。

まとめ

少女の横に座る猫

いかがでしたか?愛猫が隣に座ってくると、飼い主さんとしては嬉しいですよね。隣に座ってくるのは甘えたいだけではなく、様々な意味が隠されています。

愛猫が自分から近寄ってきたときは、スキンシップのチャンスです。表情や仕草をじっくり観察し、何を望んでいるのか読み取ってあげましょうね。

スポンサーリンク