猫が『布団』に入ってくる心理3選!占領された時の対策は?

猫が『布団』に入ってくる心理3選!占領された時の対策は?

あなたの愛猫は夜寝る時に布団に入ってきますか?寒い時限定の子もいれば、普段から一緒に寝る子もいますよね。では猫が布団に入ってくる心理ってどんなものなんでしょうか?本記事でご紹介したいと思います!

4095view

1.飼い主と寝たいから

飼い主と寝る猫

飼い主さんのことが大好きな猫は、信頼している飼い主さんと一緒に寝たがることがあるようです。

愛猫にとって飼い主さんは眠っている時の無防備な姿を晒してもいい相手ということですね。飼い主さんのそばにいる時が一番安心して眠れるから、同じ布団に入ってくることもあるようです。

我が家の猫たちも大好きな家族と一緒に寝たがります。寝たがる相手はそれぞれ違いますが、安心するからという理由は同じようです。

「飼い主さんと一緒だから安心感を得られる」という理由でそばで寝ようとする愛猫。とても可愛くて守ってあげたくなっちゃいますよね♡

2.暖かいから

布団に潜る猫

飼い主さんの中には、愛猫が布団に入ってくるのは冬限定だ、という方もいらっしゃいます。

猫は寒さが苦手なため、寒いと感じると暖を取るために飼い主さんの布団に入ってくるようです。

人間の体温は猫にとってちょうど良いようで、その温もりを求めて寒い日だけ飼い主さんと一緒に寝たがる猫も多数存在します。

愛猫に甘えてほしい飼い主さんとしては冬限定というのが少し寂しくもあり、冬が待ち遠しくもありますよね。これからの季節は布団で寝たがる猫との時間を存分に満喫してしまいましょう!

3.寝心地がいいから

布団で寝る猫

人間の使う布団や毛布は猫にとっても肌触りが良く、寝心地の良いものに感じるようです。

寝心地の良い場所で気持ちよく眠りたいと思った猫が飼い主さんの布団に入ってくるのも頷けますね。

ですがどのシーンであっても「飼い主さんを信頼している」というのは大前提のようです。警戒心の強い猫が信頼していない相手と一緒に寝るはずがないんですから。

愛猫が布団で寝る習慣がついてしまっても、飼い主さんとしては一緒に寝られるのは嬉しいかも知れません。ですが時として布団を占領されてしまうこともあります。

猫に布団を占領されたら

布団を占領する猫

猫が布団に入ってくると、熟睡できない飼い主さんもいらっしゃるでしょう。布団を愛猫に占領されてしまった場合には、いくつか対策があります。

  • 猫の寝床へ移動させる
  • 寝る時は猫をケージに入れる
  • 一緒に寝ない

どうしても熟睡したい時に手っ取り早いのが、一緒の部屋で寝ないことです。最初は寂しがるかも知れませんが飼い主さんもきちんと睡眠をとらなければいけませんし、悩みどころですよね。

飼い主さんの布団を占領されてしまった時は、愛猫の性格なども考慮しつつ対策をするのが一番だと思います。

まとめ

布団で眠る猫

大好きな飼い主さんと一緒に寝たがる愛猫がどんなふうに考えているかご紹介しましたが、どの理由にしろ根底には「信頼」の二文字があります。

「飼い主さんと寝ると安心できる」という理由から「寒いから温まりたい」という理由まで幅広いですが、飼い主さんのことを信頼しているから布団に入ってくるんですよね♡

冬は特に猫が布団に入ることが増える季節です。寒がりでない猫も存在しますが、多くの猫が暖を求めて布団に入ってきてくれることでしょう。

愛猫と寝ることが季節限定イベントになっているご家庭もありますが、せっかくなので一緒に温まってみちゃいましょう!

スポンサーリンク