猫の睡眠を邪魔するとおきるリスク4つ

猫の睡眠を邪魔するとおきるリスク4つ

猫が寝ている時、どうしていますか?そっとしておきますか。お腹にもふっとダイブしてますか。寝ている猫はとても可愛いのですが、邪魔するとどうなってしまうのか…リスクがあるようです。

1214view

1. 猫が寝不足に…

半目を開ける猫

猫の睡眠を邪魔すると、寝不足になってしまうリスクがあります。一日のうち大半を寝て過ごしているので「ちょっとくらい起きちゃっても大丈夫なんじゃ…?」と思うかもしれませんが、それは誤解です。

猫の睡眠はほとんどが、浅い眠りです。ですがその中に、深い眠りが含まれています。その熟睡している時に邪魔が入って覚醒してしまうと、寝不足になってしまうことがあるのです。

猫の睡眠の深さがどの程度が判断する方法はありますが、それよりもできれば寝ている時はそっとしておいてあげるのが良いでしょう。

2. 批難の目で見られる

冷たい目で見る猫

寝ている時に邪魔してしまうと、猫から批難の目で見られることでしょう。その冷たさといったら…!またはあくびで抗議の意を示されるでしょう。

猫からの冷たい視線覚悟で邪魔をするのなら、それはそれでOKです。寝不足にならないよう、配慮してあげてください。ですがあのなんともいえないクールな目で見られると、小心者の筆者はついつい謝ってしまいます。

強い心で批難の目に耐えられる方はぜひ、睡眠中の猫に挑んでみてください!

3. ストレスが溜まる

イライラする猫

寝ている猫の邪魔をしても、ちょっと迷惑そうな顔をされる程度で済む場合もありますが、何度もするとストレスが溜まってしまうでしょう。イライラしすぎると体調に異常をきたしてしまう場合がありますので、十分気をつけてあげてください。

睡眠中に触っても、気持ち良さそうな顔をしてゴロゴロいうようなら、それはOKの合図です。拒否されない限りはナデナデしてあげてください。でも基本的にはそっとしておくのが、一番なようです。

4. 子猫の成長に害が

眠る子猫

子猫の睡眠中は、十分気をつけましょう。寝ている時、体が成長しているのです。ですから邪魔してしまうと、妨げてしまうことになりかねません。

子猫が寝ていたら、できるだけ起こさないように気をつけること。そしてぐっすりと眠れる環境を整えてあげることも、大切です。

子猫は突然睡魔に襲われ、パタッと寝てしまうことがあります。元気に遊んでいたと思ったら急に動かなくなる、ご飯を食べていたらお皿に顔を突っ込んで眠るなどです。微笑ましいですが思わぬ事故に遭わないように、気をつけてあげなければいけませんね。

まとめ

眠る猫

猫の眠りを邪魔すると、あまり良いことにはならないようです。でもあの可愛い寝顔を見ると、ついつい構いたくなってしまうのですよね。猫の為を思ったら、起こさないように写真を撮るくらいで、後はそっと寝かせておいてあげるほうが良いでしょう。

スポンサーリンク