チンチラシルバーの特徴や性格、注意点について

チンチラシルバーの特徴や性格、注意点について

チンチラシルバーという猫を聞いたことありますか?猫好きならば、一度は憧れるのではないでしょうか?何を隠そう、チンチラシルバーは猫界の王様・女王様とも言われる、あのペルシャのお仲間なのです。「ペルシャと何が違うの?」そんな素朴な疑問をお持ちの方も、多いはず。チンチラシルバーについて、詳しくチェックしていきましょう!!

16626view

チンチラシルバーとは

窓辺にいるチンチラシルバー

チンチラシルバーは、ペルシャの中でも毛色が独特の猫です。根元やアンダーコートは白いけれど、背中や脇腹、頭、尻尾の毛先にわずかに黒い毛色が入っているのです。ですから、普通のペルシャよりも全体的に毛色が明るく見えるのが特徴です。ペルシャ猫にある縞模様は、チンチラシルバーにはありません。

実は毛色以外で、ペルシャと異なっている点はありません。ですから、過去にチンチラを独立した猫種にしようとする動きがありましたが、主立った猫血統登録団体では認められず、現在でもペルシャの一種として扱われていることが、ほとんどです。ただキャットショーでは、ペルシャの中のチンチラ部門が存在します。

チンチラシルバーの特徴

座っているチンチラシルバー

チンチラーシルバーには、どのような特徴があるのでしょうか?

体について

チンチラシルバーは、瞳の色が青か緑系統となっています。アイラインがペルシャよりもはっきりとしているので、目力には定評があります(笑)。顔は「ドールフェイス」と呼ばれる低い鼻と丸い目、離れ気味の耳が特徴です。体重は3kg~5.5kg程度が標準で、体長が短くて丸っこい体型をしています。

性格について

絶対ではありませんが、猫は毛色によって性格にある程度の傾向がある、と言われています。チンチラシルバーは、以下のような性格の子が多いようです。

  • ブライドが高い
  • 気が強くてキツめ
  • 人が好き
  • 活発だけれど慎重派
  • 繊細
  • キレイ好き
  • 周囲とはほど良い距離感を保つ

一般的にペルシャは大人しく、飼いやすい性格とされていますが、全てのペルシャに当てはまる訳ではありません。上記に挙げたように、キツい性格をしている子もいるようです。また、あまり鳴かないという話もありますが、個体によっては良く鳴く子もいるようですから、あくまでも参考としておく方が良いでしょう。

チンチラシルバーの注意点

膝の上に抱かれているチンチラシルバー

チンチラシルバーと共に暮らす際、気をつけた方が良いことはあるのでしょうか?

お手入れ

チンチラシルバー自慢の被毛は、マメなお手入れが必要です。もし怠ってしまうと毛玉となり、後の処置が大変になってしまいますので、必ず1日に1~2回はブラッシングをするようにしましょう。そして、あまり運動が好きではない子も多いです。肥満になりやすいので、ご飯の量には注意が必要です。

病気

まず、チンチラシルバーは毛が長いので、「毛球症」に注意です。自分で毛づくろいをすることにより、毛を飲み込んでしまいます。その毛が排出されずに体内に残ってしまうと、飲み込んだ毛が固まって取れなくなってしまいます。これを「毛球症」と言いますが、マメなブラッシングをすることで防げる病気ですので、被毛のお手入れは欠かさずに。

また、遺伝子疾患である「多発性嚢胞腎」という病気が起こりやすいです。腎臓に嚢胞と呼ばれる、水の入った袋のようなものが沢山出来てしまう事で、腎臓の機能が低下してしまいます。最悪の場合は死に至ることも。親猫のどちらかがこの病気を発症していると、50%の確率で子供も発症します。家に迎える場合はなるべく、親猫にこの病気がないかを確認しましょう。

シュウ酸カルシウムの尿石もできやすいので、猫の尿の色や量、回数などには充分に注意してあげましょう。水の摂取量を上げるようにするなど、対策すると良いでしょう。

チンチラシルバーに会うには

こちらを見ているチンチラシルバー

チンチラシルバーは割と頭数が多いので、ペットショップやブリーダーなどに出向けば、会うことができます。里親募集もしている事がありますよ♪

価格の相場は、ペットショップで20万円~30万円代、ブリーダーでは10万円~20万円代です。里親になる場合、もちろん生体代は掛かりませんが、ワクチン代や去勢・避妊手術代などが必要となる場合がありますので、要確認です。

チンチラシルバーはTVCMにも出演中!!

ペットフード大手のいなばのCMに、チンチラシルバーのツナちゃんが出演しています。堂々とした佇まいには、風格を感じます。動きも大物らしくゆったりとしており、さすが「猫界の王様」と言われるだけあります。是非、コチラのサイトをチェックされてみては?ツナちゃんの勇姿が見られますよ♪

http://www.inaba-petfood.co.jp/

チンチラシルバーの歴史

カメラ目線のチンチラシルバー

チンチラシルバーの基礎となっているペルシャは、非常に歴史の古い猫種です。はるか昔から人々に愛されてきたペルシャですが、1882年に変化が訪れます。イギリスでブルーのペルシャと雑種猫の間に生まれたチニーという猫がシルバータビーのペルシャと交配し、シルバースモークの被毛を持つオス猫を生んだのです。その猫は「銀の子羊」と名付けられ、チンチラシルバーの始まりとされています。

ペルシャの中でもより美しいシルバーの猫は非常に人気が高く、輸出先のアメリカでももてはやされました。熱狂的な愛好家も存在し、現在もその人気は衰えていません。

まとめ

伏せているチンチラシルバー

チンチラシルバーとはどんな猫か、ご理解頂けましたか?もっふもふの被毛に顔を埋めてみたい、そのゴージャスさを味わいたい、という方も多いでしょう。家にいてくれたら、少々セレブな気分に浸れそうです♪次の休みには、チンチラシルバーに会いに行きたいですね!

40代 女性 ママにゃん師走

初めて猫息子と暮らし一年となりました。年賀状に戌年にも関わらず息子の写真で作りましたら、数人の方から「昔猫を飼っていたのですよ」とお話がありました。
不思議な事に3名様ともチンチラシルバーの飼い主さんでした!3匹とも18年から20年の長寿さんでした。飼い主さんも皆様、チンチラシルバーのように優雅な雰囲気の方でしたから、思わず嬉しくなってしまいました。
「かしこく、穏やかで、とてもツンデレで寂しがりや」と一様におっしゃるところも興味深かったです。
動物病院でも思いますが、飼い主さんと飼い猫さんの雰囲気は同じになります。一言も発しない落ち着いた猫ちゃんの飼い主さんは動きも落ち着いていらっしゃいます。せわしなくスマホをずっと触っているお若い男性の飼い猫さんは、嫌みな鳴き声(媚びるような鳴き方でした)ずっと鳴きっぱなしでした。
一緒に暮らすと人間のご夫婦もお顔立ちや雰囲気がそっくりになるのと同じ事なのかなと、いつも面白く拝見しています。
私も他の方からどのように見ていただいているのか、怖いですが伺ってみたいです(笑)

30代 女性 猫壱

チンチラシルバーを飼ってます。今は、15才。おばあちゃんです。確かに、ツンデレですね。「ツンツン、デレデレ」です。寂しいくせに、一定の距離を持ち、まぁ〜頑固者です。内の子は、あんまり、鳴かないし、鳴いても、小さな声ですね。寝る時は、いつも一緒です。いつも、枕の上に、しっぽ向けて寝てます。確かに、毎日のブラッシングは大変です。凄く毛が抜けるし。めんどくさい人は、飼えないかも知れないですね。只、賢いです。しつければ、ちゃんと聞きますよ。興味のある人は、飼ってもいいと思います。

50代以上 女性 がおりん

私もチンチラシルバー猫ちゃんを家族として迎えて現在2代目になります。初めての娘猫ちゃんは、友達から譲り受けました。猫ちゃんと暮らすのは初めてだったので、育て方を友達に聞いたり、獣医さんに聞いたり、本を読んだり、猫ちゃんについて勉強しました。30年以上昔なので情報がなく、猫ちゃんと一緒に成長していったと言う感じでした。2代目の子もチンチラシルバーです。前の子と同様、ブラッシング、歯磨きも毎日しています。ゴロゴロと喉を鳴らしていますよ。身体を触るのは、毎日とても大切な事ですし、娘
との楽しい時間です。最近は散歩しなくても良いからという理由なのか、「猫ちゃんブーム」だと誰もが言います。コミュニティや動画も猫ちゃんの投稿が多いのには驚きます。そして長毛種が人気だという事も。中には、ちゃんとお世話されている方もいらっしゃると思いますが、毛玉が出来たり、爪を切ったりと赤ちゃんと同じくらい猫ちゃんの世話は沢山あります。それら全てを含めて、大切な子なのです。毛玉が出来たからといって、顔の毛だけ残して尻尾までツルツルに毛を刈られたチンチラシルバーちゃんを最近良く見ます。猫にとって被毛は温度調節に大切なものです。長毛種なら、ブラッシングするのは家族に迎え入れた時から解っていると思います。面倒ならトリミングでシャンプー、毛玉が出来たら全身カット。とんでもない事です。これではある意味、動物虐待だと思います。日本は動物後進国です。
猫ちゃんを家族に迎えたのなら、愛情を持ってお世話をしてあげて下さい。ただ可愛いからと簡単に買わないで下さい。面倒になって捨てられたペルシャが沢山いる事を最近知り、心を痛めています。犬と猫では性質が違います。シャンプーは基本的に必要ないです。毎日ブラッシングしてあげれば、綺麗に保つ事が出来ます。シャンプーやトリミングがどれだけ猫にストレスを与えているのかを考えてあげて下さい。我慢強いのは猫ちゃんの性質です。かなり長くなりましたが、この先、ブームだけで買った猫ちゃん達が、どれだけの災難を受ける事になるのか、どこに喚起すれば良いのか分からず、書き込みをしました。大抵の方は皆さま、とても大切にされていると思います。
ただ、夏が近づいて、プードルみたいに扱われている長毛種猫ちゃんが心配で仕方ありません。今は良い時代になりましたが、誤った情報が多くなったのも事実です。私達を愛してくれる猫ちゃんの信頼を、裏切らないようにしたいですね。
長文、失礼致しました。

50代以上 男性 れおぱぱ

手間がかかる猫です、ブラッシング・シャンプー・ムダ毛のカットをしないと、とんでもない状態になります。毛玉が大きくなると皮膚が引っ張られ赤く炎症したりします。どうしょうもないときは切ってあげた方が動きやすく過ごしやすいと思います。下痢気味になるとお尻付近がとんでもない状態になってたりするので、自由に開くける範囲に洗えないものは置かない方が無難です。常に観てあげれる環境が必要です。

40代 女性 yu

チンチラシルバー飼ってます。11歳男の子です。
とってもやんちゃでよく鳴きます^^
甘えん坊です。おすわり、お手、おかわりはすぐに覚えました♪
毎日のブラッシングはしてません。月1くらいです。
ただ毛玉が出来ればはさみでカット。おしりの毛などはペット用のバリカンで刈ってますので、ブラッシングはそれほどしなくてもツヤツヤできれいです。
ふわっふわのモコモコ。癒されます!

スポンサーリンク