アメリカンショートヘアってどんな猫?性格や価格、飼い方など

アメリカンショートヘアってどんな猫?性格や価格、飼い方など

アメリカンショートヘアは猫種の中でも大変人気が高く、大変有名でメジャーですよね。国内だけではなく、世界中で愛されるアメリカンショートヘアを家族に迎えたいと考えている方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、アメリカンショートヘアの意外に知らない生態や性格、正しい飼い方についてご紹介していきましょう。

1585view

アメリカンショートヘアの特徴

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアは丈夫で活発

アメリカンショートヘアは大変身体が丈夫で、遺伝性疾患などが少ない健康的な猫種として知られています。これは昔からさまざまな猫種と交配をされてきたためだと言われています。

また、大変活発で明るい性格をしている猫でもあり、初心者でも飼いやすい猫種として知られています。健康的で、明るく、人懐っこい性格と、がっしりとした体、そして何よりも美しい被毛カラーが人気の秘訣です。

アメリカンショートヘアの大きさ

アメショーは他の猫種と比べても、大きすぎるわけでもなく、小さすぎるわけでもない、ちょうど中間くらいの大きさの猫種だと言えます。

その具体的な大きさは、体高が約24〜25cm、体長は30〜60cm前後です。ちなみに猫の平均的な体高は23〜25cm、体長が46cmですから、ごく平均的な大きさであることがわかります。

アメリカンショートヘアの外見的特徴

世界中から「猫らしくて可愛い」と愛されているアメリカンショートヘアの外見的な特徴の中でも、もっとも目をひくのは特徴的なマーブル模様の被毛パターンでしょう。銀灰色と黒色が渦をまくような模様の柄は「クラシックタビー」と呼ばれています。

アメリカンショートヘアと言えば、このクラシックタビーを思い浮かべる方も多いでしょうが、実はアメショーはさまざまな猫種の中でも上位に入るほど、非常に多くの毛色や被毛パターンが認められている猫種なのです。このバリエーション豊かな被毛も、世界中に愛好家が多い理由となっています。

また、体の特徴は脚が大変大きながっちりとした体型をしているのが特徴です。顔はスクエア型をしており、しっぽは体に対して若干長めです。

肩幅が広く、全体的に筋肉質ではありますが、程よく丸みを帯びた体型をしているのも愛らしい特徴です。なお、がっしりとした体をしているため、アメリカンショートヘアでも体に対して短足に見えるぬいぐるみのような見た目の個体も存在しているようです。

アメリカンショートヘアの年齢別の特徴

年齢 人間の年齢 特徴
生後10日 生後1ヵ月 まだ目が開いていない
生後2週間 生後6ヵ月 目が開く
生後1ヵ月 1歳 歩き出す
乳歯が生え始める
生後2ヵ月 3歳 離乳が終わる
生後3ヵ月 5歳 動きが活発になる
生後6ヵ月 10歳 発情期を迎える
生後7ヵ月 12歳 永久歯が生え始める
1歳 15歳 成長が止まる
2歳 24歳 少年期
発情期がさかんになる
5歳 36歳 歯の先端が丸みがかる
6歳 40歳 白髪が出てくる
7歳 44歳 シニア期
肥満に注意
9歳 52歳 老猫となる
10歳 56歳 歯が抜け始める
12歳 64歳 病気にかかりやすくなる
14歳 72歳 白内障などが出てくる
16歳 80歳 痴呆症が出てくる

アメリカンショートヘアに限らず、猫は人間と比べると成長が大変早い動物です。生活環境や個体差などによって、成長過程や時期に差はうまれますが、だいたい生後1ヶ月ほどで人間でいう1歳、生後1歳で人間の17〜20歳程度に相当すると言われています。1歳以降は、1年毎に4歳ずつ年齢を重ねていきます。

個体差にもよりますが、7歳でシニア期と呼ばれる時期に入ります。このころになると足腰が徐々に弱りだし、食欲の低下、体力の衰えなどがみられるようになり、白内障、痴呆などの病気を発症しやすくなります。

アメリカンショートヘアの平均寿命は16歳〜18歳と、猫種全体でみても比較的長生きをする傾向にありますが、体質や生活習慣によっては若くして病気を発症する子もいます。逆にシニア期に入っても若いころと変わらないほど健康的で、平均寿命に到達していても大変元気なアメショーも存在しています。

アメリカンショートヘアに限らず、猫の健康寿命は生まれもった体質と、生活習慣や生活環境が大きく関係をしていますので、できる限り愛猫に長生きをしてもらうために、ストレスのない健康的な生活を送らせてあげるように努めましょう。

アメリカンショートヘアの子猫の体重推移

子猫の体重推移グラフ

アメリカンショートヘアは筋肉質で骨格がガッチリとしている猫種であるため、子猫時代はしっかりと体を作るために高たんぱく質、高栄養価の食事を心がける必要があります。

そのため、アメショーは他の猫種の子猫と比べて成長が比較的早く、体重の推移も大きくなりやすいのが特徴です。上記の図はあくまでも目安であり、アメリカンショートヘアの子猫の平均体重をまとめたものです。個体差はありますが、このように体重が変化していくということを覚えておきましょう。

生まれてすぐは手のひらほどのサイズしかなく、体重も100g程度しかございませんが、生後3ヶ月ほどで体重は10倍の1~1.5Kgほどになります。そこから3ヶ月毎に1〜2Kgずつ増えていき、ちょうど1歳になるころには体重は4〜6Kgに到達します。

アメショーは大変食欲旺盛であるため、太りやすい傾向にあります。そのため1歳以降は体重増加に気をつけながら食事管理をしっかりと行ってあげるようにしましょう。

関連記事
アメリカンショートヘアの体重についての注意点
アメリカンショートヘアの体重についての注意点

アメリカンショートヘアは他の猫種と比べて好奇心旺盛で活発、運動好きです。しかしその反面、アメリカンショートヘアは食欲も旺盛なので体重が増えやすく、肥満に注意が必要な猫種です。今回は、アメリカンショートヘアの年齢ごとの平均体重や、食事管理のポイントなどを解説していきます。しっかりと体重を管理して愛猫が肥満にならないように気をつけましょう。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの性格

  • 人懐っこい
  • 賢い
  • 優しい
  • 好奇心旺盛
  • 活発
  • 明るい
  • ムードメーカー

アメリカンショートヘアが世界的に人気の猫種となっている理由は、この魅力的な性格が関係していると言われています。大変フレンドリーで人懐っこく、大人でも子供でもお年寄りでも良好な関係を築ける社交性の高さを持っています。

また、人間だけではなく犬や猫はもちろん、他の小動物とも仲良くなりやすいため、元々ペットを飼っている場合でも安心して迎え入れられるのも特徴です。

またアメショーはとても賢い猫としても知られており、初心者でも比較的しつけがしやすいと言われています。他の猫と比べて無駄鳴きが少なく、マンションで飼育をしてもまわりが気にならないというのも現代の生活スタイルに合っていると言えます。

さらに、持ち前の明るい性格によって家族を常に楽しませるムードメーカー的な存在にもなってくれるのも魅力の1つ。好奇心旺盛で活発なため、飼い主や他の同居ペット達と遊ぶのが大好きなのも一緒に生活をしていて楽しいと感じるポイントです。

性別による性格の違い

オスの性格

アメリカンショートヘアはとにかく性格が明るく、オスでもメスでも大変フレンドリーで飼いやすいと言われています。ただ、オスの方が甘えん坊でやんちゃな傾向にあるようです。飼い主家族と遊ぶのがとにかく大好きで、持ち前の好奇心で活発に動き回る個体が多いと言われています。

メスの性格

メスもフレンドリーでとても明るい個体が多いですが、オスに比べるとやや神経質な個体が多く、活発に遊ぶのも好きですが1匹でのんびりと過ごす時間も大切にしたいと思っている個体が多い傾向にあるようです。

ただ、猫の性格は育った生活環境や生まれ持った個体差によって大きく変わると言われていますので、あくまでも参考程度に覚えておきましょう。

アメリカンショートヘアの性格がわかる動画

アメリカンショートヘアはとても明るいだけではなく、穏やかで優しい一面があるのも魅力的です。猫らしい猫と言われるだけあり、自由気ままに毎日を送る姿は見ている人を笑顔にしてくれる魅力があります。また、子供にもフレンドリーに接してくれるためファミリー層にも人気の高い猫種なのです。

関連記事
アメリカンショートヘアの性格8つと特徴、飼い方
アメリカンショートヘアの性格8つと特徴、飼い方

アメリカンショートヘアはどのような性格をしているのでしょうか?アメショーと呼ばれることも多い「アメリカンショートヘア」ですが、狩りが得意で好奇心旺盛な性格から昔はネズミ捕りのプロとも言われていたのです。今となってはペットとして飼われていることがほとんどだと思いますが、昔はネズミや蛇の駆除を目的とするために選ばれることもしばしあったようです。そんなアメリカンショートヘアの性格を、私が知る限りお教えしたいと思います!!

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの毛色

シルバータビー

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘアと言えば、シルバータビーを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?シルバーのベースカラーに黒の渦巻き模様という、大変特徴的な被毛パターンはアメショーの代名詞ともいうべきカラーです。シルバータビーのアメリカンショートヘアの額には「M」の形に似た模様が入るのも特徴です。

レッドタビー

アメリカンショートヘア

レッドと呼ばれる赤茶色のタビー柄がとても特徴的なレッドタビーもポピュラーな柄だといえます。ホワイトのベースカラーに明るい赤褐色のブラウンカラーがとてもかわいらしく、茶トラによく似ていることから世界中で人気を集めている被毛パターンです。

ブラウンタビー

ブラウンタビー

焦げ茶色に近いベースカラーに、黒のタビー柄が入っているブラウンタビーはアメリカンショートヘアの中でも少々珍しい被毛カラーとなっています。

基本的に、シルバータビーがメジャーであるためブラウンタビーのアメショーをペットショップで見かけることはあまりないと言われています。

しかし、その反面人気の高いカラーでもあるため、仮にペットショップで見つけた場合は、早めに検討をするのがおすすめです。

カメオタビー

カメオタビー

約100種類近くあると言われているアメショーの被毛カラーの中でも非常にレアな毛色として知られているのがカメオタビーです。一見するとレッドタビーのように見えますが、根元のほうにホワイトカラーがあるため、レッドタビーよりも柔和なイメージなのが特徴です。

パッチドタビー

パッチドタビー

数あるアメリカンショートヘアの被毛カラーの中でも一風変わった被毛パターンのパッチドタビー。タビー柄の中に赤茶色や黄色っぽい不規則なパッチ模様が入っている、独特な見た目をしています。アメショーでも、個性的な被毛カラーの子を迎え入れたいという方におすすめのカラーパターンです。

関連記事
アメリカンショートヘアの毛色!人気カラーや性格・特徴の違い
アメリカンショートヘアの毛色!人気カラーや性格・特徴の違い

不動の人気猫種「アメリカンショートヘア」は毛色が沢山ある猫でもあります。その数、実に70種類以上と言われています。アメリカンショートヘアは異種の猫と交配をしてきた為に遺伝子疾患が少なく丈夫な子が多いのですが、同時に様々な毛色も作り出してきたようです。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの子猫の値段・相場

ペットショップ ブリーダー・キャッテリー 里親
約5〜30万円 約8〜30万円 2〜4万円(医療費のみなど)

アメリカンショートヘアは個体差によって価格が大きく異なる猫種です。大変人気のある猫種であり、ブリーダーも全国各地に存在しているため月齢や容姿などによっては、10万円以下で販売されていることも珍しくはありません。

また、純血種は基本的にあまり里親募集をされることは少ないのですが、その中でも比較的多いのがアメショーだと言われています。これも、日本で大変人気の高い猫種で飼育されている個体数が多いことが関係していると言えるでしょう。

価格差が生じる理由

アメリカンショートヘアは価格差が生じやすい猫種でもあります。この値段の違いが現れる要因としては、さまざまな理由が考えられますが大きく関係しているのは血統と被毛カラーだと言われています。

アメショーの子猫でも、両親猫がチャンピオンタイトルを獲得している場合は高額な値がつけられる傾向にありますし、大変有名なブリーダーの元で繁殖された子猫は50万円以上の値がつくこともあります。

また、あまり見かけることがない希少性の高い被毛カラーの子猫も高額になりやすい傾向にあります。

逆に繁殖元がはっきりと分からないような子猫であったり、生まれつき体が弱い個体や、遺伝性疾患を抱えている個体は、安価で販売される傾向にあります。

あまりにも相場よりも安く販売されているアメショーを見かけた場合は、その理由についてブリーダーやペットショップのスタッフに聞くようにしましょう。

関連記事
アメリカンショートヘアの値段と飼うのに必要な費用
アメリカンショートヘアの値段と飼うのに必要な費用

初心者でも飼いやすく、体も丈夫な子が多いことから安定した人気のある「アメリカンショートヘア」。毛色の種類がとても多いので、どの子が良いか迷ってしまいますね。果たして、アメリカンショートヘアを飼うにはどの位のお金がかかるのでしょうか?アメリカンショートヘアの購入時の値段や用意するグッズの値段、また生涯で必要な医療費の値段など諸費用をまとめてお伝えしていきます!

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの子猫の迎え入れ方と選び方

ペットショップ

アメリカンショートヘアは大変人気の高い猫種であるため、猫を取り扱っているペットショップであれば大体販売されています。

ペットショップからアメショーを迎え入れるメリットは、店頭で直接子猫と気軽に触れ合えるという点と、購入すればすぐに連れて帰れるという点、さらに子猫を購入時に飼育に必要なグッズを一緒に手に入れられるというのも大きなメリットです。

ただし、ペットショップで販売されている子猫は実際にどのようなブリーダーの元で繁殖されたのかがわからず、場合によっては劣悪な環境で繁殖された子猫が販売されている場合もあります。

悪質なブリーダーの元で生まれた子猫は遺伝性疾患を抱えていることが多く、迎え入れた直後に残念な結果になることも珍しくはありません。

健康的な子猫を迎え入れるためにも、ペットショップで購入をするときは子猫の健康状態とペットショップの信頼性を十分に見極めてから検討をするようにしましょう。

また、あまりにも安い子猫を見かけたら健康状態や安い理由について店舗スタッフにしっかりと尋ねるようにしましょう。アメリカンショートヘアをペットショップから迎え入れたいとお考えの方は、下記におすすめのショップをご紹介しておきますので参考にしてください。

関連記事
猫をペットショップで購入するメリットや注意点
猫をペットショップで購入するメリットや注意点

ペットショップに行くとショーウィンドウに様々な猫種の子猫達が私達の事を出迎えてくれて、見ているだけでとても楽しくなってしまいますよね。今回は、ペットショップで猫を購入する際に覚えておきたい事を、「メリット」と「デメリット」に分けて詳しく紹介してみたいと思います。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

ブリーダー

健康的なアメショーの子猫を信頼できるブリーダーから迎え入れたいのであれば、直接ブリーダーやキャッテリーから迎え入れる方法がおすすめです。アメリカンショートヘアは日本でも大変ポピュラーな猫種であるため、全国各地にブリーダーが存在しています。

アメリカンショートヘアをブリーダーから直接迎え入れるメリットは、子猫が生まれ育った生活環境や両親猫の健康状態を、猫舎を直接訪問し自分の目で確認ができるという点です。

また、ブリーダーから直接迎え入れた場合、実際に飼い始めた後も飼育方法や健康状態についての相談に乗ってもらえるというアフターフォローがしっかりとしていることが多く安心です。

デメリットとしては、ペットショップから購入する場合よりも生体価格が少々高額になりやすいという点と、ペットショップよりも敷居が高く感じてしまう点があげられます。

また、全国各地にブリーダーが存在しているとは言っても、地域によってはブリーダーが見つからず遠方まで出向く必要があるというのもデメリットと言えるでしょう。

ただ、大切な家族としアメショーを迎え入れるのであれば、やはり信頼できるブリーダーかどうかを自分で見極める方が安心です。

今回は、アメリカンショートヘアのブリーディングを行っているおすすめのブリーダーをご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事
猫をブリーダーからお迎えする時のポイント
猫をブリーダーからお迎えする時のポイント

猫を家族に迎える方法のひとつに、ブリーダーさんを通して譲ってもらうという方法があります。見学をすることで子猫の性格が分かったり、気軽に猫についての相談にのってもらえるなど、メリットがたくさんあります。しかし、中には悪徳ブリーダーもいるので、注意が必要です。猫をブリーダーから迎えるときの注意点、選び方を紹介します。

  • 猫を飼う前に
  • 猫の選び方

里親

日本全国でも見ても、大変飼育数が多いアメリカンショートヘアは他の猫種と比べて里親募集がされやすい猫種です。里親として出されるアメショーは成猫がほとんどであり、子猫はごく稀だとは思いますが、その分生体代がほとんどかからず、負担をするのは医療費やワクチン代のみであることが多いです。

そのため、購入をするよりも大変リーズナブルに迎え入れられます。さらに、里親募集をされているアメショーの多くは、なんらかの事情で飼い主と離れなければならなかったり、捨てられたり、保健所に持ち込まれたりした不幸な猫達です。

運が悪ければ、そのまま殺処分をされてしまうかもしれない猫達を迎え入れることで、猫の命を守ることにもつながるというメリットもあります。

デメリットとしては、「子猫譲ります」といいながら高額な金額を請求したり、お金を受け取ったのにも関わらず、子猫を引き渡さない「里親詐欺」を働く人も存在しています。

また、里親として出されているアメリカンショートヘアの中には、劣悪な環境で虐待をされて育ったことにより、心に大きな傷を負っている非常にデリケートな個体も存在しています。

そのようなデリケートな猫と信頼関係を築くためには根気と長い時間が必要になります。リーズナブルにアメショーを迎え入れられるからという理由で、里親になってしまうと後悔をすることもありますので、十分に考えてから決断をするようにしましょう。

里親としてアメショーを迎え入れたいと考えている方は、下記に里親募集サイトをご紹介しておきますのでぜひチェックをしてください。

関連記事
アメリカンショートヘアの里親になる方法と注意点
アメリカンショートヘアの里親になる方法と注意点

アメリカンショートヘアは大変人気の猫種でペットショップに行けば必ずと言っていいほどアメリカンショートヘアが販売されています。そんな需要も人気も高いアメリカンショートヘアの里親についてご紹介します。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの飼い方

環境

アメリカンショートヘアはとても活動的で、遊ぶことが何よりも大好きな明るい猫種です。そのため、室内でも十分に遊べるスペースを用意してあげるように心がけましょう。

また、人間と遊ぶことが大好きで、自分で猫じゃらしを持ってきて遊んでとおねだりをする子もいます。そのため、最低でも1日のうちで10〜15分程は遊んであげるようにしましょう。

室温管理

アメリカンショートヘアは短毛ではありますが特別寒がりというわけでもなく、かと言って暑がりというわけでもありません。そのため、猫にとって適温だと言われている23〜28℃の室温を目安に調整してあげるようにしましょう。

エアコンを使って室温管理をすると便利でよいのですが、温度設定を間違えてしまうと寒すぎると感じてしまったり、逆に暑すぎて熱中症の原因となることもありますので注意をしましょう。

また、エアコンの効いているお部屋を閉め切ってしまうと、猫自身が温度調節ができなかったり、留守番中にエアコンが何らかの理由で停止してしまったときに、熱中症などの原因となることもありますので、できるならばエアコンをつけている部屋と窓を開けて室温調節をしているお部屋と行き来できるように工夫をしておきましょう。

しつけ

大変賢く、しつけもしやすい猫種ではありますが、あまりにも厳しくしつけてしまうとストレスを抱えてしまう可能性があります。アメショーに限らず猫はストレスに大変弱い動物であるため、飼い主に怒鳴られたり、体罰を与えられてしまうと心が傷ついてしまい思いもよらない病気の引き金となってしまうこともあります。

しつけを行うことは大切ですが、叱るときは短くわかりやすいことばを使い、時間も短くするように心がけましょう。

お手入れ

アメリカンショートヘアは短毛の猫種ではありますが、寒い地域でネズミハンターとして活躍していた過去を持つため、被毛の密度が高く抜け毛が多い猫種として知られています。

そのためスキンシップも兼ねて1〜2日1回程度ブラッシングをしてあげるのがおすすめです。またシャンプーは汚れているようであれば年に1〜2回行ってあげるとよいでしょう。

ただし、水に濡れるというのは猫にとって大きなストレスとなりますので、無理に行う必要はないというのは覚えておきましょう。

関連記事
アメリカンショートヘアの飼い方のコツと注意点
アメリカンショートヘアの飼い方のコツと注意点

アメリカンショートヘア(アメショー)は可愛らしい見た目と人懐っこさから人気があり、日本では最もポピュラーな猫として名前が知られています。そのアメリカンショートヘアは飼い方も難しいわけではないとされているので、それも人気の要因の一つではないでしょうか。今回は、そんなアメリカンショートヘアの飼い方のポイントや注意点などまとめました。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアの子猫の飼い方

アメリカンショートヘアはもともと好奇心旺盛で活発な猫種です。そのため子猫時代は、少々いたずらをしてしまう傾向にあるようです。お留守番中にコードを噛んでしまったり、机や棚に置いている物を落としてしまったりと、子猫らしいいたずらをする場合も多いのだとか。

そのためアメショーの赤ちゃんを迎え入れたときは、いたずらをされては困るようなものを収納をするなど、事故を防止するように心がけましょう。

アメリカンショートヘアのお手入れ

ブラッシング

ブラッシングは抜け毛の多いアメショーのためにも、1〜2日に1回程度は行ってあげましょう。また、換毛期になるとさらに抜け毛が増えるためブラッシングの回数を朝晩の1日2回に増やしてあげるとよいでしょう。ブラシは少し硬めのものを用意してあげるのがおすすめですよ。

関連記事
アメリカンショートヘアの抜け毛の対策と注意してあげること
アメリカンショートヘアの抜け毛の対策と注意してあげること

アメショーの通称で人気のアメリカンショートヘア。色や縞模様が好き!というファンも多いはず。きれいな被毛ですが、実際に飼うと抜け毛が大変という声も。抜け毛の対策と注意してあげたいこと、知っていますか?

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

耳掃除

猫は基本的に耳掃除がほとんど必要ないと言われています。そのため、耳掃除は耳垢が気になる時に綿棒や柔らかいガーゼやコットンなどで軽く拭いてあげる程度でよいでしょう。

お手入れは頻繁にしなくてもよいですが、耳の疾患などがある場合は耳から嫌なニオイがするようになったり、耳が汚れるようになりますので1週間に1回程度はチェックをしてあげましょう。

関連記事
猫の耳掃除について その方法と注意点
猫の耳掃除について その方法と注意点

愛猫の耳掃除はしていますか?そもそも猫に耳掃除は必要なのか、やり方はどうしたらいいのか、迷う飼い主さんもいる事でしょう。猫の耳の中を覗くと奥の方に耳垢があるのが見える時がありますが、全てキレイにしようと思って綿棒を使ってガシガシやるのは御法度ですよ!それでは、どのように猫の耳掃除すれば良いのでしょうか?

  • 猫のお手入れ
  • その他のお手入れ

歯磨き

猫に歯磨きと聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、デンタルケアを怠ると歯周病の原因となります。歯周病は歯が抜け落ちてしまうだけではなく、内臓疾患の原因となることもあります。

歯ブラシを嫌がるようであれば、デンタルケアを行えるおやつやおもちゃを利用するなどの工夫をしながら定期的に行ってあげましょう。

関連記事
猫の歯磨きの正しい方法とその必要性
猫の歯磨きの正しい方法とその必要性

一昔前では、猫に歯磨きをする事など考えた事もない、という時代でした。最近はペットの健康管理の情報が増えているので、歯磨きする事を意識される方も多いでしょう。ですが、やり方が分からない・・・出来ない・・・という場合もありますよね!この記事では、基本的な歯磨きの仕方や、歯ブラシ以外の歯磨きの方法もお伝えします。是非、愛猫の健やかな生活の為、デンタルケアを行ないましょう!

  • 猫のお手入れ
  • その他のお手入れ

アメリカンショートヘアの食事の与え方

子猫

生まれた直後はミルクのみで生活をしていた子猫も、生後1ヶ月もすれば乳歯が生え始め離乳食に移行をしていきます。離乳時期は個体によって差がありますので、焦らず子猫のペースに合わせ食事を切り替えていきましょう。

アメリカンショートヘアは筋肉質でがっしりとした体型が特徴です。肩幅の広い、どっしりとした体型を作ってあげるためには、やはり子猫時代の食事は大切なものとなります。

筋肉質で健康的な体を作るためにも、高たんぱく質な餌を心がけるだけではなく、栄養バランスのとれた食事内容を心がけてあげるようにしましょう。

関連記事
子猫に与える餌の量 目安が分かる計算式をご紹介
子猫に与える餌の量 目安が分かる計算式をご紹介

子猫の餌の量、どのくらい食べさせたらいいのか分からない!とお困りではないですか?子猫があっという間に大きくなることは実際に猫を飼ったことがある人ならご存知でしょう。そして、その子猫たちの成長で重要なのが「餌」です。成長が著しい子猫に与える餌の量は成猫とは異なります。子猫の健やかな成長のためにも適切な餌の量を知って、健康な猫に育てましょう。

  • 猫の基礎知識
  • 猫の体

成猫

1歳になると大人の猫なりますので、餌も成猫用のものに切り替える必要があります。アメショーはとても食欲旺盛であるため太りやすい猫種であると言われています。

そのため、高カロリーな食事を与えてしまうと、すぐに肥満となってしまいます。肥満は体重の増加により足腰に負担を与えてしまうだけではなく、さまざまな病気の要因となってしまいます。

筋肉質な体をキープするために、高たんぱく質かつ、低カロリーの食事を心がけてあげるようにしましょう。

関連記事
猫の食事の与え方と気をつけるべき点
猫の食事の与え方と気をつけるべき点

人間と同様、猫にとっても食事は健康維持に大切な要素です。特に室内で飼われている猫は飼い主が責任を持って食事を管理する必要があります。ここでは猫の食事について、注意すべき点も踏まえて紹介したいと思います。

  • 猫が食べて良い物・悪い物
  • キャットフード

老猫

アメリカンショートヘアも7歳を迎えるとシニア期に突入をします。この頃になると食事量が減少するため、通常の餌からシニア用の物へと変更してあげる必要があります。シニア用の餌は、少量の食事でもカロリーや栄養素をしっかりと摂取できるものとなっています。

ただし、シニア用に切り替える時期については個体差があります。というのも、アメショーの個体によってはシニア期に突入しても食欲が衰えない子もいます。

そのような食欲旺盛な子に高カロリーな餌を与えてしまうと肥満の原因となりますので、シニア用の餌を与えるときは、様子を見ながら与えるように心がけましょう。

関連記事
老猫が食べやすい食事とおすすめのフード
老猫が食べやすい食事とおすすめのフード

猫はライフステージに合わせて食事を変えていく必要があります。老猫の食事はどのようにすると食べやすいのかまとめました。老猫といってもとても元気な子もいれば、食事に悩みがある子もいます。老猫におすすめのアイテムと手作りのごはんもご紹介します。

  • 猫が食べて良い物・悪い物
  • 全般・その他の食べ物

アメリカンショートヘアの飼育に必要なグッズ

トイレ

猫用のトイレにはさまざまなものがあります。全体を覆うカバータイプのトイレ、屋根がないオープンタイプのトイレや、コンパクトタイプのもの、多頭飼いでも広々と使える大きなトイレなど特徴はさまざまありますので、アメリカンショートヘアの使いやすそうなものを考えながら選んであげましょう。

トイレ砂

固まるタイプの砂、システムトイレ用の砂と大きく分けてトイレの砂には2種類あります。さらに、そこから砂の材質も分かれており鉱石、木材、シリカゲル、おからなどたくさんのものがあります。それぞれの猫砂にメリット、デメリットがございますので、使いやすさや愛猫の好みにあったものを選んであげましょう。

ケージ

一時的にアメショーを隔離したいときなどに便利なケージは、子猫のうちからハウスの代わりキャットタワーの代わりとして活用をしてあげるといざというときに、嫌がらずに使ってくれるため便利です。

ベッド

猫にとって、自分の居場所を確保することは大変重要なものとなります。そのため、ちょうど良いサイズで心地よい肌触りのベッドを用意してあげることは、アメリカンショートヘアが安心してくつろげる場所を用意してあげることになります。猫用ベッドにもさまざまな物がありますので、好みのものを見つけてあげましょう。

食器

最低でも食事用と飲み水用の食器が必要となります。一口で猫用の食器と言っても、大きさも形も材質も大きく異なるものがさまざまなメーカーから販売されていますので、食べやすく使いやすそうなものを選んであげましょう。

爪とぎ

ストレス解消アイテムとしてぜひご用意していただきたいのが爪とぎです。猫は爪とぎをすることで自分の縄張りを主張しますので、家具や壁に爪とぎをしてほしくない場合は複数個用意してあげることをおすすめします。

キャットタワー

活発で運動が大好きなアメリカンショートヘア。飼い主が不在のときでもたくさん運動ができるように、キャットタワーを用意してあげましょう。もし難しいようであれば、家具などを使って高低差のある場所に登り降りして遊べるような工夫をしてあげることをおすすめします。

キャリーバッグ

キャリーバッグはアメショーが暴れても壊れないような丈夫なものを用意してあげましょう。また、大きさも肩幅のある大柄な体型でも窮屈な思いをせずに使えそうなものを用意してあげるのがおすすめです。

首輪と迷子札

完全室内飼いの猫でも、ふとした拍子に脱走をしてしまうことがあります。そんなときに役立つのが迷子札です。迷子札がついた首輪をつけておけば、もしものときでも安心です。

首輪にもさまざまな種類のものがありますので、首につけていても負担にならないようできる限り軽量、かつ、安全性に優れたものを選んであげましょう。

関連記事
猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと
猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと

初めて猫を飼うとなると必要なものや準備しておくことなど知らないことが多くありますね。また、必要な物にはどのくらいの費用がかかるのか知っておくことも大切です。今回は、「猫を飼うのに必要なもの7選と準備しておくこと」について詳しくご紹介します。ぜひ初めて猫を飼われる際のご参考にしてみてくださいね。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

アメリカンショートヘアの飼育に必要な費用

初期費用

生体代 グッズ 予防接種 避妊去勢費 総額
10〜20万円 4〜10万円 1万円 2万円 20〜40万円

アメリカンショートヘアをどれくらいの価格で迎え入れるか、またはどれくらいの品質、どれくらいのグレードのグッズを用意するかによって、初期費用は大きく変わってきますが、目安としては20〜40万円程度と考えるほうがよいでしょう。

なお、里親制度を利用してアメショーを迎え入れた場合は、生体代がかからないことがほとんどであるため、初期費用を抑えることができます。

ただし、前述したように里親制度にもメリット・デメリットはございますので、よく考えてから行動をするようにしましょう。

毎年かかる費用

食費 日用品 病院代 保険料 生涯でかかる費用
3,000円 2,000〜5,000円 0〜1万円/月 300〜3,000円 130〜150万円

毎年かかる費用は、個体によって大きく異なります。どのような食事を与えるのか、日用品はリーズナブルなものを与えるのか、それともハイグレードなものを与えるのか、持病はないのかなどによって金額は変わりますので、上記の表はあくまでも目安として覚えて置いてください。

一般的に、生涯でかかる費用は1匹あたり130〜150万円程度と言われています。アメリカンショートヘアは病気をしにくい、比較的健康的な猫種だとは言われていますが、生きている限り病気をすることもあります。

猫は保険が聞きませんので、ペット保険に加入していない場合、10万円近くの治療費を請求される場合もあります。病気はどれだけ気をつけていても、発症をする可能性がありますので、予算はあらかじめ多めに用意をしてあげましょう。

関連記事
猫の維持費と初期費用~飼う前に知っておきたいお金の事~
猫の維持費と初期費用~飼う前に知っておきたいお金の事~

猫を飼う前に必ず考えておきたいのが、猫の初期費用と維持費です。猫を初めて飼う場合はどのくらいの費用が必要なのか、生涯でどのくらいの費用が必要なのか、二匹以上飼う場合はどのくらい維持費がかかるのかまとめたので参考にしてみてください。

  • 猫を飼う前に
  • 準備する物・事

アメリカンショートヘアがかかりやすい病気

多発性嚢胞腎

腎臓内にある体液が詰まった袋状のもの「嚢胞(のうほう)」が発生することで、慢性腎不全となる難病です。生後1〜2ヶ月ごろから嚢胞が形成され始めますが、少数であれば腎臓に大きな負担はかかりません。

しかし、大きくなったり数が多くなると次第に腎臓に負担を与え、最終的には腎臓機能が失われる事態に発展すると言われています。死にいたる可能性がとても高い病気であるため、注意が必要です。

糖尿病

糖尿病は、アメリカンショートヘアの寿命を縮める原因となるかもしれない、恐ろしい疾患です。

糖尿病を発症すると、さまざまな合併症を併発し失明、機能不全などを起こす他、最悪の場合は死につながる病気へと発展することもあります。糖尿病の原因として考えられるのはストレス、遺伝性の他にも、肥満などがあげられます。

関節疾患

肥満によって糖尿病のリスクが上がるだけではなく、関節に負担がかかる場合もあります。アメショーは肥満になりやすい猫種であるため、体重の急激な増加により関節炎や椎間板ヘルニアなどの関節疾患を引き起こしすいと言われています。

その関節疾患による痛みで、活動が低下し運動量が減ることでさらに肥満が悪化してしまうという、悪循環に陥る子も珍しくはありません。

関連記事
アメリカンショートヘアのかかりやすい病気と予防法
アメリカンショートヘアのかかりやすい病気と予防法

アメリカンショートヘアはその昔いろんな種類の猫と交配されてきたため、遺伝性の病気は少ないと言われています。しかし、生活習慣が病気につながることも…!アメリカンショートヘアはどんな病気にかかりやすいのでしょう?

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア

アメリカンショートヘアを飼っている有名人

【徳井義実(チュートリアル)】

  • 名前  :ミコライオ
  • 色   :レッドタビー

芸能界でも大変有名な愛猫家、お笑い芸人チュートリアルの徳井さん。そんな徳井さんの愛を一身に受けているのがアメリカンショートヘアの「ミコライオ」ちゃんです。とっても美ニャンで、徳井さんも徳井さんのファンもメロメロになっています。

【水川あさみ】

この投稿をInstagramで見る

メリクリ

水川あさみさん(@mizukawa_asami)がシェアした投稿 -

  • 名前  :ニコ
  • 色   :ブラウンタビー

人気女優の水川あさみさんの愛猫、ニコちゃんもアメリカンショートヘアです。とっても可愛がっている様子がSNSから伺えます。ニコちゃんのお誕生日には猫用のケーキまで用意されていました!愛されてますね。

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘアは17世紀にイギリスからアメリカ大陸へ入植する際に、長い船旅での食料をネズミから守るために船に乗せられた猫の子孫だと言われています。狩りがとてもうまく、利口だった猫たちはその後も人間たちの食料をネズミなどの害獣から守るために活躍をしました。

その後、特徴的な体の模様と愛らしい正確に注目が集まり、1900年の初期に「ドメスティックショートヘア」という名前でキャットショーに初登場しました。その後、改良が重ねられアメリカンショートヘアという名前に改名後、ごく一般的な猫種として定着をして生きました。

アメリカンショートヘアに似た猫の種類

ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘア

かの有名な童話、不思議の国のアリスに登場する猫「チシャネコ」のモデルだと言われている猫です。どっしりとした体と、大きくて力強い目が特徴の猫種です。愛想がよく、ちょっとドジなところが無邪気でかわいらしいです。

ヨーロピアンショートヘア

ヨーロピアンショートヘア

ヨーロッパのアメリカンショートヘア、またはブリティッシュショートヘアとも呼ばれる猫種で、見た目も体つきもアメショーにとてもよく似ています。

ヨーロピアンショートヘアの特徴は、アメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘアよりも体が細長く、全体的にスマートだという点です。まだ、発展途上中の猫種であるためこれから特徴が変わっていく可能性のある猫種でもあります。

ブラジリアンショートヘア

ブラジル初の猫種であるブラジリアンショートへアは、日本ではあまり馴染みのない猫種ではありますが、アメリカを中心に徐々に人気が出てきています。アメリカンショートヘアよりも細身で、シャム猫よりもたくましい体をしています。また被毛は短く、シルクのような滑らかさを持っているのが特徴です。

アメリカンショートヘアのかわいい画像

大人のアメリカンショートヘアの画像

翔ちゃん

アメリカンショートヘアの子猫の画像

まる

レッドタビーのアメリカンショートヘアの画像

まる

イケメンなアメリカンショートヘアの画像

みかん

アメリカンショートヘアのかわいい動画

アメリカンショートヘアのかわいい動画

アメリカンショートヘアの子猫の動画

アメリカンショートヘアの鳴き声がわかる動画

アメリカンショートヘアに関連するおすすめ記事

関連記事
アメリカンショートヘアの寿命と長生きのコツ
アメリカンショートヘアの寿命と長生きのコツ

アメリカンショートヘア(アメショー)は誰もが知っている有名な猫の種類だと思います。そのアメリカンショートヘアの寿命についてまとめてみました。そして、愛猫が長生き出来るように、飼い主がアメリカンショートヘアの寿命を伸ばすために気をつけたいことなどをまとめてみました。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア
関連記事
サバトラとアメショ4つの違う所
サバトラとアメショ4つの違う所

サバトラとアメショは柄や被毛カラーが似ている猫として知られていますが、その違いを詳しく教えてほしいといわれても困ってしまいますよね。確かにサバトラとアメショ似ていますし、柄や色もそっくりですがこの2匹は全く違います。本日はそんなサバトラとアメショの違いについてご紹介しましょう。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア
関連記事
アメリカンショートヘアが鳴き声を上げる原因は?噛み癖と鳴き声の対処法
アメリカンショートヘアが鳴き声を上げる原因は?噛み癖と鳴き声の対処法

一般的なイメージは、犬は鳴くが猫はあまり鳴かないのでは?と考えるのではないでしょうか。特に大人しく賢い性格のアメリカンショートヘアは、基本的に鳴くことは少ないのです。また、噛みつくような問題行動も珍しい猫種です。

  • 猫の種類
  • アメリカン・ショートヘア