猫のハーネスおすすめ商品や選び方、付け方まで

猫のハーネスおすすめ商品や選び方、付け方まで

猫は、犬のように散歩が必要なわけではありませんが、室内飼いの猫と一緒に外へ行けたらいいと思いませんか? 猫とお散歩がしたいという時に役立つのが猫用のハーネスです。ハーネスは、お散歩だけでなく、動物病院へ行く時や災害時にも便利なアイテムですよ。ここでは、猫用ハーネスのおすすめ商品や選び方、付け方をご紹介します。

2204view

猫にハーネスは必要?

草の上のピンクのハーネスを付けた黒猫

移動やお散歩にハーネスがあると便利

猫は犬と違い、散歩をする必要がありません。ですから通常、ハーネスを使用することはないように思います。しかし、猫でもハーネスがあると便利な時があるのです。

動物病院への移動時などは、キャリーバッグを使用することが多いでしょうが、待合室で逃げ出してしまったり。そんな時、ハーネスがあると逃げ出して暴れまわるなんてこともありません。普段、外に出してあげられない猫ちゃんを、散歩させてあげたいと思うこともあるでしょう。

また、お庭やベランダで遊ばせてあげたくても、猫はすぐにどこかへ行ってしまいます。ハーネスがあれば、猫が遠くへ行ってしまうこともなく、お散歩したり、遊ばせてあげることができます。

ハーネスは災害時に備えて持っておくと良い

ハーネスがあれば、災害時も役に立ちます。いざという時は、大切な猫ちゃんを、避難所に一緒に連れていくかも知れません。避難が長引いた時、猫をずっとキャリーバッグに入れたままというのは、かわいそうですよね。

かといって自由にさせておくわけにもいきませんし、キャリーから出したら猫がパニックになって逃げだしてしまうことも。しかしハーネスがあれば、猫をキャリーバッグから出してあげることができます。

ハーネスを付けていれば、飼い主さんと触れ合うことができ、猫ちゃんも安心できるでしょう。災害時の非常用として、ハーネスを用意しておくことをおすすめします。突然ハーネスを付けられると嫌がりますので、猫ちゃんを普段からハーネスに慣らしておくといいでしょう。

猫のハーネスの選び方

お店に並んだハーネス

猫にサイズが合うハーネスを選ぶ

猫用ハーネスは、猫の胴体に巻いて、そこにリードを付けて使います。胴回りのサイズは、猫によって違います。ハーネスが大きければ緩くて抜けてしまいますし、小さいと猫が窮屈で苦しいです。

猫の胴体のサイズに合ったハーネスを使用することが大切です。そのために、猫の胴回りのサイズをチェックします。メジャーなどで、胸囲(猫の脇の下、最も太い部分)を正確に測ってください。体重3~5キロ程度、標準の大きさの猫なら、胸囲は30~40センチほどです。

用途に合わせてハーネスを選ぶ

猫用ハーネスを使うのは散歩や、移動など外出する時がほとんどかと思います。首輪にリードを付けることもできますが、猫の首は犬よりも短いため、リードを付けると首輪が抜けてしまったり、無理に引っ張ることで気管支を傷めてしまうことがあります。

そのため、外出の際にはハーネスの方が安心です。ハーネスをつけてのお散歩をなら、首と胴の2箇所で固定するタイプのハーネスや、ベストタイプになっているハーネスがおすすめ。

どちらも種類があり、特にベストタイプはお洋服のようなおしゃれなものもありますよ。動物病院に行く時なども、キャリーバッグだけでは逃げ出してしまう恐れがあるので、ハーネスを併用すると安心です。移動だけの利用の場合は、着脱が簡単なハーネスを選びましょう。

猫のハーネスおすすめグッズ

赤い紐タイプのハーネスとリード

【Tona】猫ハーネス リード セット

【Tona】猫犬ハーネス ベスト 胸あて式 牽引ロープリードセット 首輪 胴輪
1,390円(税込)

商品情報
・背中にマジックテープがついた着脱式ハーネス

ベストが一体になったタイプの猫用ハーネスです。レッドのチェック柄のリボンがとってもキュート。ベストの裏地にはコットンを使用し、衝撃が吸収されるので猫への負担が軽く、高齢猫にもおすすめ。着脱は、背中のマジックテープでできるので簡単です。サイズ調整もできます。

しっかりしたバックルで、猫ちゃんが引っ張っても安心。リードの取り外しもワンタッチで楽にできます。通販のランキングでも人気の猫用ハーネスです。

THAIN 和柄猫用ハーネス リードセット

THAIN 猫 ハーネス リードセット猫のハーネス 猫のリードバックル 簡単脱着式抜けない調節可能
1,599円(税込)

商品情報
・サイズ調節可能な柔らかい素材の猫用ハーネス

紐タイプのハーネスですが、幅広のH型で、圧迫感がなく猫に負担をかけません。柔らかで手触りの良いプリント木綿の麻布です。胴体部分に付いているバックルで、首回り18~27センチ、胸囲22センチ~34センチまでサイズ調整もできます。和柄の花のデザインがおしゃれ。リードもハーネスと同じ和柄デザインです。

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード

Premier Come With Me Kitty イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリード
2,983円(税込)

商品情報
・飼い主と猫の快適さを考えたハーネス

オーソドックスな紐タイプの猫用ハーネスです。伸縮性のあるバンジーリードがセットになっています。お腹回りの2本のストラップは色分けされており、わかりやすく、着脱が簡単にできます。細かいサイズ調整も可能。イージーウォーク猫用ハーネス&バンジーリードは、獣医さんとの共同開発されたハーネスです。

猫の体に負担をかけないよう考えて、作られました。自動的にショルダーストラップが締まり具合を調整することで、ハーネスが外れにくい構造になっています。カラーは6色。猫ちゃんの個性に合わせて選べますね。

イラスト入りの着脱解説・トレーニングのコツが書かれた、詳しい解説書がつきで、ハーネスが初めてという猫ちゃんと飼い主さんにおすすめです。

SEHOO ハーネス 反射テープ

SEHOO猫リード ハーネス可愛い 抜けにくい 小型犬 胴輪 猫用胸当て散歩用 安全反射テープ(M)
1,379円(税込)

商品情報
・通気性が良く、夜光りにも反射するハーネス

裏地にクッションメッシュを使用した、通気性の良いベスト型ペット用ハーネスです。オックスフォード素材で、耐久性があり、手触りが良いです。猫や小型犬、中型犬にも使用可能。首回り・胸回りのサイズ調整ができます。

安全ロック機能で、猫が大きく動いても、ハーネスが外れにくくなっています。反射材を利用しているので、夜間のお散歩でも安心です。

Cantaloupe【カンタロープ】猫用 ピンクの天使 ハーネス リード付

Cantaloupe【カンタロープ】猫用ピンクの天使 レース ハーネス リード付胴輪 お出かけ お散歩
832円(税込)

商品情報
・ふわふわな優しい素材で作られたハーネス

とってもかわいい、天使の羽根がついたピンクの猫用ハーネスです。キルティングにレースが付いたベストと、天使の羽根にはビーズが付いています。背中のマジックテープで、着脱も簡単。取り外し可能なピンクのリードがセットになっています。

胸囲38~40センチ用で、標準的な猫のサイズです。ハーネスに慣れていないと、羽根やレースを引っ張ってしまうことがありますので、ハーネスを使ったことがある猫ちゃんにおすすめのアイテムです。

猫にハーネスをつける方法

ハーネスをつけてハートのクッションで寝る猫

猫をハーネスに慣れさせる

いきなり猫にハーネスを付けても、猫は嫌がって暴れます。逆に、猫が動かなくなってしまうことも。とにかく、慣れないうちはハーネスを付けることができません。まずは、猫をハーネスに慣らすことから始めましょう。

最初は、猫の近くにハーネスを置いてみて、ハーネスという存在に猫を慣らします。ハーネスに、猫のにおいをつけておくと、早く慣れてくれますよ。猫が使っている毛布にくるむなどして、においをつけておきましょう。次に、実際に猫にハーネスを装着してみてください。

ハーネスを猫に装着する

ハーネスには、付け方の説明書が入っています。ハーネスによって、付け方が異なりますので、必ず説明書で確認してください。まずは猫にハーネスだけを付けて、家の中で慣れさせましょう。リードはまだつけないでください。

ハーネスにリードをつける

ハーネスにリードを付けます。家の中でリードを持って実際に歩いてみましょう。この時、猫の様子をチェックして、ハーネスが抜けないか、サイズは合っているか、猫が苦しそうではないか、などを見ます。

猫も嫌がらず、リードをつけてスムーズに歩けるようなら外へ行っても大丈夫でしょう。ただし、猫が外へ行くのを嫌がるようなら無理に連れ出すのはやめましょう。

猫のハーネスの付け方を動画でご紹介


こちらは、首輪と一体型になっているハーネスの付け方です。猫の首が締まりきらないように配慮して素早く装着する事がポイントです。

まとめ

ブルーのハーネスをつけた猫の横向き

猫は、犬のように散歩が必要なわけではありませんが、愛猫と一緒にお散歩なんて、憧れてしまいますね。ハーネスを付ければ、猫ちゃんとお散歩することができますよ。

ハーネスは、猫の体のサイズにフィットするものを選び、猫を外に連れ出す前に、時間をかけてハーネスに慣らしましょう。猫用ハーネスは、動物病院へ行く時や、災害時にも役立つアイテムです。

紐タイプやベストタイプがあり、おしゃれでかわいいものもあります。いざという時のためにも、ハーネスを用意しておくといいですね。

30代 女性 ひなた

昨年の大阪の地震の時に、猫ちゃんのハーネスが役に立ちました!
日頃から外に出たがるのでハーネスをつけて中庭に出してみました。すると、嫌がることなく一時間ほどつけたままで喜んでいたので、買ってみて良かったなと思いました。
購入するときには、色んなハーネスを試しにはめることができるお店がいいですが、無い場合は猫ちゃんの胴衣を若干ゆるめに計って合うサイズを買いましょう。その時には必ずハーネスの調節のできるものを選びましょう。
キチキチでも可哀想ですし、ユルユルでも危険なので計測は二人くらいに協力してもらいしっかりと測りたいですね。