冬の毛に生え変わる季節!猫の抜け毛対策3選

冬の毛に生え変わる季節!猫の抜け毛対策3選

猫の抜け毛の時期は、たくさんの量の毛が抜けてしまうのです。猫の毛が生え変わる時期に向けて、抜け毛対策を紹介します。猫の体の負担を軽くしてあげましょう。

1605view

猫の抜け毛に3つの対策

白猫の抜け毛を持つ人の手

猫の換毛期は、毛の生え変わる季節に来ます。春から秋にかけて抜け毛が増えると言われます。その時期になると、いつもよりも、たくさん毛が抜けやすくなってしまいます。それでは、猫の抜け毛を手助けする対策を紹介してみましょう。

対策1こまめなブラッシング

猫の抜け毛対策に、ブラッシングは欠かせません。

猫には毎日ブラッシングをしてあげるものですが、抜け毛が多くなる時期は、朝と晩の2回が理想です。特に長毛種の猫は、短毛種に比べて毛が絡まりやすく、たくさん抜けてしまうので、こまめにブラッシングをしてあげるようにしましょう。

対策2シャンプーをする

猫のシャンプーは、好き嫌いがあるので難しい場合もあります。シャンプーに慣れていない猫には、ストレスになってしまうかも知れません。

シャンプーをするメリットは、ブラッシングできない、体に付いた毛も綺麗に洗い流せることです。ブラッシングよりも、大量に毛を取れることや、体を清潔にしてあげられるので良いとされています。

猫がお水を怖がる場合は、濡れたタオルで体を拭いてあげるだけでも、ある程度取り除くことができます。

対策3フードを変える

猫の換毛期の季節は、猫の体の中に毛玉が溜まりやすくなります。抜け毛の時期に合わせて、フードを毛玉対策できるものに変えるのもおすすめです。猫の毛玉が排泄物と一緒に出てくるので、吐いて出す負担も減ります。

猫はお腹に溜まった毛を上手くだせないと、毛球症になる可能性もあるのです。猫の体の負担を和らげてあげられると思います。

ブラッシングにおすすめなもの

ブラッシングされて気持ちよさそうな猫

猫の抜け毛対策は、一番効果があるのはブラッシングです。毎日ブラッシングするだけでも、かなり違います。ふだんからブラッシングに慣れておく方が良いと思います。

ブラシの種類

猫に使用するブラシは、コーム·ラバーブラシ·スリッカーブラシがあります。コームは、毛並みを整えたりノミを除去したりするときに使える、目の細かいブラシです。

長毛種の猫には、毛玉取りにコームを使う人も多いようです。ラバーブラシは、素材が柔らかく皮膚の弱い猫にも使いやすいです。猫の体にフィットするので、撫でている感覚で気持ちよさそうにしてくれます。

スリッカーブラシは、ブラシが長く先端が折れているものです。要らない毛をブラシに絡ませるので、取れやすいのが特徴です。

ファーミネーター

コームなどでブラッシングするだけでもいいのですが、ファーミネーターブラシを使うと90%もの毛が取れるそうです。力を入れなくても簡単にごっそり取れる優れたブラシです。

一度使うと手放せないと評判が高いです。お値段は高めですが、消耗品でもないので、ひとつ持っておくと便利なアイテムだと思います。

換毛期ではないのに毛が抜ける原因

体が痒くて掻いている猫

病気

病院に居る猫

猫の抜け毛は年中起こりますが、全体的に抜けて皮膚が見えなければ問題ありません。しかし猫の換毛期以外に、毛が大量に抜けたり一部分だけ抜けたりしてしまうのは、病気の可能性があります。

原因として、ホルモンバランス、アレルギー、皮膚炎、偏食などが考えられます。同じ部分をしきりに舐めて抜けたり、痒くてかきすぎていたり、自然に抜け落ちてしまうこともあります。

抜ける場所で病気や症状も変わってきます。

  • フケが出ている
  • 赤く腫れてプツプツしている
  • 痒がる
  • 痛がる
  • 気にしている

など、猫の症状がないかを、よく調べて見てください。

ストレス

顔を隠して寝る猫

猫の脱毛は、病気だけではなくストレスからくることもあります。環境の変化や、猫が安心できないときには、しきりにお腹などを舐め続ける症状があります。

まとめ

子猫をブラッシングしている女性

猫の抜け毛対策について紹介しました。ブラッシングと、月に一度のシャンプー、フードを毛玉対策用にするのがいいと思います。お風呂が嫌いな猫は、まめにブラッシングをしてあげるとか、お湯で体を拭いてあげるといいようです。

ブラッシングは、抜け毛対策だけでなく、血行が良くなりマッサージ効果もあるのです。猫が、換毛期以外に脱毛するのは、病気やストレスなどの注意が必要です。

人気のキーワード