猫にとっての飼い主ってどんな存在?

猫にとっての飼い主ってどんな存在?

飼い主さんにとっての猫は、かけがえのない存在でしょう。ちょっとでも具合が悪くなれば自分の事以上に心配してしまうし、姿が見えなくなればもう一大事です。でも、猫にとっての飼い主さんは?そう聞かれると、そういえば愛猫は、自分の事どう思っていてくれるのだろう?と疑問に思いませんか?そんな飼い主さんの疑問、解消しましょう!

4035view

猫にとって飼い主さんはどんな存在なのか?

グレーの猫を抱き上げてキスをする女性

猫にとってみると、飼い主さんとは一体どんな存在なのでしょうか?

その1 大きな猫

同じ視線でテーブルの上のご飯を狙う人と猫

子猫から育てた猫の場合、一緒にいる動物は自分の仲間だ、と思って育ちます。
ネズミやウサギでさえ、仲間だと思って生涯食べることはないのだとか。

ですから、子猫のときに迎えた猫は、飼い主さんのことを「大きな猫」だと思っている可能性が高いです。
もしくは、猫自身が自分は「人間」だと思っている可能性もあります。

実際、子猫の頃から周りが犬ばっかりで、犬に育てられたような猫は、自分のことを犬だと勘違いして、普通であれば猫はやらない、口呼吸をするようになる例があります。

成猫になって、人と接するようになった猫でも、「大きい猫」だと思っている、という説があります。体がやたらと大きいけど、でも敵ではない、という認識でいると考えられています。

その2 母猫

飼い主を見つめる生まれたばかりの子猫

猫の気分によっては、母猫の代わりだと思うときも。
猫の仕草で良く見られる、前足でのふみふみは、母乳を出すときの仕草です。

飼い主さんのお腹などでふみふみするとき、きっと猫の中では飼い主さんのお腹が、母猫のお腹に見えていることでしょう。
当時の気分を思い出して、思いっきり甘えていると考えられます。

このときの猫は、完全に自分の世界に浸っているので、邪魔しないでそっと見守ってあげましょう。

その3 兄弟猫

一緒に遊ぶ子猫と子供

遊ぶときやじゃれてくるときは、飼い主さんのことを兄弟猫のように思っているのでしょう。
一緒に遊んで楽しい存在、それも猫にとっては大切です。

忙しい毎日ですが、出来うる限り、猫との遊びにもお付き合いしたいものです。

その4 子猫

子供の上に乗る黒猫

時には、飼い主さんのことを子猫のように思うこともあるようです。

猫が獲った獲物をプレゼントしてくれる理由には諸説ありますが、一説には狩りがうまくできない飼い主さんのことを不憫に思い、代わりにとってきてくれるのではないか、というものがあります。

きっと母猫にでもなった気分で、飼い主さんのお世話をしてくれているのです。健気です!

その5 召使い

ベッドで眠る猫を撫でる飼い主

飼い主さんのことを、身の周りの世話をする、召使いだと思っている、という説も。
これには、うなずける飼い主さんも、多いのではないでしょうか?

甘えたいときだけ近くに寄ってくる、お腹が空いたときだけすり寄ってくるなど、猫様のわがままを文句一つ言わずに聞く、忠実な召使い。

猫好きな方は、そうやって猫に振り回されるのが嬉しい、という方が少なくないようです。

その6 友猫

人の手に手を乗せる猫

飼い主さんのことをルームシェアしている友達だ、と思っている可能性もあります。
猫には犬のような主従関係という概念がなく、皆平等な関係を築くからです。

もちろん、複数匹いる猫の中で「ボス猫」という存在はありますが、それ以外は皆、平等な立場なのです。
ですから飼い主さんのことも、友猫だと思っていそうです。猫にそう思われていても、嫌な気はしませんね。

その7 大事なヤツ

飼い主の足にしがみつく猫

単独行動を好むと思われがちな猫ですが、実は結構仲間思いだったりします。
もちろん、その猫の性格にもよりますが、仲間を心配する猫も、多いのです。

飼い主さんのことを仲間だと思っていれば、同時に猫にとって大切な存在でもある訳です。
いつもは素っ気なくても、本当は心の中では大事に思ってくれている、気まぐれな猫の態度には、そんな気持ちが見え隠れてしているような気もします。

まとめ

飼い主に抱かれているスコティッシュフォールド

気分屋の猫ですから、その時々で飼い主さんがどういう存在なのかも変わるのでは、とも考えられています。
あるときは友猫、あるときは母猫と、そのシチュエーションによって関係性が異なる可能性は十分あります。

願わくば、猫にとってもかけがえのない存在であってほしいものですが、そればかりは猫に聞いてみないと、分かりません。

ですが、きちんと信頼関係を築けているのであれば、飼い主さんのことは大切に思ってくれているでしょう。そう思って、愛猫との暮らしを楽しみましょう!

20代 女性 茶々

ほとんどの場合、下僕でしょう。
飴と鞭で躾けていると思います。

 アメ スリスリ、ゴロゴロ
 ムチ シャー!シャー!、無視

30代 男性 匿名

奴隷一択でしょ。

甘やかすと付けあがるけど、放置しすぎるとスネてしまうやっかいなヤツ。
それがニンゲンだにゃ。
人気のキーワード