猫草は必要なのか その理由と与える際の注意点

猫草は必要なのか その理由と与える際の注意点

猫に猫草は必要な物なのでしょうか?猫を飼っている人は、猫草をご存知だと思います。猫が食べる草を猫草と言い、猫のいる家には与えている人も多いかと思います。猫に猫草を与えるのはどうしてなのでしょうか?猫草について与える理由や必要な事をまとめました。

1275view

猫草は本当に必要なのか

猫草

猫に猫草は絶対必要ではない

結論から言うと、猫に猫草は特に必要ではないようです。
食べても食べなくても、どちらでも良いと言うことです。猫草を食べたからと言って効果が出る猫もいますが、猫草を食べなくても他の物で効果を表す猫もいるのです。
つまり猫草が必要なのかどうかは、猫の体質や性質により異なるとも言えるでしょう。

また猫草は、猫にとって嗜好品のようなもので、全ての猫が好むとは言いきれないため、絶対必要と言う訳ではありません。猫に与えて反応を見て、気に入れば与えてあげると良いと思います。

猫草ってどんな草?

猫草は猫が好んで食べる草なのでそう呼ばれています。
猫草はイネ科の植物で、ホームセンターなどで売られているものは燕麦(えんばく)が代表的です。他にも、コムギ、オオムギ、ワカバ等の種類も、猫草として用いられています。また、猫の嗜好性をそそるマタタビがあります。あれも植物の一種ですが、また別物の嗜好性として区別されます。

猫草を必要とする4つの理由

猫草を食べる猫

1.毛玉を吐くため

猫草が必要な理由として、猫草は猫のお腹に溜まって消化できない毛玉を吐くために食べていると言われています。草が胃をチクチクと刺激することで、お腹に溜まった毛玉を吐いて、スッキリさせたいので猫草を必要としているのかも知れません。

2.栄養補助

猫は自ら栄養不足と感じると、足りない栄養を補助しようとする習性があるので、猫草が必要なこともあります。例えば、トイレの砂を食べていたりするのも、栄養を補おうとしている行動のひとつです。

なので、猫草の葉酸に含まれるビタミンやミネラルを摂取して、栄養を補おうとしているのではないかと言われています。

3.便秘の予防

猫草が必要な理由として、肉食系の動物は便秘になりやすいとも言われています。
猫草は、お腹に溜まった毛玉も便と一緒に排出される効果もあります。猫草には燕麦が多く、別名オーツ麦として外国の人には健康食品として愛されています。

その中でも猫草は、食物繊維が多く含まれているので便秘を解消、予防するために必要なこともあります。猫は猫草を食べて便秘の予防や改善をしているのかも知れません。

4.嗜好品

猫が猫草を嗜好品として楽しんでいる場合必要があります。草の噛みごたえが好きだったり、口の中が気持ち悪くてスッキリさせたかったり、食感が好きで食べている可能性もあります。

また、猫草の味が気に入って食べている猫もいるようです。猫草を食べてストレスを解消させている場合もあり、猫草を必要としているのかも知れません。

猫草を与える際の注意点

嘔吐しそうな猫

食べ過ぎに注意する必要がある

  • 何本、又は量を決めておく
  • 毎日与えない
  • おやつとして与える
  • ご飯に混ぜる

猫草を癖のように食べてしまう猫に注意しましょう。食べると止まらない猫もいるようです。猫草は食べる量を決めて与える必要があるようです。

新鮮な猫草を与える必要がある

また、猫草は新鮮な物を与えるようにしてください。枯れてしなしなになったり、変色していたりしないように、水やりと日当たりに注意して管理しましょう。

猫草を与えた後の猫をしっかりと観察する

猫草を食べ過ぎて、嘔吐できない、便として排出されない猫もいます。
猫草を食べ過ぎると腸に詰まってしまい、危険になることも考えられます。大体の猫は、そうなる前に何らかの方法で排出するようですが。猫の身体には植物を消化する機能が備わっていません。

また、猫草を食べて吐きすぎてしまうのも危険です。吐くと言う行為は身体にとても負担がかかります。喉、胃、食道の粘膜を傷つけるなど体調を悪化させてしまいます。

特に、子猫やシニア猫は胃が弱いことも考えて与えていく必要があります。何度も吐きすぎていないか、下痢をしていないか等をしっかりと観察していきましょう。

猫に危険な植物は与えない!

猫草以外で人間と同じ植物を猫が食べてしまうと死に至ることもあります。
猫にとっては有害な植物が存在します。ネギ科、ナス科、バラ科、ユリ科などは、猫が食べると危険な植物です。

猫草を食べてストレスを解消している猫は、猫草を食べられないと他の猫草になるものを探してしまいます。家の中で猫が食べると危険な物はしまっておくようにしましょう。

猫草は必要なのか?についてのまとめ

猫草の香りを嗅ぐ猫

猫にとって猫草が必要なのかということについては、どちらでも良いということです。
毛玉対策や栄養補給は猫草である必要がある!と言うこともなく、フードだったりブラッシングだったりでも対処できるからです。

猫草を食べて毛玉をうまく吐く猫もいれば、吐かない猫もいます。つまり、猫草を食べなくても、ちゃんと毛玉を吐く猫もいるのです。

猫草を目の前にしても反応しない猫もいます。喜んで食べる猫には猫草を与えてあげればいいし、食べなくてもおかしいことではないと理解しましょう。

猫草を食べる猫は草に栄養があるとわかっていて食べているので、体調が悪いときに食べようとします。いつもよりも猫草を食べたがったり、食べる量が増えたりしたら注意が必要かも知れません。食欲や元気があるかどうか、いつもと違い異常がないかをチェックしましょう。

人気のキーワード