猫の口から牙がはみ出てるのは大丈夫?

猫の口から牙がはみ出てるのは大丈夫?

猫は、いわゆる「牙」と呼ばれる犬歯を上下左右に1本ずつ、計4本持っています。この牙が、たまに口からはみ出している猫がいるのですが、これは大丈夫なのでしょうか?何か原因があって、牙がはみ出してしまうのでしょうか?猫の口から牙がはみ出している事について、お伝えしていきます。

1212view

猫の口から牙がはみ出る原因は?

牙が出ているハチワレ猫

猫の口から牙がはみ出る原因を、見ていきましょう。

  • 牙が長い
  • 不正咬合
  • 生え変わり
  • 老化
  • ケガ
  • 歯周病

1 牙が長い

二本の牙が出ている長毛猫

元々牙が長くて、ちょっとはみ出てしまっているのかもしれません。比較的オス猫に良く見られるようです。この場合は特に問題がある訳ではありませんので、そのままにしておいて大丈夫でしょう。

まれに、まるで吸血鬼のように、牙ががっつりと伸びる猫もいるのだとか。ですがそのようなことは猫ではあり得ることで、特に異常ではないそうです。もし心配な場合は、かかりつけ医の診察を受けるのが、一番です。

2 不正咬合

獣医師に診察される猫

遺伝や、乳歯が抜けずにそのまま残ってしまう乳歯遺残などが原因で、噛み合わせがおかしくなっている可能性があります。噛み合わせが正常でないと生活に支障をきたしてしまいますので、適切な治療が必要になります。

3 生え変わり

大きなあくびをする子猫

子猫は生後3週〜2か月くらいまでに、乳歯が永久歯に生え変わります。このとき、抜けそうになった乳歯が、はみ出て見えることがあるでしょう。

4 老化

口をあけて鳴く猫

猫が老化してくると、人と同じで歯が抜けることがあります。抜けそうになっている状態の牙が、はみ出して見えるのでしょう。

5 ケガ

怪我をしている猫

何かしらの原因で猫がケガを負い、歯が抜けそうになっていることも考えられます。早めに治療してあげましょう。

6 歯周病

口の中を検査される猫

猫の口内トラブルで多いのが、歯周病です。3歳以上の猫の約8割が、歯周病にかかっていると言われています。歯周病になると歯茎が赤く腫れ、グジュグジュになってきますから、歯茎の化膿とともに歯もグラグラになり、牙が飛び出て見えるのでしょう。

歯周病は放っておいても治らずどんどんと悪化していきますので、必ず治療してあげてください。毎日の歯磨きが、歯周病予防に有効です。

愛猫の牙、折れた!という場合は?

口を開けている猫

猫の牙は顔の前面にあるため、ぶつけたときに折れやすい歯です。そして、固い物を噛んだときにもポッキリと折れてしまうことがあります。

もし愛猫の牙が折れてしまっても、基本的にはそのままで大丈夫です。ただ、愛猫が気にしていたり、何かいつもと様子が違かったりする場合は、動物病院を受診してください。

猫の牙が折れても大丈夫というのは、猫は人間のように、歯でご飯を噛み砕いている訳ではないからです。もちろん、牙は猫にとって獲物や外敵と戦うときの重要な武器なので、外で暮らす猫にとっては折れてしまうと痛手となりますが、完全室内飼いの猫であれば、特別困ることはありません。

ですから、万が一愛猫の牙が折れてしまっても慌てずに、愛猫の様子を見てください。

もしいつもと変わらない様子であれば、そのままにしておいてあげましょう。ただ、折れた牙の断面が、ギザギザで痛い場合があります。

そのときは、動物病院で削ってもらうこともできますが、全身麻酔が必要になりますので、良く考えた上で慎重に、行う必要があります。かかりつけ医に相談して、判断しましょう。

まとめ

牙が少し見えている猫

立派に生えた猫の牙。我が家の猫もたまに、閉じた口からちょっとだけ、牙の先端が顔をのぞかせているときがあります。

それが何だか、可愛らしいのですよね。牙がはみ出る原因はいくつかありましたが、ケガや病気が原因の場合は心配ですね。愛猫の可愛い牙、健康に保てるように飼い主さんが気をつけてあげてくださいね!

人気のキーワード