猫の寿命は何年?少しでも長生きしてもらうために出来る事

猫の寿命は何年?少しでも長生きしてもらうために出来る事

猫の寿命はどれぐらいだか皆さんご存じですか?いつまでも愛猫と一緒にいたいと考えている飼い主様はもちろん多いでしょうが、猫の寿命って果たして何年なのでしょう?ひと昔前からは猫の寿命は劇的に延びたとは言われていますが、具体的にどれほど寿命は延びたのでしょう?また寿命を延ばす方法とは具体的にどのようなものがるのでしょうか?今回は猫の寿命についてご紹介します。

2316view

猫の寿命はどれぐらい?

年老いた猫

猫の寿命の平均は16年

猫の寿命の平均は現在16歳と言われています。ひと昔前の猫の寿命の平均は室内猫でも10年と言われていましたので、そこから比べれば随分と猫の寿命が延びてきました。現在では猫の寿命が20歳を超える猫も珍しくはない世の中になってきました。

野良猫の寿命は3,4年

一方、野良猫の寿命の平均は3~4年といわれています。室内飼いの猫の寿命16年と野良猫の寿命4年では、猫の寿命に12年もの違いがあります。

飼い猫、野良猫の寿命で差がある理由

この飼い猫と野生の猫の寿命の差は、食べている餌の違いが大きな要因だと言われています。飼い猫の場合、餌はしっかりと栄養バランスが考えられたキャットフードを主食としていますが野生猫はキャットフードを食べることはなく、捕食した小動物や人間の残飯を食べます。

そのため栄養バランスが取れた食事を食べることはないだけではなく、傷んだ食べ物や猫にとっては毒の食べ物を食べることになります。この餌の差が猫の寿命に大きく影響しているのです。

さらに屋外での生活は、車などによる事故や、感染病などにより死に至る場合が多いのも猫の寿命に影響しているのです。実際に完全室内飼いの猫は外を自由に行き来できる猫よりも平均寿命が2年程長いです。このように猫にとって屋外は危険がたくさんあるのです。

猫の寿命を延ばす方法

年老いた眠る猫

猫の寿命のためには、栄養バランスの取れた食事を!

猫の寿命を伸ばしたいと飼い主なら皆さん思われるはず。

そんな愛猫の寿命を延ばすのにとても重要なのが良質な食事です。最近のキャットフードは猫に必要な栄養素をバランスよく取り入れた物が多く、手作りのご飯を愛猫に与えるよりもキャットフードを与えた方がいいという意見もあります。

実際に海外では猫のご飯は手作りする人はおらず、栄養バランスが考えられたキャットフードを与えることは常識となっています。また愛猫の寿命を延ばしたいと考えるならば、通常のキャットフードよりも良質なプレミアムキャットフードを与えるようにしましょう。

プレミアムキャットフードは、通常のキャットフードよりもお値段は高いですが、それだけの価値はあります。種類も様々なので愛猫の寿命を延ばしたいとお考えなら、愛猫にあったプレミアムキャットフードを探してみてはいかがでしょうか?

猫の寿命を伸ばすには人間の食べ物を与えない

食べ物は猫の寿命に大きく関係してきますが、その中でも人間の食べ物を与えている人は今すぐやめることをおすすめします。

人間の食べ物は、猫にとっては塩分が濃すぎたり、砂糖が使われていたりと猫の寿命を縮めるような食事内容になっているだけではなく、猫の寿命を縮めるような有害な食材が使われている場合もあります。

そのような食材を誤って摂取した場合、中毒症状を引き起こし猫の寿命を縮めるどころか、死に至る可能性もあります。どれだけ気をつけたとしても、猫にとって人間の食事を与えることにいいことはありませんので、愛猫の寿命の為にもやめるようにしましょう。

猫の寿命を伸ばすにはストレスのない生活

猫の寿命に関わる病気の原因にあると言われているのがストレスです。猫の寿命を延ばしたいと考えるならば、このストレスのない生活をさせてあげるのがとても猫の寿命を伸ばすためには重要となってきます。

室内飼いの猫の場合は運動不足によるストレスが溜まりやすいので、定期的に遊んであげるようにするほか、綺麗好きな猫のために、餌場や水飲み場は綺麗にしてあげる、トイレ掃除は小まめに行う、ストレスのかかるようなことはさせないようにしましょう。

猫にとってストレスのない快適な生活を送らせて猫の寿命が伸びるようにしてあげるようにしましょう。

猫の寿命を伸ばすための健康管理

愛猫の寿命を延ばす方法として気を付けたいのが愛猫の健康管理です。猫の寿命に関わる病気の原因は食べ過ぎや運動不足による肥満はもちろん、食の細い猫は痩せすぎにも注意をしなければなりません。

また、血尿、下痢などの異常はないか?風邪の症状は出ていないか?食欲はあるか?元気はあるか?といった健康チェックを毎日行う事が病気の早期発見に繋がり、結果愛猫の寿命を延ばすことになります。

重篤な病気を発症しても、毎日の健康管理で早期発見できるように注意して愛猫の寿命を延ばすように注意しましょう。

寿命が長い猫の種類

長生きな猫

今から猫を飼おうと思っている方が気になるのは「猫は種類によって寿命が違うのか?」ということですよね。結論からいうと猫の寿命は種類によって若干違ってきます。そこで、猫の寿命が長い種類を今回はご紹介します。これから猫を飼おうと思っている方は、ぜひ参考にして下さい。

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア

体が強くバランスの取れた猫種として有名なアメリカンショートヘアは病気が少ない為、寿命の長い猫だといわれています。もちろん個体差はありますが、長生きしやすい猫を飼いたいならぜひ猫の寿命が長い種類であるアメリカンショートヘアをおすすめします。

メインクーン

メインクーン

体の大きな動物はそれだけ寿命も長くなりやすいと言われていますが、イエネコ最大の大きさを誇るメインクーンも長生きしやすい猫種として知られています。猫の寿命は個体差や、生活習慣によって大きく変わってはきますが、猫の寿命を気にするならメインクーンを検討してみてもいいでしょう。

ミックス(雑種)

キジ猫

もっとも寿命が長いのは実はミックス、つまり雑種猫です。これは雑種猫は様々な猫種の血統が混ざっているため、免疫力が高く、先天性の疾患も出にくいためだと言われています。もし猫の寿命を気にするならば雑種猫を飼うのも選択としてはとてもおすすめですよ。

まとめ

眠る猫

猫の寿命は種類や先天性の疾患を持っているかによっても違いますが、生活習慣も大きく影響します。猫の寿命が短いと言われている種類の猫だとしても生活習慣さえ気を付ければ20年近く生きたという猫もいますし、長生きする猫でも10年程しか生きられなかった猫います。

猫の寿命は飼い主の心かげにかかっています。ぜひ愛猫の寿命を延ばす為にも生活習慣に気をつけてあげましょう。

人気のキーワード