猫のはんこを作れるお店3選

猫のはんこを作れるお店3選

猫のはんことは、名前の一部が猫になっているものや、猫のイラストが入っているものです。猫好きにはたまらない猫のはんこが、インターネットで発注できるお店についてご紹介します。

1349view

猫のはんこを発注できるお店

株式会社 城山博文堂

名前の一部が猫になった印鑑「ねこのはんこ・ニャン鑑」
おもしろMY印鑑 
http://www.inkan.name/nyan/

株式会社 城山博文堂で、名前の一部が猫になっている印鑑「ねこのはんこ・ニャン鑑」が購入できます。

名前の文字の一部を、自然な形で名前と猫が共存するように、文字のつくりに見合ったポーズをした猫に置き換えて、デザインしてあるものです。たとえば、「城山」であれば、城の文字の点部分が猫の足跡になっている、山の最後の画が立ち上がった猫になっている、といったものです。

この猫はんこのポイントは、デザインは控えめで、一見すると普通のはんこに見えますが、よ〜く見るとしっかり猫がいる!ということです。猫はんこを見た時に、文字の一部にいる猫を見つけた時のちょっとした感動や驚きも、この猫はんこの楽しみのひとつでしょう。

もう1つの魅力は、デザインを作ってもらってはんこを作成するため、唯一無二の自分だけの猫はんこが作成出来るということです。

実際の作成の流れは、まず案をいくつか考えて、良いものを提案してもらえます。それを確認した後、OKであれば、実際のデザイン作業に移ってくれます。

この猫はんこは、インターネット通販で購入することが出来ます。城山博文堂さんのウェブサイト「おもしろMY印鑑」の注文フォームから申し込みをします。

お値段は、浸透印タイプ(シャチハタ)が3,950円から、印鑑タイプが5,120円から(本柘製など)となっています。納期は図柄のデザインに約1週間、校正後に、加工して10日~2週間ほどかかります。

合計7,500円以上から送料サービスとなっていて、15,000円以上から代引き手数料もサービスになっています。

その他、名前と共に笑顔の猫のイラストが彫り込まれた印鑑「笑福ねこ印」も販売されています。こちらは好きなイラストを選び、そこに入れる名前と、印鑑本体の種類などを選んで注文することができます。

邪悪なハンコ屋 しにものぐるい

東京都台東区谷中3-11-15(谷中銀座商店街の中ほど)
http://www.ito51.com/

オフィスや日常に遊び心と個性を加えたら?というコンセプトで、たくさんのキャラクターの中、猫のイラスト入りのはんこが購入できます。

認印や、自分用のはんこ、家族用のはんこ、スタンプとしてなど、プライベートでもお仕事でも、使い方は様々です。

ホームページにて購入の場合には、カテゴリーの「猫好き」から、イラスト(デザイン)を選び、字体を選び、インクを選んで、必要項目を記入していきましょう。たくさんの手描きのイラストがなんとも言えないかわいさで、選ぶのに迷ってしまうことでしょう。

猫のイラストの種類も、キレる猫やふりかえる猫、ひっかく猫など個性的なものがたくさんあります。猫好きにとって魅力あるはんこが作れます。

はんこに入れる文字も、漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットが可能です。気軽にスタンプとしても、色々な使い道がありそうですね!ラッピングサービスもありますので、猫はんこをプレゼントにすることも出来ます。

お値段は、浸透印(シャチハタ)タイプが2,500円から、銀行印にも使える木彫りの印鑑が4,800円からとなっています。

猫柄の印鑑ケースも同じサイトから購入することが出来ます。猫はんこと一緒に使うと、かわいさとユルさが倍増で癒されること間違いなしでしょう。

送料は、全国一律350円で、7500円以上お買い上げの方は送料を負担してくれます。代引きの場合は送料全国一律600円(代引き手数料込み)となっています。

はんこの注文から受け取りまでは、1週間ほどが目安です。

谷中銀座に店舗面積が1.5坪ほどの実店舗がありそちらでも購入できます。ネット注文したものを受け取ることもできるそうです。

ハンコズ

http://dobutsu-zukan.com/

ハンコズという色々な生き物をモチーフしたはんこを作れるサイト内に、猫のはんこが注文できるページがあります。

ハンコズ ねこずかん

http://dobutsu-zukan.com/nekozukan

好きな猫のイラストを選んで名前を入れて作るタイプです。
種類は、黒水牛タイプ、木彫りタイプ、セルフインクタイプの3つがあります。

黒水牛タイプは漆黒色のはんこで、もみ皮ケースがついています。木彫りタイプにももみ皮ケース付きで、収納、持ち運びが便利です。お値段は税込3,000円となっています。

セルフインクタイプは、キャップもなく、すぐに押して使えるスタンプのようなはんこです。インク補充なしでも3000回は押せるとのことです。

インクの色は4色から選べます。はんこのボディの色は7色から選べます。お値段は税込1,500円となっています。

ハンコズのサイトにはさらに、こねこのはんこ「こねこずかん」や、浮世絵のような猫イラストのはんこ「五十三疋のねこずかん」が作れる商品もあります。

こねこずかん

http://dobutsu-zukan.com/konekozukan

五十三疋のねこずかん

江戸末期を代表する浮世絵師の歌川国芳が描いた「其のまゝ地口 猫飼好五十三疋」という作品の、猫を意匠化したはんこが作れます。
http://dobutsu-zukan.com/53_nekozukan

ハンコズさんの商品は、基本的に全品送料無料とあります。メール便でのポスト投函で送ってもらえます。宅配便での配達を希望した場合には、別途送料が税別で500円かかります。

猫のはんこは実印や銀行印にできる?

通帳とはんこ

猫がモチーフに使われていたり、猫のイラストが描いてあったりするはんこは、実印や銀行印として使えるのかどうか、気になりますよね。

猫のはんこは、銀行印としては使えますが、実印として登録できるかどうかは場合によります。銀行印としては、朱肉を使用する印鑑タイプであれば、ほとんどの銀行で登録可能だということです。念のため、使用したい場合には、使いたい銀行で問い合わせをしてみてくださいね。

実印として使用したい場合、印鑑条例によれば、「名前以外の情報があってはいけない」というものがあるため、イラストやマークが入ったものは使えません。また大量生産されたものも、登録できないようです。

城山博文堂さんのねこのはんこ・ニャン鑑であれば、印鑑タイプのもので、デザインによっては実印として登録できる可能性があります。

実際に印鑑登録されたわけではないようですが、表現が控えめなもので、一見猫とは気づかないようになっていれば、もしかしたら登録できるかも知れない、とのことです。

お住いの自治体にて、登録できるか問い合わせしてみると良いでしょう。

猫のはんこを作れるお店のまとめ

パソコンを見る猫2匹

城山博文堂さんも、邪悪なハンコ屋しにものぐるいさんも、ハンコズさんも、オリジナルの猫はんこがインターネットで手軽に作れます。どのお店も、はんこに対する愛情と、猫が好きという気持ち、そして猫が持つ魅力が感じられます。

家の印鑑は、銀行に通帳を持って行った時ぐらいで、使う機会が少ないのではないでしょうか。そんな中、宅配便の認印や、会社での自分の持ち物に押すスタンプとしてや、家でのお子さんの持ち物や連絡帳などに猫のはんこを使えたら、毎日がさらに楽しくなることでしょう。さらにデザイン次第では、銀行印やもしかしたら実印にも、猫がいるはんこを使用出来る可能性があります。

猫好きにとって、生活の色々な場面で猫柄のはんこを使えるのは、とても幸せなことですね。ぜひ、3つのサイトを訪れてみて下さい。

人気のキーワード