ブリティッシュロングヘアーの特徴と性格について

ブリティッシュロングヘアーの特徴と性格について

ブリティッシュロングヘアーはどんな猫でしょう?不思議の国のアリスで有名なチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアーがモデルだと言われています。その長毛バージョンがブリティッシュロングヘアーなのですが、つぶらな瞳にピンと尖った、形の良い耳がとても可愛らしい猫種です。ブリティッシュロングヘアーについて、詳しくみていきましょう!

1036view

ブリティッシュロングヘアーとは

煉瓦の壁の前にいるブリティッシュロングヘアー

ブリティッシュロングヘアーはまず、ブリティッシュショートヘアから始まります。古代ローマがイギリスを侵略した時に、エジプトより輸入された猫が元だと言われています。数世紀に渡りあまり猫種に変化はありませんでしたが、交配技術が発展するに従い1914年から1918年の間にペルシャとかけあわされ、ロングヘアーの猫が産まれました。

その後、2度の世界大戦を経てブリティッシュショートヘアーの数は減ってしまいましたが、それでも交配を続けていきました。その間にロングヘアーの子猫もたまに産まれたのですが、独立した猫種としては確立されませんでした。今ではブリティッシュショートヘアの仲間として、1つの独立した猫種と認められています。

ブリティッシュロングヘアーの特徴

歩いているブリティッシュロングヘアー

ブリティッシュロングヘアーは、どんな体の特徴を持っているのでしょうか?

笑ったような顔が特徴的なブリティッシュロングヘアー。大きく丸い目は、金色からカッパーが多いです。ポイントカラーのブリティッシュロングヘアーでは、目はブルーから深い緑をしています。ちょこんと付いた小さめの耳が、可愛らしさを演出しています☆

体格

がっしりとした体格のブリティッシュロングヘアーは、短くて強い四肢、厚くて幅広い尻尾など、全体的に力強い体をしています。体重は4kg~8kg程度の中型です。食欲が旺盛なので、食べさせ過ぎには注意が必要です。油断すると体重が増えやすいので、日頃から食事の量を管理するのと、充分な運動をさせると良いでしょう。

被毛

長い被毛はもつれないよう、毎日ブラッシングをしてあげると良いでしょう。換毛期にはお風呂に入れると抜け毛を取り除くことができます。できれば子猫の頃からお風呂に慣れさせてとくと良いのですが、どうしても難しい場合はお風呂以外のケアをきちんと行ってあげましょう。

ブリティッシュロングヘアーの性格

伏せているブリティッシュロングヘアー

ブリティッシュロングヘアーは友好的で優しく、あまり要求が強くありません。オスは楽天的、メスは少々真面目です。膝乗り猫にはなりにくいようですが、飼い主さんの側で昼寝をするのは好きなようです。

ブリティッシュロングヘアーはとても活発な猫とは言えませんが、遊ぶのは好きなのでおもちゃなどで一緒に遊んで、コミュニケーションをはかりましょう。抱っこをして運ばれるのは好みませんので、子供には床に降ろしたまま可愛がるようにさせた方が良いようです。

留守番は割と得意ですので、1匹でも飼い主さんの帰りをじっと待つことができます。もちろん個体差がありますので、愛猫の様子を見つつ、留守番させてくださいね。

ブリティッシュロングヘアーを手に入れる方法

2匹のブリティッシュロングヘアーの子猫

ブリティッシュロングヘアーは、日本でも比較的手に入れやすい猫種です。ペットショップやブリーダーで探してみましょう。相場価格は20万~30万円ですが、月齢によってもう少し安くなることがあります。ブリティッシュロングヘアーの里親募集はかなり少ないです。もし見つけた場合は即座に問い合わせをしましょう。

まとめ

遠くを見つめるブリティッシュロングヘアー

ブリティッシュショートヘアーも厚めの被毛でもふもふしていますが、ブリティッシュロングヘアーは更にもふもふ度合いが高いので、まるでクッションのようです!愛猫にもふっとして癒されたい方には、ブリティッシュロングヘアーは非常にオススメの猫種となっています。被毛のお手入れをきちんと行ってあげれば、いつでもふわっふわの、もっふもふが楽しめますよ♪

女性 ケロキ

ブリテッシュロングヘアーは歴史がある品種なんですね。2度の戦争があっても絶やさぬように大事にされてきたということですね。
ブリテッシュロングヘアーを見たことはなく、小さいイメージがあったのですが、体重が4kg以上なので実際に見たら大きいと感じると思いました。抱っこされるのが好きではないということで、機嫌を損ねてしまわないようにしたいですね。我が家の猫も抱っこされるのがあまり好きではなく、そのせいでキャットタワーの高い場所へ逃げてしまうことがあります。遊びに誘っても見向きもしてくれないです。ブリテッシュロングヘアーは長毛なので毎日のブラッシングでスキンシップに慣れてもらうようにするのもいいかもしれませんね。フワフワな体は抱っこしたくなりますね。

30代 女性 wata

ブリティッシュロングヘアーといえば、モフモフしているのにどこか上品で、姫や王子という言葉がピッタリですよね。性格も、とても温厚で、大人っぽく大人しい子が多いようです。こんなにも美しい猫種なのに、品種として確立されるまでかなりの時間を要したと知って驚きました。1900年代前半から存在していたのにも関わらず、猫登録団体のTICAに登録されたのは、2009年だと言います。

最近では、ペットショップはもちろん、SNS上等でもブリティッシュロングヘアーの愛猫ちゃん達をよく見かけるようになりました。インスタグラムで大人気のスムージーちゃんも、ブリティッシュロングヘアーですよね。ブリティッシュロングヘアーの愛猫ちゃん達は、まるでモデルさんのように上手にポーズをとって撮影してもらっている子が多いような気がします。上品な容姿がそうさせているのかもしれませんね。表情も豊かでとっても魅力的な猫種ですし、猫カフェ等でも会える事が出来るので、是非モフモフさせてもらいましょう♪

30代 男性 雪

ブリティッシュロングヘアは、品種として認定されるまでに非常に長い時間を要した為「遅咲き」なんて言葉で表現される事がありますが、その容姿はとても魅力的で、人気が出るのに時間が掛かった事に疑問が残る程ですね。

最近になって長毛種の猫に人気が集り始めましたが、昔は需要が少なかったのでしょうか。と言うのも、ブリティッシュロングヘア同様、長くに渡って存在していたものの、品種として認められなかった品種が他にもあります。それは、シャムの長毛種「バリニーズ」です。バリニーズは長毛であった為、シャムの出来損ないとまで言われ、安価でやり取りされていたようです。そんなバリニーズも、今ではとても人気のある品種ですよね。

ブリティッシュロングヘアの人気が高まると同時に、日本国内でもブリティッシュロングヘアのブリーダーが増えつつあります。他の品種に比べればまだまだそう多くはないものの、ブリティッシュロングヘアをお迎えする事に不自由はしないでしょう。価格についても、被毛の色や柄、顔つき等により前後はありますが20万円前後とそう高価ではありません。

日本ではまだまだブリーダーの数も少ないブリティッシュロングヘアですが、残念ながら既に里親募集されている子猫を見かけた事があります。先天性横隔膜ヘルニアを持っている事が発覚した事から、子猫を手放したいという人も居ました。命を迎えるという事は、先天性の疾患に関してのリスクも考慮してお迎えするべきですね。
人気のキーワード