飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

3件の書き込み

  • 1:ケロキ 女性 2017/11/12 01:00 [通報]

    ブリテッシュロングヘアーは歴史がある品種なんですね。2度の戦争があっても絶やさぬように大事にされてきたということですね。
    ブリテッシュロングヘアーを見たことはなく、小さいイメージがあったのですが、体重が4kg以上なので実際に見たら大きいと感じると思いました。抱っこされるのが好きではないということで、機嫌を損ねてしまわないようにしたいですね。我が家の猫も抱っこされるのがあまり好きではなく、そのせいでキャットタワーの高い場所へ逃げてしまうことがあります。遊びに誘っても見向きもしてくれないです。ブリテッシュロングヘアーは長毛なので毎日のブラッシングでスキンシップに慣れてもらうようにするのもいいかもしれませんね。フワフワな体は抱っこしたくなりますね。
  • 2:wata 女性 30代 2017/11/12 15:16 [通報]

    ブリティッシュロングヘアーといえば、モフモフしているのにどこか上品で、姫や王子という言葉がピッタリですよね。性格も、とても温厚で、大人っぽく大人しい子が多いようです。こんなにも美しい猫種なのに、品種として確立されるまでかなりの時間を要したと知って驚きました。1900年代前半から存在していたのにも関わらず、猫登録団体のTICAに登録されたのは、2009年だと言います。

    最近では、ペットショップはもちろん、SNS上等でもブリティッシュロングヘアーの愛猫ちゃん達をよく見かけるようになりました。インスタグラムで大人気のスムージーちゃんも、ブリティッシュロングヘアーですよね。ブリティッシュロングヘアーの愛猫ちゃん達は、まるでモデルさんのように上手にポーズをとって撮影してもらっている子が多いような気がします。上品な容姿がそうさせているのかもしれませんね。表情も豊かでとっても魅力的な猫種ですし、猫カフェ等でも会える事が出来るので、是非モフモフさせてもらいましょう♪
  • 3:雪 男性 30代 2017/11/24 15:25 [通報]

    ブリティッシュロングヘアは、品種として認定されるまでに非常に長い時間を要した為「遅咲き」なんて言葉で表現される事がありますが、その容姿はとても魅力的で、人気が出るのに時間が掛かった事に疑問が残る程ですね。

    最近になって長毛種の猫に人気が集り始めましたが、昔は需要が少なかったのでしょうか。と言うのも、ブリティッシュロングヘア同様、長くに渡って存在していたものの、品種として認められなかった品種が他にもあります。それは、シャムの長毛種「バリニーズ」です。バリニーズは長毛であった為、シャムの出来損ないとまで言われ、安価でやり取りされていたようです。そんなバリニーズも、今ではとても人気のある品種ですよね。

    ブリティッシュロングヘアの人気が高まると同時に、日本国内でもブリティッシュロングヘアのブリーダーが増えつつあります。他の品種に比べればまだまだそう多くはないものの、ブリティッシュロングヘアをお迎えする事に不自由はしないでしょう。価格についても、被毛の色や柄、顔つき等により前後はありますが20万円前後とそう高価ではありません。

    日本ではまだまだブリーダーの数も少ないブリティッシュロングヘアですが、残念ながら既に里親募集されている子猫を見かけた事があります。先天性横隔膜ヘルニアを持っている事が発覚した事から、子猫を手放したいという人も居ました。命を迎えるという事は、先天性の疾患に関してのリスクも考慮してお迎えするべきですね。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

人気のキーワード