猫に「服」は着せても良いの?メリットとデメリット

猫に「服」は着せても良いの?メリットとデメリット

可愛いデザインの服を着ている猫。とても愛らしいですね。猫に服を着せるのは、良いことなのでしょうか?そのメリットとデメリットを、お伝えしていきます。猫と服との付き合わせ方、チェックしていってください。

502view

保温効果

暖かそうな服を着た猫

服を着せることで、体温が保てます。特に無毛のスフィンクスなどの猫種は体温が逃げてしまいやすいので、着せた方が良い場合があるのです。ただ絶対に必要なわけではあります。ヒーターや毛布などでも代用できますので、猫に合わせた保温方法を選んであげましょう。

キズの保護

術後服を着た猫

術後やケガの治療後などに服を着せることで、キズの保護をすることができます。舐めてキズ口を壊してしまうことがあるからです。皮膚病の時にも役立ちます。

舐め防止にエリザベスカラーを付ける方法もありますが、動きや視野が制限されてしまう為にストレスが溜まりがちになってしまいます。どちらかといえば術後服の方が、猫はイライラせずに過ごせるようです。

たくさんの種類の服が販売されていますので、猫のサイズに合ったものを選んであげてください。手作りをする飼い主さんもいるようです。

動きを妨げる

海賊のコスプレの猫

デメリットとして挙げられるのが、猫の動きを妨げてしまうことです。服の種類にもよりますが、もし着せるのであれば動きやすい素材のものにしてあげましょう。

どこかに潜った際、引っかかって動けなくなる可能性もゼロではありません。猫に着用させた時はいつも以上に注意して見ておいてあげてください。

誤飲の可能性

おしゃれな服を着た猫

可愛い系の猫の服も多いです。飾りが付いている場合、気になって噛むなどして誤飲してしまう可能性も考えられます。安全性に配慮して、着せてあげるようにしましょう。

ファッション性の高いものはどちらかといえば写真撮影用などにして、着せて撮ったらすぐに脱がすと、それほど猫に負担をかけません。少しでも嫌がるそぶりを見せたら、無理には着せないことをおすすめします。

ストレスになる

服を着て不満げな猫

人間のように服を着る習慣がない動物ですから、ストレスを感じてしまう場合も。毛づくろいができなくなってしまうので、余計イライラしてしまうかもしれません。必要がある時のみ着せてあげてください。

猫は人以上に繊細な生き物なので、ストレスを感じると体調を崩してしまうことがあります。良かれと思っても本当にそれが合っているのかは、彼らの様子を見て判断しましょう。

まとめ

どれを着ようか迷う猫

服を着せることには、メリットもデメリットも存在します。ケガの保護など、必要な時のみに着せるのがベストなようです。

とはいえ、可愛い服を着てる猫は可愛いものです。嫌がらない範囲で時には写真撮影だけするのも、良い思い出作りになるのではないでしょうか?

スポンサーリンク