猫の飼い主に『適してない人』の特徴3つ

猫の飼い主に『適してない人』の特徴3つ

猫ちゃんを飼いたいと思っていても「適さない人」というのは存在します。自分は当てはまっていないかどうか、飼う前にぜひチェックしてみて下さい。

2675view

自分はどう?

女性と猫

ふわふわで可愛らしい仕草を連発する猫ちゃんという生き物を飼ってみたい、と思っている人も多いでしょう。しかし、どんなに飼いたいという気持ちがあっても飼う事に「適さない人」というのは存在します。それは猫ちゃん本来の「性質」と相性が悪く、飼ってもお互いに暮らしにくくなるという事なのです。見た目で飼いたいと先走るだけではなく、ぜひ一度チェックしてみて暮らしやすいかどうかを確認しましょう。

1.猫ちゃんの事を第一に考えられない

見つめる猫

猫ちゃんを飼ったとしても本人に「ペット」とか「飼われている」という認識はありません。むしろ「私のテリトリーに居させてあげる」という認識です。犬と違い人に合わせることを決してしませんので、その生活に合わせてあげられない人は猫ちゃんを飼うことに向いていないでしょう。

したいことはして、したくないことはしないという主義ですので、深夜に飼い主さんに遊んでというアピールをするかもしれませんし、嫌いなキャットフードは遠慮なく残します。飼い主さんが急いでいるときに限って膝に甘えてきたりもするでしょう。性格が悪いとか、飼い主さんを困らせたいという気持ちは一切なく、猫というのはそういう生き物なのです。飼い主さん側が合わせてあげることが必要でしょう。

2.費用の準備ができない人

お金と猫

猫ちゃんを飼うということは、生き物を飼うことになりますので当然費用がかかります。ペットショップで購入して猫を飼う場合は、いわゆる本体価格の他にワクチンの費用なども請求される事もあります。飼育グッズなども必要です。そのほかにキャットフードや猫砂といった消耗品など病院へ行くのに必要なキャリーケースやブラシトイレも買うことになるでしょう。

予期しない病気もありえますが、人間のように診療時にきく保険はありません。高額な治療代が請求される可能性もありますし、それに備えてペット保険に加入する人だっているでしょう。これらの費用は飼い主さんが負担しなくてはいけません。猫ちゃんの生活に合わせつつも、こういう懐事情の準備も備えなければいけません。

3.猫ちゃんに時間をかけられない人

時計と猫

一緒に暮らすには猫ちゃんと一緒に暮らす時間が必要です。ちょっとの時間でしたら猫ちゃんも留守番ができますが、多い頻度で出張に出かけて帰ってこられない人では面倒を見れません。

病気や体調の変化に気づけないですし、猫ちゃんもさびしがってしまいます。寂しいが原因でいたずらや体調不良になることもありますので、ある程度の時間を猫ちゃんとのコミュニケーションやスキンシップに割けられる人でないといけません。

まとめ

女性に抱っこされる猫

可愛いだけでは一生買飼うことは難しいです。最後まで面倒を見る覚悟が必要です。飼い主さんの生活パターンが変わっただけで、猫ちゃんにストレスを与えることになるのかもしれませんし、引っ越しなどがあればいつものテリトリーと違う環境に愛猫は混乱することもあるでしょう。そういうことも含めて面倒を見るという事を飼い主さんは認識する必要があると思われます。

スポンサーリンク