猫が愛情を受け入れた人にだけする仕草5つ

猫が愛情を受け入れた人にだけする仕草5つ

猫が、その人の愛情を受け入れた時だけにする仕草があります。それはどんな仕草でしょうか?気になりますね。猫とどれだけ打ち解けられたのか、確認する良い基準にもなるでしょう。チェックして行きましょう!

3567view

1. お腹を見せる

お腹を見せる猫

急所であるお腹を見せるのは、信頼しているからに他ありません。うかつにお腹を見せて攻撃でもされたら、命に関わる場合があるからです。

猫が突然コテンと転がりお腹を見せてきたら、完全に心を開いてくれたと思って良いでしょう。つまり、愛情を受け入れてくれた訳です。

とは言えお腹を見せても触って欲しい訳ではないようなので、この点は注意しましょう。もっふもふなお腹はついつい触りたくなってしまうのですが、触ると猫パンチが飛んで来る可能性があります。猫キックが炸裂することもありますので十分ご注意ください。

2. スリスリする

スリスリする猫

スリスリして来てくれたら、愛情を受け入れてくれた可能性が高いです。これは筆者の体験ですが、2番目に迎えた猫がまだ外にいた時、愛情が伝わったのか何度かの対面時に近くに来てスリスリしてくれました。きっと愛情を受け入れてくれたのだと思っています。

猫の性格によっては、直接飼い主さんにスリスリするのではなく近くの壁や家具などにスリスリする場合もあります。控えめな性格なのでしょうか?とにかく、人の近くでスリスリした場合は、愛情を受け入れてくれたと思って良いのではないでしょうか?

3. 鳴く

鳴く猫

猫は猫同士では、あまり鳴き声ではコミュニケーションしないと言われています。鳴き声を上げるのは威嚇や喧嘩、子猫が母猫に要求する時など。

飼い主さんに向かって鳴くのは母猫だと思っているか、飼い主さんと暮らす中で覚えたコミュニケーション方法です。自分の気持ちを知って貰いたい、何かを訴えたい(ご飯欲しいとか…)為に鳴くのは、愛情を受け入れている人だからこそでしょう。心を開いていなければ、自分の胸の内を明かすことは猫と言えどもないでしょう。

4. 一緒に寝る

女性と寝る猫

一緒に寝るのはかなり信頼している証しです。寝る、という無防備な状態をすぐ側で晒すことになるのですから、愛情を受け入れていない人にはやらないでしょう。

猫を保護してしばらくしたら、猫が一緒に寝るようになったというのはとても嬉しい瞬間です。猫によってはすぐに、そうなる場合もあるようですが愛情を受け入れているから、一緒にも寝る訳です。まぁ、単に暖を取りたいだけ、という説もありますが…

5. 手からご飯を食べる

手からご飯を食べる猫

猫が手からご飯を食べてくれた!感激のシーンです。これも、愛情を受け入れてくれているからと思われます。警戒している人の側に行って、しかもその手から食べるなんて考えにくいですものね。

もちろん、猫の性格によっては懐いていても、手から食べない場合もありますので必ずしも手からご飯を食べるのが、愛情を受け入れている証拠になる訳ではありません。「ウチの猫、手から食べてくれない…」とがっかりする必要はないですのでご安心ください。

でも1つのバロメーターにして頂ける部分は、あると思います。猫が慣れて来たかなと思ったら、試しに手にご飯を乗せて、あげてみると良いでしょう。食べてくれたら、とっても幸せな心持ちになりますね!

まとめ

きょも

何をやっても可愛い猫ですが、そんな猫が特に可愛い姿を見せてくれるのが、愛情を受け入れた時です。甘えて来る猫は、本当に可愛いです。

おそらくそれでメロメロにされてしまう人も多いのですが、もうこうなったらメロメロになってしまいましょう!

スポンサーリンク