猫が飼い主に「お土産」を持ってくる心理3つ

猫が飼い主に「お土産」を持ってくる心理3つ

猫は愛情表現でお土産を持ってくるは嘘!?愛猫が捕らえた虫や小動物を飼い主さんの元へ持ってくる行動には衝撃的な理由がありました!今回は、猫のお土産の真相に迫りたいと思います。

1424view

猫がお土産を持ってくる真の理由とは?

おもちゃのハートをプレゼントする猫

今まで、猫がお土産を持ってくるのは「愛情表現」といわれてきました。しかし、真相は少し異なるようです。

猫が飼い主さんに贈り物をする真の理由とは何なのでしょうか?ここでは重な理由を3つご紹介いたします。

1. 自慢している

獲物を咥える猫

家猫は野生を忘れて寝てばかりいると、猫としては少々不本意なイメージを人間に持たれてしまっていることが多いでしょう。

現役のハンターではなくても、本気を出せば虫くらいは簡単に捕獲することができると飼い主さんに見せつけたいのです。

室内で獲物を捕獲した際に、やけに自慢げな表情をするのは、まさに自慢したいからなのです。猫のドヤ顔も人間と同じなのです。

2. 飼い主さんのことを未熟な猫だと思っている

猫の親子

猫は飼い主さんのことを猫だと認識しています。自分との関係性は主に親子です。飼い主さんを母猫と思っている猫がいる一方で、逆に自分が親だと思っている猫もいます。

飼い主さんを子猫だと思っている場合、母猫としての責務を果たすために食料を調達してきます。体は大きいのになぜか狩りが全くできない。まだまだ未熟な子猫(飼い主さん)が餓死しては大変だと仕留めた獲物を持ってくるのです。

さらに立派な猫に育てるべく、半殺しの獲物を持って現れることもあります。これは正しい獲物の仕留め方を教え、いずれは自分自身で狩りができるようになってほしいという親心になります。

3. 信頼できる飼い主さんに獲物を預けたい

箱を持つ指と猫

猫は時々、安全な寝床に獲物を持ち帰ることがあります。その感覚で安心できる飼い主さんの元へ獲物を持ち帰り、保管しようとします。

猫は警戒心が強いので、本来であれば獲物を誰かに見せることはありません。それでも飼い主さんの目の前に獲物を持ってくるということは、心から信頼できる相手であり、最も安全な保管場所だと思ってくれているのです。

猫のお土産…どう対処したらいいの?

おもちゃを前に座る猫

猫のお土産の真相自体は納得がいくのではないでしょうか?とはいえ人間である私たちにとって、虫や小動物などを持ち込まれてしまったら困惑するのが当然でしょう。

その場で悲鳴をあげたくなるものですが、愛猫の頑張りと自尊心は傷つけたくないものです。そこで、獲物を持ってきた際に心がけてほしい対応をいくつか挙げてみたいと思います。

  • まずは褒めるあるいはお礼を言う
  • 嫌でも少しその場に置いておく
  • 愛猫が他のものに意識が向いた隙に処分する
  • 日頃から狩りごっこをする

抵抗があるかもしれませんが、愛猫の目の前で獲物を処分することは避けましょう。おそらく、すぐに興味が他へと移行するでしょう。その隙を狙って処分してください。

さらに、日頃からおもちゃを使って狩りに似た遊びを取りや入れることで、本物の獲物を持ってくる頻度も少なくなるでしょう。

まとめ

猫とプレゼントの箱

今まで信じられてきた愛情表現説が覆ってしまうと、少々残念な気がします。でも、飼い主さんへの信頼の強さや、親心からと思えばある種の愛情表現なのかもしれません。

猫は、やはり野生の本能が強い動物です。上手に本能を満たしてあげることが飼い主さんに求められているでしょう。ただし、外出させるのは危険です。室内で狩りごっこを一緒に楽しんでみてください。

スポンサーリンク