猫は『生クリーム』を舐めても大丈夫?好む理由や注意点

猫は『生クリーム』を舐めても大丈夫?好む理由や注意点

猫が見向きもしなそうなイメージかもしれない「生クリーム」ですが、実は意外と好きな猫がいるようです。ペロペロとおいしそうに舐めても…大丈夫なのでしょうか?猫が生クリームを好む理由と注意点をお伝えします。

556view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

人用生クリームはNG

ケーキのクリーム

人用に作られた生クリームは、猫には与えてはいけません。なぜなら、糖分が高すぎるからです。糖分は、猫の肥満や糖尿病を引き起こします。

「猫は甘味をあまり感じない」といわれていますので、味覚の面からいっても、甘い人用の生クリームは必要がないといえるでしょう。もし与えるのであれば、猫用を与えてください。

ただ、猫用だからといって、欲しがるだけ与えてよいわけではありません。猫の体に必ずしも必要な食品ではないため、記念日やご褒美などとして、たまに与える程度がよいかもしれません。

脂肪分やタンパク質を好む

作り途中の生クリーム

猫は甘味を感じにくいけれど、生クリームを好んで食べる場合があります。それはなぜなのでしょうか?猫は、生クリームに含まれる「脂肪分」や「タンパク質」を好むようです。

同様の理由で、アイスや牛乳などにも反応します。少量口にしてもすぐにどうこうなるケースは少ないかもしれませんが、猫が味を占めてしまうと大変です。今後、飼い主さんが食べようとするたびに、くれくれ攻撃が始まるかもしれません。

アレルギー

ケーキ作り

生クリームは乳製品です。乳製品にアレルギーがある猫の場合、少量だけでも反応が出てしまうかもしれません。生クリームを舐めたあとで下痢や嘔吐、かゆみなどが現れた場合は、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

猫用生クリームを初めて食べさせる場合は、ごく少量から始めてください。それで問題がなければ、少しずつ量を増やしていきます。

ただ、前述したように生クリームは、猫にとって必須の食べ物ではありません。そこまでして与える必要があるかどうかは、飼い主さんのご判断次第となるでしょう。

乳糖に注意が必要

牛乳

猫は乳糖不耐症の場合が多いので、生クリームを舐めると含まれる乳糖を分解できず、下痢してしまうかもしれません。もちろん個体差があるため、ある程度の量なら食べても問題ない猫もいるでしょう。

ただ、乳糖不耐症がひどい猫の場合は、少し食べただけでも、お腹を壊してしまうかもしれません。そのようなリスクがあるため、安易に愛猫に生クリームを食べさせるのは避けた方がよいです。

まとめ

生クリーム

愛猫が欲しそうにしていたら、つい生クリームを与えたくなってしまうかもしれません。ですが、ご紹介したようなリスクがあることを念頭に置いて、慎重に判断しましょう。

スポンサーリンク