ついに1歳!命の危機とハンディを乗り越えた愛の二人三脚に涙!

ついに1歳!命の危機とハンディを乗り越えた愛の二人三脚に涙!

保護当初、酷い怪我で安楽死を勧められた子猫が数々の困難を乗り越え無事に1歳に!ハンディキャップも二人三脚で乗り越える飼い主さんの深い愛と命の尊さに涙です!

1583view

喜びもひとしお!数々の苦難を乗り越えて迎えた1歳のお誕生日

お誕生日の飾り付けをバックにおすまし顔で写真に納まるのはハチ君。素敵な飾り付けで盛大にお祝いしてもらう様子からは、飼い主さんの深い愛と喜びが伝わってきます。飼い主さんにとってハチ君が元気に1歳を迎えられたことには格別の思いがあり、喜びもひとしお。

実はハチ君は下半身麻痺があるのですが、飼い主さんの献身的なお世話のおかげでとても元気な日々を送っています。今では高速で動くレーザーポインターの光を追い越すほどの俊敏な動きを見せるハチ君の様子にフォロワーさんからも歓喜の声が!

飼い主さんがお誕生日の様子をSNSに投稿すると、「おめでとう」の声やハチ君の幸せを祈る声が続々!大きな話題となりました。

安楽死を勧められた子猫が力いっぱい生きる姿に感動

元気いっぱい1歳のお誕生日を迎えたハチ君でしたが、ここまでの道のりは平坦ではありませんでした。

ハチ君と飼い主さんとの出会いは昨年の6月。カラスに襲われて怪我をしている推定2ヵ月のハチ君を飼い主さんが保護。すぐに動物病院に連れていきますがあまりの怪我の酷さに安楽死を勧められるような状態でした。それでも諦めなかった飼い主さんとハチ君は、手術を無事乗り越えなんとか命を繫ぎました。

しかし一難去ってまた一難。手術後も傷口から膿が出てきたり、しばらく予断を許さない状態が続きました。飼い主さんの献身的なお世話に応えるかのように、よく頑張って回復してくれたハチ君。

ハチ君を保護して半年経つ頃には、目を見張るような美猫に成長しました。

消えかかっていた命が再び輝き始め、ハンディキャップを前向きに乗り越えた二人三脚の日々を思うと胸が熱くなります。

当時の様子は以前紹介させていただいた『【愛の奇跡】下半身麻痺を感じさせないほど元気に遊ぶ子猫に感動の嵐! 』の記事に書かれています。

飼い主さん大好き♡離れたくない!甘えん坊王子に成長中~

身の回りのお世話から圧迫排泄まで、いつも飼い主さんに優しく見守られているハチ君はすっかり甘えん坊王子になりました。飼い主さんが連日ご実家にいらっしゃる時間が長かった時はこの通り!寂しかったニャンと腕を回して飼い主さんを独占。もう離れないと強い意志が伝わってきます。

ハチ君の寝顔もとても幸せそう。ずっとずっと元気でこの幸せな日々が続きますように...

まとめ

ハンディキャップを抱えながら、飼い主さんと二人三脚で幸せな日々を送るハチ君のお話いかがでしたでしょうか。カラスに襲われて今にも消え入りそうだった命、安楽死を勧められたあの時の子猫ちゃんが、無事に1歳のお誕生日を迎えられたことに感動です。

諦めなかった飼い主さんのおかげで一命を取り留めたハチ君。下半身麻痺があっても献身的なお世話で命を輝かせ、幸せな猫生にしてあげることができるのですね。小さな命の重さや尊さを改めて感じることができました。

これからもハチ君の元気なご様子を拝見するのを楽しみにしております。

※この記事内の投稿や画像は、投稿者の許諾を得て掲載しています。


下半身麻痺のハチさん、ハチ君、このたびはご協力頂き誠に有難うございました!

スポンサーリンク