片目の子猫はその外見から誰も興味を持たなかった、ある人以外は...

片目の子猫はその外見から誰も興味を持たなかった、ある人以外は...

美しさというものは、見る人の目によって変わるということを時々忘れがちになります。

3304view

片目の子猫

収容

片目しかない“ウェズレー”は、どんな過去があるのか何もわからないままシェルターに収容されました。

誰も彼がどうして片目になったのか知りませんでした。

もしかしたら、生まれつき片目だったのかもしれません。

それは誰にもわかりませんでした。

しかしシェルターのスタッフたちは、このかわいい子猫について複雑な気持ちをもっていました。

一目惚れ

ある女性が彼に会って一目惚れしました。

でも、女性は彼を引き取るだけの金銭的余裕がありませんでした。

女性が頑張って猫を飼えるだけの金銭的余裕を持った時には、きっともうこの子猫は誰かにもらわれていることでしょう。

外見

他の人たちは、ウェズレーの外見が怖くて興味を持つことはありませんでした。

半年後、まだ彼はシェルターにいました。

再会

しかし、ウェズレーは見放されていませんでした。

彼のことを半年前、かわいいと言ってくれた唯一の女性が、再び彼のところに戻ってきてくれたのです。

そして、彼女は今度こそウェズレーの里親になることができました。

普通

シェルターではウェズレーの外見から、特別扱いが必要とされていましたが、彼は生活する上で、特に何か問題がある子猫ではありませんでした。

別の猫

片目の猫、ウェズレーは、今別の猫と一緒に満たされた愛の中で暮らしています。

最後に

ウェズレーを受け入れた家族は、直感で彼を気に入り、彼の外見のハンディとは関係なく、彼を愛しています。

スポンサーリンク