愛する家族を自ら選んだ野良猫キメラの物語

愛する家族を自ら選んだ野良猫キメラの物語

ある日突然庭に現れた1匹の猫は、とても人懐っこい子で、家族全員のハートをアッという間にわしづかみしてしまいました。でも、その猫にはマイクロチップが入っていたのです...

1058view

人懐っこい猫

ある家の敷地内に白黒の猫が姿を現しました。

その猫はとても人懐っこく、その家の人たちに甘え、愛を求めてきました。

家族はその猫に“キメラ”と名付けました。

アプローチ

キメラは最初に家族に出会った時、肩に飛び乗ってきたそうです。

そして顔全体に体をこすりつけました。

TNR

その猫の耳はカットされていました。

キメラは、地元のTNR活動で去勢された猫だったのです。

室内へ

天候が異常に寒くなり雪が降り始めた時、彼らはキメラを家の中に入れました。

彼は温かい場所で過ごすことができるようになりました。

くつろぎ

キメラは室内に入ってすぐに、彼らのメインベッドルームのベッドでくつろぎました。

彼はとても愛情深く、人に寄り添うのが大好きな猫でした。

家族全員に

家の中の全員が彼から毎日抱擁を受けていました。

誰かが一人で部屋にいると、必ずキメラがやってきます。

クリスマスのお金で

家族はクリスマス用のお金で動物病院に連れて行き、健康診断やワクチン、そしてマイクロチップなどをすることにしました。

マイクロチップ

「動物病院へ連れて行き、獣医がマイクロチップが入っていないかスキャンすると、それがなんと入っていたのです。その中に入っていた情報を調べるため獣医が部屋を出た時、私は泣き崩れました。」

家族全員すでにキメラに心を奪われていました。

マイクロチップが入っているということは、飼い主がいるということ。キメラを返さなければいけないかもしれないとショックを受けたのです。

登録

マイクロチップの情報によると、彼は子猫の時に捕獲され、去勢とマイクロチップの処置をされてから放されていました。

現在4~5歳になっているキメラには飼い主はおらず、野生の猫として登録されていたのです!

彼の登録名は“マイケル”でした。

結果

「その結果、この猫はあなたたち家族の猫です!メリー・クリスマス、キメラ!」と獣医は言いました。

最後に

野良猫生活を送っていたキメラは、自分の愛する家族を選びました。

彼はそれ以来、その家族と寄り添い続けています。

スポンサーリンク