ジャパニーズボブテイル|性格/特徴/寿命/体重/病気について

ジャパニーズボブテイル|性格/特徴/寿命/体重/病気について

ジャパニーズボブテイルという猫の種類を知っていますか?「ジャパニーズ」と名前が付いているのに、なぜか日本であまり聞かないジャパニーズボブテイル。日本では決して知名度が高いとはいえませんが、海外では短いしっぽが珍しいためもてはやされ、作り出された品種だそうです。ジャパニーズボブテイルは「日本発祥の猫なのになぜか日本にはあまりいない」という不思議な現象が起こっています。

21507view

SupervisorImage

記事の監修

東京農工大学農学部獣医学科卒業。その後、動物病院にて勤務。動物に囲まれて暮らしたい、という想いから獣医師になり、その想い通りに現在まで、5頭の犬、7匹の猫、10匹のフェレットの他、ハムスター、カメ、デグー、水生動物たちと暮らしてきました。動物を正しく飼って、動物も人もハッピーになるための力になりたいと思っています。そのために、病気になる前や問題が起こる前に出来ることとして、犬の遺伝学、行動学、シェルターメディスンに特に興味を持って勉強しています。

ジャパニーズボブテイルの性格

三毛猫
  • 社交性が高い
  • 遊び好きで賢い
  • おしゃべり(よく鳴く)
  • 寂しがり屋
  • 頑固

社交性が高く、遊び好きで賢い

ジャパニーズボブテイルは、社交性が高いと言われているようです。多頭飼いでも他のペットがいても上手くやっていく子が多いと言われています。もちろん人間と仲良くすることも求めていて、飼い主とたくさんかかわりたい猫、来客も喜んで迎える猫などとも言われているようです。

また、ジャパニーズボブテイルはとても遊び好きな性格かつ、頭が良く賢いと言われています。
おもちゃを投げて持ってくるような遊びが上手だとも言われているようです。飼い主と遊ぶのが大好きなので、少し頭を使うようなものや、魚のルアーを追うようなもので一緒に遊ぶのも良いかもしれません。

おしゃべり(よく鳴く)

ジャパニーズボブテイルはおしゃべりな性格を持つ子が多いと言われています。驚くほど声色の範囲が広く、様々なトーンで話しますが、決して鳴き声がうるさいという訳ではありません。ジャパニーズボブテイルがかわいい鳴き声で何を語りかけてきてくれているのか、想像するのが楽しくなりそうですね。

寂しがりな一面もある

ジャパニーズボブテイルは寂しがり屋さんな一面も持っていることがあります。飼い主とかかわることが大好きですので、留守番が多い家庭では、家にいる時間はできるだけ一緒に過ごしてあげると良いでしょう。多頭飼いに向いている子も多いとのことでしたが、性格によっては1匹で飼うよりも多頭飼いしてあげると良い場合もあるでしょう。もちろん、個体差がありますので、迎え入れたジャパニーズボブテイルの性格を考慮してあげましょう。

頑固者な性格を持つジャパニーズボブテイルも多い

ジャパニーズボブテイルを含め、猫には中々頑固な性格(好みがはっきりしている)の子も多く、猫の考え、好みを変えるのは困難な場合が多いです。そこはうまく機嫌をとりつつ、付き合っていく必要があります。

ご飯の種類や家具など、何かを変える場合は注意した方が良いかもしれません。特にご飯は頑固な子だと、たとえお腹が空いていようとも違う種類は絶対に食べない、という可能性もなきにしもあらずです。

水遊びが好きだけど、濡れるのは嫌

ジャパニーズボブテイルは遊ぶのが好きな猫種ではあるのですが、水で遊ぶのも好きな性格の子がいると言われています。例えば、水槽や池などに手を入れたり、蛇口などで水を飲んだり、というようなことです。ただし、お風呂や泳ぐのが好きということではないようです。水を飲む時に手ですくって飲んでこぼれても大丈夫なように工夫をしたり、専用水遊び場を作ってあげたりしても良いですね!

ジャパニーズボブテイルの特徴

2匹のジャパニーズボブテイル
  • 体重は2.5kg〜6kg程度で中型の猫
  • 足や胴は長めで筋肉質
  • ポンポンのような短いしっぽ
  • ショートまたはロング(ミディアム)の被毛
  • 三角形の顔

ジャパニーズボブテイルのしっぽ

ジャパニーズボブテイルのしっぽはポンポンのように短いです。このしっぽが、ジャパニーズボブテイル最大の特徴と言えるでしょう。かわいらしいそのしっぽは、くるっとカールしていたり、途中でまがっていたりして、同じしっぽの形は2つとないようです。曲がったしっぽや短いしっぽの猫は日本を含めた東アジア、東南アジアで多く見られ、日本では、まっすぐの長いしっぽを持つ猫は猫又という妖怪になると言われ、曲がったしっぽや短いしっぽの猫(尾曲がり、鍵しっぽ)が好まれた歴史があるようです。

ジャパニーズボブテイルの被毛

ジャパニーズボブテイルの被毛は、ショートヘアはミディアムショート(少し長めの短毛)の被毛を持ち、アンダーコートはほとんどありません。ロングヘアは柔らかくて手触りの良いミディアムロングの被毛を持っています。お手入れはそれほど頻繁に必要ではありません。

毛色は様々ですが、白地に顔やお尻に三毛の模様が入っている毛色の人気が特に高いようです。三毛はアメリカのジャパニーズボブテイルの世界ではそのまま、「ミケ」で通じるようです。

ジャパニーズボブテイルの顔

ジャパニーズボブテイルの顔は、ほお骨が高く三角形の顔をしています。そして、長い鼻。目は大きく丸いです。目の色は、被毛の色に関連した様々な色が見られ、オッドアイの子も見られます。耳は大きく、少々離れぎみでピンと立っています。キリッとした顔立ちには、「和」の雰囲気が漂っているように感じます。

ジャパニーズボブテイルの体重や体格

ジャパニーズボブテイルの体重は、2.5kg〜6kg程度で中型の猫になります。少し小柄な猫もいるようです。胴は長めで、真っ直ぐでスラッとしていますが、筋肉質です。脚も長くて細いのですが、決して華奢ではありません。

ジャパニーズボブテイルの平均寿命

見つめるジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルの平均寿命は9~13歳などと言われているようです。決して短命な猫ではありません。猫全体の平均寿命と比べて大きな差はないと言えるでしょう。長寿の猫もたくさん存在しているため、20歳、21歳と一緒に過ごせるように環境を整えていきたいところです。

ジャパニーズボブテイルを含め、猫に長生きしてもらうコツとしては、やはり生活習慣が大きく関わってきます。病気の可能性を極力低くするための食事内容や、肥満にしないための運動や定期的な健康診断の受診など、飼い主さんの管理によってジャパニーズボブテイルの寿命は変わってくるでしょう。どの子でも長生きできるわけではありませんが、飼い主さんができるだけ寿命を延ばす対策、快適に過ごせる環境作りをしてあげるよう心がけましょう。

ジャパニーズボブテイルのブリーダー

子猫

ジャパニーズボブテイルは、日本ではとても手に入りにくい猫種です。というのも、ブリーダーがほとんど存在しないからです。以前は北海道に1件、ブリーダーがいたそうですが、どうやら繁殖を止めてしまったようです。

ジャパニーズボブテイルはペットショップにもめったに出ていませんし、どうしても飼いたい時は、アメリカのブリーダーに問い合わせをして輸入することになるかもしれません。短いしっぽの猫は日本では珍しくない為、わざわざ繁殖してまで増やそう、という人が少ないのでしょう。

ジャパニーズボブテイル、として繁殖された猫ではないかもしれませんが、短いしっぽの猫でしたら、里親を募集している可能性があります。いわゆる日本猫、和猫と呼ばれている猫には短いしっぽ、曲がったしっぽの猫がたくさんいるからです。里親募集サイトなどで探すとたくさん出てきますから、そこからお気に入りの子を探す、という手もあります。

里親になる場合は、ワクチン接種代と去勢・避妊手術代のみの負担で猫の生体に対しては費用はかからない事もありますし、猫自身に対しても一定金額が必要となる事もあります。里親募集されている猫や保護猫を迎えることは、行き場のない猫の命を救う事にもなりますので、是非ご検討ください。

ジャパニーズボブテイルがかかりやすい病気

健康な猫種で、特にかかりやすい病気や多く見られる病気があるとは言われていないようです。猫で一般的に見られる病気について、ケアしていけば良いでしょう。

ジャパニーズボブテイルの歴史

青背景のジャパニーズボブテイル

ジャパニーズボブテイルとは、尻尾が短い猫を、アメリカで猫種として確立した猫種です。しっぽの短い猫は日本には良くいますが、海外ではかなり珍しいため、横浜に住んでいたアメリカ人が友人のブリーダーに1968年に3匹の鍵しっぽの猫を送ったところから、繁殖が始まったそうです。その後も多くの短いしっぽを持つ日本猫がアメリカに送られて繁殖に用いられ、ジャパニーズボブテイルという品種が確立されたそうです。アメリカでは短毛のジャパニーズボブテイルが1979年に公認されました。

現在は、被毛の短いショートヘアと、セミロングの被毛を持つロングヘアと2種類のジャパニーズボブテイルがいます。日本から送った猫の中にロングヘアの遺伝子を持つ猫がいた事が後に分かり、ロングヘアのジャパニーズボブテイルも繁殖され始めました。現在、ロングヘアーのジャパニーズボブテイルはTICA(アメリカテキサス州に本部を置く世界最大級の猫血統登録団体)とCFA(アメリカの猫登録協会)などに登録が認められています。

まとめ

ジャパニーズボブテイル

日本猫の特徴を持った、他とはひと味違う猫種、ジャパニーズボブテイル。短いしっぽは、何だかとても可愛らしいですよね!ジャパニーズボブテイルのしっぽは、アメリカでも「ポンポンみたい」と呼ばれて親しまれているようです。

我が家の猫も1匹、短く曲がった鍵しっぽの子がいますが、そんなに海外で鍵しっぽが重宝されるなら、もっと大切にしなければいけないような気になってきました。スペシャルなおやつでも、あげようかしら(笑)!

【短いしっぽの原因となる遺伝子について】

 短いしっぽを持つ猫種は他にもあり、マンクスではT遺伝子の突然変異がしっぽがないこと/短いことと関連していることが2013年に発表されています。マンクスには、長いしっぽから全くの無尾まで様々なしっぽの長さが見られ、短いしっぽやしっぽが全くないマンクスでは短いしっぽ以外に健康上の問題が見られることがあります。ジャパニーズボブテイルと東アジアに住むしっぽの短い猫については、HES7遺伝子の突然変異が関連していることが2016年に発表されました。HES7遺伝子変異による短いしっぽは、不完全優性だと考えられています。また、T遺伝子ともHES7遺伝子とも関係のない他の遺伝子変異がかかわる短いしっぽがあるとも考えられています。ジャパニーズボブテイルではしっぽが短いことに関連した健康上の問題はないのかを調べた研究が一つ報告されていますが、脊椎や肋骨の異常はいくつか見られたものの猫の健康に影響するような異常は見られなかったと結論づけられています。

《マンクスのT遺伝子の変異についての論文》
Buckingham, K.J., McMillin, M.J., Brassil, M.M. et al. Multiple mutant T alleles cause haploinsufficiency of Brachyury and short tails in Manx cats. Mamm Genome 24, 400–408 (2013).
https://doi.org/10.1007/s00335-013-9471-1
《ジャパニーズボブテイルなどの猫で特定されたHES7遺伝子の変異についての論文》
Xu, X., Sun, X., Hu, XS. et al. Whole Genome Sequencing Identifies a Missense Mutation in HES7 Associated with Short Tails in Asian Domestic Cats. Sci Rep 6, 31583 (2016).
https://doi.org/10.1038/srep31583
《ジャパニーズボブテイルで短いしっぽと関連した健康への影響を調べた論文》
Pollard, R. E., Koehne, A. L., Peterson, C. B., & Lyons, L. A. (2015). Japanese Bobtail: vertebral morphology and genetic characterization of an established cat breed. Journal of Feline Medicine and Surgery, 17(8), 719–726.
https://doi.org/10.1177/1098612X14558147
獣医師:木下明紀子
投稿者

女性 百日紅

ジャパニーズボブテイルは不思議な猫だと感じました。ぱっと見るとどこにでもいるような猫ですが、海外では尻尾が短い猫は貴重なんですよね。どこにでもいるように感じますが、尻尾が短い猫は西日本に多いとされています。また、ジャパニーズボブテイルはアメリカで繁殖しているため、体型や目の色が日本の猫とは違うともいう意見もありました。名前に「ジャパニーズ」と入っているのに日本では手に入りにくいことや、体の特徴も違うので不思議です。
テレビでジャパニーズボブテイルの特集があり、「我が家の猫はもしかしてジャパニーズボブテイル?」と思う飼い主さんが多かったようです。愛猫が海外で人気のジャパニーズボブテイルだとしたらなんだかうれしいですよね。
投稿者

20代 女性 モモ

ジャパニーズボブテイル!初めて聞きました。ジャパニーズとついているのに日本よりも海外で人気があるなんてずいぶん国際的な猫ちゃんなんですね。
尻尾の短い猫は生存競争に勝てないはずが、日本だから生き残ることができたんですね。ある意味とてもラッキーな猫ちゃんです。
日本で頑張って生き残った猫ちゃんはいまや海外で人気者になっているなんて、ちょっとしたアメリカンドリームな猫ちゃんですよね。
すっかり海外の猫ちゃんになりきっているのかと思いきや、頑固者で寂しがりやな日本のお父さんような一面も残しているなんて素敵です。
多頭飼い向きの猫ちゃんだということなので、たくさんの猫ちゃんと触れあいたい猫好きの方にはたまらないはずです。お手入れも週に一回で大丈夫なので、とてもお手軽ですね。
ただ1つ残念なのが、海外からの輸入でしか家族に迎えることができないことですね。
直接ジャパニーズボブテイルに会えないのはとても残念なことですが、記事でも書かれているように短い尻尾の猫ちゃんなら里親募集サイトにたくさんいます。わざわざ海外にいる子達を日本に呼ぶよりも、今日本で新しい家族を探している猫ちゃん達を自分だけのジャパニーズボブテイルとして育ててみるのも楽しそうですね。
投稿者

50代以上 女性 だいずきなこ

近所の野良ちゃんにいます。うちにも1頭います。この子達は一度懐くと、必ずと言っていいほど挨拶に来てくれます。高い所は好きですが、降りるのがちょっとダサいかな?ゆったりのんびりなイメージですが、動く物には以外と俊敏で驚きました。
投稿者

40代 男性 ブリーダー

当方、ブリーダーをしてますが
ジャパニーズボブテイルを繁殖してます。
子猫は即、売約に成ってしまいますよ。
男の子1匹、女の子1匹在籍ですが、特に男の子は超甘えん坊です。
呼ぶと必ず寄ってきます、体を擦り甘えて来ますよ。
絶対飼い主に爪を立てる事は一度も今の所在りませんよ。
他の猫種より格段に飼いやすいです。(個人的に)
子猫のブリーダーサイトにも取り扱い搭載してますので
興味のある方は、検索して見てください。
投稿者

女性 ねこねこねこ

うちの保護猫はたぶん、ジャパニーズボブテイルキャットです、ただし・・・肥満で1キロオーバーしていますが、小柄で、尻尾が短いです、物凄く社交的で、水遊びが好きだけどシャンプーされるのが大嫌いなのに、いつもお風呂場で遊んでいます。寂しがり屋だし、先住猫とも直ぐに打ち解けて、積極的です。前脚が凄くすらっと長くて、顔立ちがいつまでも子猫みたいな感じがします。良く鳴くし、遊び好きです。悪戯もしますけど・・・好奇心がすごく旺盛です。なんとなく胴が短く見えるのは肥満のせいなのかな?脚が長いせいなのかな???
子猫の時からちょっと体つきが変ってる猫だなって思ってました。
投稿者

40代 男性 ねこぴよ

うちのボブテイルのニャー吉が、親不明の野良子猫だったにゃ。
ジャパニーズボブテイルって日本だとお金出してもなかなか買えない代わりに、出会ってしまうと只で飼えてしまうんだよね。
ちなみに、アメリカのキャットショーでのジャパニーズボブテイル審査動画見ると、近所にいる普通のねこがキャットショーに出ている、みたいな不思議な感覚になるにゃ。

スポンサーリンク