ハッピーキャットの口コミ|評判は?安全性はどうなのか評価!

  1. ハッピーキャットを評価!
  2. ハッピーキャットの評判/良い口コミ
  3. ハッピーキャットの悪い口コミ
  4. ハッピーキャットの安全性を評価
    1. ハッピーキャットに添加物は?
    2. ハッピーキャットは品質が高い工場で生産
    3. ハッピーキャットはグレインフリー?
  5. ハッピーキャットの原材料を評価
    1. ハッピーキャットで使われている食材と栄養
    2. ハッピーキャットはヒューマングレード?
  6. ハッピーキャットフードの成分を評価
    1. ハッピーキャットのマグネシウム量
    2. ハッピーキャットのタンパク質
    3. ハッピーキャットの粗脂肪は?
    4. キャットフードは尿路結石予防にどう?
  7. ハッピーキャットフードの給与量
  8. ハッピーキャットの価格、最安値は?
    1. ハッピーキャットのamazonの価格は?
    2. ハッピーキャット/楽天の価格は?
    3. ハッピーキャット/のヤフーショッピング価格は?
    4. ハッピーキャット/公式の価格は?
    5. ハッピーキャットの最安値は?
    6. ハッピーキャットの他の販売店は?
    7. ハッピーキャットにお試しはある?
  9. ハッピーキャットがおすすめな猫は?
    1. ハッピーキャットは毛並みにも◯
    2. ハッピーキャットは下痢や軟便になりやすい子にも◯
  10. ハッピーキャットの種類と特徴
  11. ハッピーキャット猫用Q&A
    1. ハッピーキャットの賞味期限は?
    2. ハッピーキャットの保存方法は?
    3. ハッピーキャットは子猫も食べられる?
    4. ハッピーキャットを食べない場合は?
    5. ハッピーキャットの切り替えは?
    6. ハッピーキャットのにおいは?
    7. ハッピーキャットの粒の大きさや形状は?
    8. キャットフードのジッパーは?
    9. ハッピーキャットは高いのでは?
    10. ハッピーキャットフードは食いつきが良い?
    11. ハッピーキャットの会社はどんな会社?

ハッピーキャットを評価!

価格・・・300g:1452円、1.3kg:4,719円 4kg:10,164円(公式サイトから購入の場合)
内容量・・300g、1.3kg、4kg
100gあたりの価格・・・254円~484円
粒の大きさ・・・直径9㎜厚み6㎜
形状・・・円形~楕円
カロリー・・・378.0kcal/100g
主原料・・・ダックプロテイン
原産国・・・ドイツ
対応年齢・・・成猫(1歳ころ~)
販売会社・・・ワールドプレミアム株式会社
住所・・・神奈川県座間市緑が丘2-1-31エヌティビル1階
電話番号・・・03-6382-9012

ハッピーキャットは、ペット先進国ドイツが原産の、高品質なキャットフードであることは知っていただけたでしょうか。

ハッピーキャットの原材料は、厳しい基準をクリアしたヒューマングレードで、穀物、人工添加物不使用、猫に必要な栄養素がしっかり詰まったコンプリートフードですから、愛猫にも安心して与えることができます。

価格に関しては決して安いとは言えませんが、その分、高品質かつ猫の健康に適したフードであることは間違いありません。

ハッピーキャットの口コミには、様々なコメントがありましたが、結局は、飼い主がどのようなフードを与えたいか、愛猫が好むかどうか、経済面に余裕があるか、などの点がポイントになります。口コミは参考にしますが、あまり鵜呑みにするのはやめましょう!

もし、ハッピーキャットを検討しているのであれば、まずは300gを購入して愛猫に与えてみてはいかがでしょうか

ハッピーキャットの評判/良い口コミ

ハッピーキャットのユーザーからは、食いつきが良いことと、穀物不使用で安心安全ということ、アレルギー体質の猫でも食べられることが高く評価されています。

ハッピーキャットは高品質な原材料を用いて作られているので猫の嗜好性も高いようです。また、化学合成添加物や遺伝子組み換え作物を一切使用しておらず、地元の新鮮で安全な食材を用いているので品質を重視する飼い主さんも安心して使うことができます。

さらに、ハッピーキャットは鴨肉が主成分で穀物不使用であるため、アレルギー体質の猫にも嬉しいフードということが分かります。

 

ハッピーキャットの良い口コミには、どのようなことが書かれているのでしょうか。インターネット上にある高評価の口コミを少し紹介します。

・食いつきが良い

「グレインフリーのフードはこれまでにもいくつか試してみたのですが、食いつきがいまひとつでした。しかし、HAPPYCATはグレインフリーでありながら、食いつきは非常に良いです。いきなり変えて与えてみたのですが、いつも与えていたフードと変わらず普通に食べています。」

「意外と好き嫌いが多く、それなりの価格のキャットフードを与えても見向きもしないのに、本品を与えたら目の色を変えて飛びついた。」

「穀物不使用で安心安全、アレルギー体質の猫も食べられる」

 

「人間食用レベルの厳選したナチュラル食材のみを使用して作られている、安心安全のキャットフードです。遺伝子組み換え作物、化学合成された着色料、香料、保存料一切不使用はとにかく素晴らしいです。メインの素材には平飼いの鴨が使用されており、穀物フリーでアレルギーも起こりにくいとのことです。」

 

「アレルギー体質の猫は食べてはいけない餌が多いですが、ハッピーキャットは、そういう猫でも大丈夫な商品があるので、購入しています。普通に毎日食べています。」

ハッピーキャットの悪い口コミ

ハッピーキャットの悪いの口コミとして目立ったのは、値段が高いという点です。ハッピーキャットは国産の比較的安価で入手できるものと比べて、良質な原材料とこだわりのレシピで作られており、さらにドイツから輸入されているので決して安いとは言い難いフードです。

次に多かった口コミは、粒が大きくて食べずらいという点です。ハッピーキャットの大きさは直径9㎜厚み6㎜(成猫用)と一般的ではありますが、小粒タイプのフードに慣れている猫やシニアの猫には少々食べづらさはあるかもしれません。しかし、商品の中に、シニア用や仔猫用のものがあるので、愛猫のタイプに合わせて選ぶことはできます。

最後に、好みが分かれるという点がありました。これはハッピーキャットに限らず、美食家の猫であればよくあることだと思います。猫の好みに合うかどうか分からないときは、少量パックから試してみるのが良いと思います。

 

低評価の口コミを一部ご紹介します。

・粒が大きい

「粒が大きめで食べにくい猫ちゃんもいるかもしれない。」

「食べたそうにするけど、粒が大きすぎて食べられませんでした。」

「ハッピーキャットを食べたのは最初だけでした。粒が大きいのも敗因見たいです。」

「ハッピーキャットを食べなくなりました。どうも粒の大きさが気に入らないのだと思います。」

 

・値段が高い

「継続して食べてくれるけど、ちょっとお高い。」

「高いのでたまにおやつ感覚で与えています。」

「ハッピーキャットだけではないですが、輸入の高品質フードは高いですね。」

「ハッピーキャットはおススメですが、お高いのが難点です・・。」

 

・好みが分かれる

「食べようとしませんでした。匂いをちょっと嗅いで「ふ~ん」という雰囲気でスルーしていきました。」

「ウチの子は好きではなかったらしく一口も食べてくれませんでした。もう1匹飼っていますが、その子も食べてくれなかったです。」

「ハッピーキャットを試しています。一匹は食べますが、もう一匹が全く食べようとしてくれません。」

「ハッピーキャットを10匹の猫の好みや年齢で分けて与えてますが、2匹しか食べてくれません。」

ハッピーキャットの安全性を評価

ハッピーキャットの安全性はどうでしょうか。

原材料はすべてドイツの食品基準を満たしており、ヒューマングレードの食材を使用していて、遺伝子組み換え作物は不使用、自社工場で製造している点は安心のポイントです。

また、メインの食材は鴨肉が用いられており、グレインフリーですので元々穀物の消化が苦手な肉食の猫、さらにアレルギー体質の猫も安心して食べることができます。

副産物ミールも不使用で、成分表の中にもその他危険と言われる原材料も含まれていませんでした。

これらの理由を踏まえて、ハッピーキャットは安全性が高いと言うことができます。

それでは、ハッピーキャットの安全性についてさらに詳しく紹介していきます。

ハッピーキャットに添加物は?

まず知っておきたいのは、キャットフードには添加物を含む商品も実際に販売されていますが、それが必ずしも猫に悪影響を及ぼすこことはないということです。なぜなら、キャットフードは基本的に「ペットフード安全法」という法律によって安全性が確保されているからです。

とはいえ、愛猫が毎日食べるものですから、飼い主としてはなるべく添加物が入っていない安心できるフードを与えたいと思う人も多いはず。

ハッピーキャットには一切添加物は使用されていません。酸化防止剤として天然由来トコフェロールは使用されていますが、人工のものではありません。

その他、危険とされる着色料(二酸化チタン、赤色〇○号、青色〇○号など)、発色剤(亜硝酸カリウム)、保存料(ソルビン酸)、酸化防止剤(BHA、エトキシキン)、合成調味料(グリシリジンアンモニエート)なども一切含まれていませんので、添加物の有無に関しては、まず心配ないでしょう。

ハッピーキャットは品質が高い工場で生産

ハッピーキャットの製造元は、ペット先進国ドイツのバイエルン州にあるInterquell社で、そこの自社工場でフードの生産がされています。Interquell社は、1765年ミュラー家が穀物製粉所を開始したことが始まりです。

さて、その自社工場ですが、とても高品質な工場なのです。理由として、HACCP(製造過程を細分化し、製造工程ごとのリスク管理を行うための手法)の基準をクリアしていること、製品の検査・分析を行う研究所を完備していることなどが挙げられます。しかも、定期的に外部の食品分析センターで検査も行っているとのこと。

家族経営で大切に守られた、高品質なInterquell社の自社工場で作られることも、ハッピーキャットの美味しさの秘密なのかもしれません。

ハッピーキャットはグレインフリー?

ハッピーキャットはトウモロコシ、小麦などを含まないグレインフリーのフードですが、実はグレインフリーのフードは猫にとって多くのメリットがあるのです。例えば、

・肉食動物である猫の食事に近くなる
・肥満予防
・アレルギーを起こしにくい
・嗜好性が高い

などです。

猫は肉食動物なので、基本的に穀物類を食べません。ですから、穀物の含んだフードを与えても、うまく消化できずに消化不良を起こしたり、肥満の原因にもなります。

さらに、摂取量が多ければアレルギーも引き起こしてしまうこともあります。

また、猫は匂いに敏感な動物で、穀物でカサ増しされたフードよりも、動物性たんぱく質(肉や魚)などが多く含まれるフードを本能的に好んで食べます。

猫にグレインフリーのフードを与えることは、そういった、猫にとっての悪影響を避け、嗜好性を高めるなど様々なメリットがあるのです。

ですから、グレインフリーのハッピーキャットは、一般の猫だけでなく、アレルギーの猫にもメリットの多いフードと言えます。

ハッピーキャットの原材料を評価

猫のフードを購入する際に、原材料を気にする飼い主さんも多いことでしょう。愛猫が毎日食べるものなので、フードの材料に何が使われているのか知ることはとても大切なことです。

ハッピーキャットで使われる原材料は、食品基準を通過したヒューマングレードのものが使用されていて、さらに、契約農家を中心に食材を調達しているので、安全性の高い原材料と言えます。

栄養素もキャットフードに含まれていると良いとされる割合を満たしているので、しっかりと必要な栄養を補うことができます。

それでは、ハッピーキャットの原材料について詳しく紹介していきます。

ハッピーキャットで使われている食材と栄養

ハッピーキャットで使用される原材料は、原産国ドイツでの食品基準をクリアしたものが使われていて、ダッグプロテインが主原料です。

主原料というのは、パッケージに記載されている原材料表の一番初めに記載されているもので、順番が後ろになるほど、含有量が少なくなります。

ハッピーキャットの主原料であるダッグプロテインは、人間用の鴨肉を乾燥させて粉状に加工した乾燥ミールのことを言います。乾燥ミールと聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、人間が食べることができない部分や副産物は含まれていないので安心してください。

肉食である猫は、タンパク質を分解する酵素の活性が極めて高いので、タンパク質から多くのエネルギーを生成しますが、一方で、たんぱく質は分解されやすく不足しがちな栄養素になります。

すなわち、猫の健康を維持するためには、十分な量のたんぱく質をフードから補わなければなりません。

ハッピーキャットは、成分表に記載されるたんぱく質の90%が動物性たんぱく質由来なので、肉食の猫に必要なたんぱく質、アミノ酸を補うための栄養がたくさん含まれています。

ハッピーキャットはヒューマングレード?

ハッピーキャットの原材料はすべてヒューマングレードの食材が使用されています。

日本では、ペットフードは法律上「食品」ではないので、食品衛生法やJAS法などの法律の適用外になってしまいます。

ペットフードはペットフード安全法という法律で守られてはいますが、原材料を見てもどれが愛猫に良いフードであるか分からない飼い主さんが多いはずです。

そこでフード選びのポイントとして、この「ヒューマングレード」があがります。ヒューマングレードの食材は、人間の食品と同等の品質なものを使用し、人間の食品と同等の衛生基準管理基準に基づいて作られた、人間が食べても問題ないフードです。

すなわち、粗悪な肉や危険な添加物が使われているかなどの心配は必要ありません。

ハッピーキャットフードの成分を評価

ハッピーキャットは、給餌量を参考に給餌することで、毎日の健康な食事を維持できるように設計された「コンプリートフード」です。ドイツ産であるハッピーキャットはFFDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の基準を採用し、「総合栄養食」と同等の位置づけです。

一般的にAAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たすものを「総合栄養食」と呼びます。AAFCOとは、ペットフードの栄養基準やラベル表示に関する基準を制定しているアメリカの団体のことを指し、日本でも、「AFFCO」の栄養基準を採用しています。しかし、ハッピーキャットはAAFCOの栄養基準を採用していません。

では、日本と同じようにAAFCOの栄養基準をもとにした場合、ハッピーキャットはその基準を満たしているのか見ていきましょう。

ハッピーキャットのマグネシウム量

マグネシウムとは猫が必要とするミネラルの1つです。マグネシウムは、カルシウム、リンに続き体内に多く存在していて、主な働きは

・歯や骨を構成
・栄養の代謝に関与

です。

マグネシウムは様々な食べ物に含まれているので、基本的に不足することは滅多にありませんが、過剰摂取や反対に少なすぎる量で与えるのは危険です。

また、カルシウム、リンとのバランスが大切で、マグネシウムが多すぎるとストルバイト結石を、少なすぎるとシュウ酸カルシウム結石を引き起こす原因になります。

さて、ハッピーキャットのマグネシウムですが、
AAFCOのマグネシウム基準量は0.04%以上とされています。ハッピーキャットのマグネシウム量は0.1%なので、AAAFCOの栄養基準は満たしています。

ハッピーキャットのタンパク質

たんぱく質は約20種類のアミノ酸から成る、猫にとって大切な栄養素です。

たんぱく質の主な役割は

・エネルギー源
・筋肉、皮膚、被毛、血管、内臓の健康維持

です。

人もそうですが、体を作る主な栄養素はたんぱく質です。たんぱく質が不足していれば健康を保つことは絶対にできません。

また、肉食動物の猫は、人のように炭水化物をメインにエネルギー源を作り出さず、その代わり、タンパク質から多くのエネルギー源を作り出します。

ですから、タンパク質は猫にはとても大切な栄養素なのです。

さて、ハッピーキャットのたんぱく質量ですが、33.0%含まれています。
AAFCOの栄養基準で定められたたんぱく質量は26.0%以上なので、ハッピーキャットはその基準を満たしています。

ハッピーキャットの粗脂肪は?

脂肪と聞くと、太るというイメージを抱く方も多いと思います。しかし、脂肪も大切な働きをする重要な栄養素なのです。

脂肪の主な働きは

・エネルギー源
・ホルモンや細胞膜の原料
・体調を整える

です。

エネルギー源は脂肪のメインの働きと言えます。先述したたんぱく質もエネルギー源になりますが、その量は1gあたり4kcalです。しかし、脂肪は1gあたり約9kcalのエネルギーを作り出します。その分、過剰に摂取すると肥満の原因になるので、注意しましょう。

また、脂肪に含まれるコレステロールは細胞膜やホルモンの材料になっています。コレステロールは嫌われがちですが、大切な役割があることを覚えておきましょう。

さて、ハッピーキャットの粗脂肪の量ですが、15.0%含まれていました。AFFCOの栄養基準が粗脂肪9.0以上であったので、ハッピーキャットは基準を満たしています。

ちなみに粗脂肪の「粗」は悪い意味ではなく、脂肪を抽出される際に溶け込んだ塩分やビタミン類を含めた脂肪の量という意味なので、粗いや粗末というより「ざっくり」というニュアンスが近いです。

キャットフードは尿路結石予防にどう?

ハッピーキャットは尿路結石の予防に適しているかどうかですが、答えはYESです。

先述しましたが、尿路結石の予防には、マグネシウム(Mg)のほかにリン(P)、カルシウム(Ca)のとのバランスが大切です。その理由は長くなるので割愛しますが、尿路結石に配慮したキャットフードを選ぶ時にチェックすべき、それぞれの比率は「Ca : P : Mg = 1.2~1.5 : 1 : 0.08 ~ 0.1」とされています。

ハッピーキャットは「1.3 : 1 : 0.1」なので、尿路結石予防に適したフードと言えます。

ハッピーキャットフードの給与量

ハッピーキャットの給餌量は体重と運動量によって一日の給餌量が変わります。

体重2㎏の猫の給餌量は、30g/日(標準的な運動量)、35g/日(豊富な運動量)です。
これを基準に、体重が1kg増えるたびに、(標準的な運動量)では+5~10g、(豊富な運動量)では+10~15gフードの量が増えていきます。
これはあくまでも給餌目安なので、個体差に合わせて±15%の範囲で調整をします。

給餌量が猫に適切かどうか判断するには、体重が目安になります。体重が減っていれば給餌量を増やし、体重が増えていれば減らします。特に、体重の変化が見られないのであれば、給餌量が適切であると考えていいでしょう。ただし、急激に体重に変化が見られた場合は病気が原因であることもあるので注意しましょう。

また、フードを切り替える際は、猫のストレスを減らすために、徐々にフードの割合を変えながら与えます。下痢や食欲不振を予防することも期待できるからです。

初めは給餌量を見極めるのが難しいかもしれませんが、適当に与えることはやめましょう。本来のフードの役割が無意味になってしまいます。給餌量に関して分からない場合は、獣医師に相談するのも良いですよ。

ハッピーキャットの価格、最安値は?

ハッピーキャットの購入を考えた時に、どこから購入しようか迷ってしまいますよね。特に、ハッピーキャットは値段が高いので、少しでも安く手購入できるところから買いたいと思う方も多いはずです。

そこで、大手通販ショップ3社と、公式通販で販売されるハッピーキャットの値段を比較してみました。最安値のショップはどこなのか紹介いたします。

ハッピーキャットのamazonの価格は?

Amazonでは、ハッピーキャット300g、1.3kg、4kgの取り扱いがあり、値段はそれぞれ1,452円、4,719円、10,164円でした。

また、Amazonでは、定期おトク便というサービスがあり、2個以上の商品をおトク便に追加すると、5%の割引が適用されます。さらに、定期便の頻度は2週間~6か月の間で選ぶことができます。

Amazonは基本的に送料がかからない事と、注文してから到着までが早いことがとても魅力的です。

ハッピーキャット/楽天の価格は?

楽天では、ハッピーキャット300g、1.3kg、4kgの取り扱いがあり、値段はそれぞれ1,210円、3,993円、8,470円でした。

楽天では定期購入などはありませんが、送料無料、翌日配送(一部地域を除く)が可能です。

ハッピーキャット/のヤフーショッピング価格は?

ヤフーショッピングでの取り扱いは、300g1,452円(+送料605円) 、1.3kg4,719円(+送料605円) 、4kg10,164円で、定期購入はありませんでした。

4kg以下は送料がかかってきますが、即日発送(土日祝除く)が可能です。

paypayポイントをためることができます。

ハッピーキャット/公式の価格は?

ハッピーキャットは公式サイトでの購入も可能です。

容量と料金は300g1,452円、1.3kg4,719円4kg10,164円でした。公式サイトの定期購入は、商品の料金は変わりませんが、1ポイント1円として利用できるポイントを、購入金額の10%分発行してくれるサービスがあります。

しかし、1度に税込み5500円以上購入しないと送料がかかってしまうので、まとめて購入がおススメです。発送から到着は2日(目安)です。

ハッピーキャットの最安値は?

最も安く、早く、購入できるのは楽天からでした。しかし、継続で続けるのであれば、ポイントがつく公式サイトの方が、長期的にはお得になります。

ハッピーキャットの他の販売店は?

ハッピーキャットは一部のペットショップ、動物病院、ドラッグストア、ショッピングモールで販売しています。フードについて相談したい場合は、このような販売店を利用するのも良いです。

詳しい販売店の詳細は公式HPに記載しているので参考にしてください。
(リンク:https://happycatjapan.com/shoplist/)

ハッピーキャットにお試しはある?

ハッピーキャットは、モニター、サンプルはありませんが、公式サイトからのみ50g(330円+送料)の少量パックが販売されています。サンプルではないので、料金はかかってきますが初めての場合はこちらを利用するのがおススメです。

しかし、少量パックは、ファームラム、アトランティックサーモン、バイエルンビーフのみでファームダックにはありません。

ハッピーキャットがおすすめな猫は?

ハッピーキャットは毛並みにも◯

ハッピーキャット動物性たんぱく質が豊富で、さらに皮膚や被毛の健康を維持すると言われるローズマリーが含まれているので、毛並みが気になる猫にもピッタリのフードです。

たんぱく質は、被毛だけでなく、皮膚や爪など、体の大部分を構成する重要な栄養素です。実は、猫に必要なたんぱく質量は、1kgに換算すると人間の約5倍の量が必要で、その為、美しい毛並みを維持するには大量のたんぱく質が必要となります。

ハッピーキャットは、粗たんぱく質の90%が動物性たんぱく質由来。ですから、猫に必要なたんぱく質をしっかり補給でき、個体差はありますが、毛並みを美しく維持することができるのです。

ハッピーキャットは下痢や軟便になりやすい子にも◯

ハッピーキャットはグレインフリーのフードなので、お腹の弱い猫にも安心して使えます。
個体差によって変わりますが、ハッピーキャットの消化吸収率は90%以上と高い水準を誇っています。

肉食の猫は本来穀物を食べないので、穀物を摂取することで、下痢・軟便のリスクを高くしてしまいます。ですから、穀物を消化吸収することが苦手な猫は、グレインフリーが下痢・軟便に良いとされるのです。

ハッピーキャットは穀物は一切含まれず、主成分はすべて肉類、また、胃腸の働きをサポートする天然ハーブなども配合されていますから、お腹の弱い猫にも適しているフードなのです。

ハッピーキャットの種類と特徴

ハッピーキャットには様々なラインナップがあり、ドライフードだけでも全17種類あります。猫の年齢と味で、猫に合った商品を選びましょう。

それでは、ハッピーキャットの種類と特徴を紹介します。

・カリナリー【成猫向け】

グルメな愛猫も大満足のコンプリートフード。バラエティー豊かで、肉や魚の様々な味が楽しめます。

全6種類
ファームラム(牧畜のラム)
アトランティックサーモン
バイエルンビーフ(大粒)
スプリングトラウト
ファームダック(平飼いの鴨/穀物不使用)
ファームポルトリー(平飼いチキン/特大粒)

【ステアライズド/避妊去勢後の猫向け】

避妊去勢後の太りやすい成猫用コンプリートフード。塩分控えめで美味しく低カロリー、高たんぱくの猫に嬉しいレシピです。

全1種類
ステアライズド

【ヤング/仔猫向け】

成長期の健康な発達を促す仔猫用のコンプリートフード。成長に必要なたんぱく質をたくさん使った高たんぱく設計シリーズです。

全2種類
ジュニア ファームポルトリー(平飼いチキン)
ジュニア ファームダック(平飼いの鴨/穀物不使用)

【シニア/老猫向け】

猫の好みに合わせて選べるシニア猫用のコンプリートフード。たんぱく質、ミネラル控えめで、シニア期の健康に配慮したシリーズです。

全2種類
シニア アトランティックサーモン
シニア ファームラム

【センシティブ/健康に悩みがある猫向け】

デリケートな猫のためのコンプリートフード。健康悩みに合わせて選べるヘルスケアシリーズです。

全5種類
食事療法食 ダイエットニーレ(腎臓ケア)
ダイエットニーレ(腎臓ケア)
ローファット(ウェイトケア)
ストマティック&インテスティン(胃腸ケア)
スキン&コート(皮膚被毛ケア)

ハッピーキャット猫用Q&A

ハッピーキャットの賞味期限は?

開封前は、袋に記載される賞味期限の通りで、開封後は1ヵ月を目安に使い切りましょう。賞味期限が切れたものや、開封後長期間経ってしまったものは菌やカビが発生していることもあるので猫に与えず破棄します。

ハッピーキャットの保存方法は?

高温多湿、直射日光を避けて、冷暗所で保管しましょう。冷蔵庫での保存は結露により品質悪化につながるので、おススメできません。

袋にジッパーがついているので、開封後は密閉することを忘れずに。

ハッピーキャットは子猫も食べられる?

成猫向けのものは、食べられないことはありませんが、子猫向けの商品があるので、あえて選ぶ必要はないと考えます。

子猫向けのハッピーキャットヤングシリーズは、子猫の成長過程で必要なたんぱく質を豊富に含んでおり、栄養バランスに優れ高品質、さらに美味しく、猫にうれしいフードなので子猫も安心して食べられます。粒も子猫にも食べやすい大きさ(直径7㎜厚み4㎜)です。

ハッピーキャットを食べない場合は?

低評価の口コミもありましたが、粒の大きさ、味の好みによって猫が食べないこともあるそうです。猫が食べない場合は、猫が好きな他のフードと合わせてあげてみる、粒を半分にしてみる、他の味を試してみるなどの対策をすると良いです。

ハッピーキャットの切り替えは?

他のフードからハッピーキャットに切り替える場合は、必ず少量ずつ与えていきます。

最初は、従来のフード:ハッピーキャット=9:1の割合から徐々にハッピーキャットの割合を増やしていきます。

最初からすべて切り替えてしまうと、お腹を壊す原因になったり、猫の食いつきが悪くなってしまいます。

ハッピーキャットのにおいは?

ハッピーキャットは、開封すると肉の香りが強めにします。魚味でも肉っぽい香りがするとユーザーのコメントにもありました。

ハッピーキャットは猫に必要なたんぱく質を豊富に含んでいるので、その分、肉や魚の含有量が多いので納得ですね。

ハーブなども含まれていますが、微量なのであまりそういった香りはないそうです。

ハッピーキャットの粒の大きさや形状は?

ハッピーキャットの粒の大きさは、直径9㎜厚み6㎜なので、一般的なフードの粒サイズと変わりありなく、丸~楕円形状で食べやすい粒です。

しかし、猫によってはたべにくいと感じることあるので、その場合は粒を半分にしてみると良いですよ。

キャットフードのジッパーは?

パッケージはしっかり厚めのアルミ製で、ジッパー付きです。ジッパーは300gの小さいサイズでもついています。ジッパーに関しては、ユーザーによってそれぞれ使いにくい、使いやすいという両極端のコメントがあったので、使い勝手は人それぞれというとこでしょうか・・。
開封後わざわざ、テープやクリップで止める必要がないので利便性は高いですね。

ハッピーキャットは高いのでは?

ハッピーキャットは価格だけ見ると、市販のキャットフードより高い印象を受ける方が多いかもしれません。

ハッピーキャットは必要のない人工添加物が不使用なだけでなく、ヒューマングレードの食材が用いられ、その上穀物を含まず肉をふんだんに使った、ドイツ産のプレミアムフードです。ですので、高額ですが値段相応といえるのではないでしょうか。

しかし、続けていくことに意味があるので、無理なく継続できるかということも考えておくと良いです。

ハッピーキャットフードは食いつきが良い?

ハッピーキャットの食いつきは良いというコメントは多く見られました。ハッピーキャットは先述した通り、肉の量が多いので、肉の匂いが強いフードです。その為、肉食動物の猫は本能的に好む傾向があります。

ハッピーキャットの会社はどんな会社?

ハッピーキャットの製造元であるinterquell社は、1765年、ドイツのバイエルン州の小さな町でミュラーさんが穀物製粉所の操業を開始したのが始まりです。1765年は今から257年前で日本は江戸時代ですから、長い歴史があることが分かります。

愛犬のために美味しいフードを作りはじめ、1965年に最初の犬用ドライフードが完成し、1968年には犬用のドライフードのハッピードッグが誕生しました。

ハッピーキャットは、2002年にそれまで培ってきた技術と経験を生かして製造が開始されました。

家族経営、自社工場での製造や、高品質な材料とレシピ、世界中の猫が健康で長生きしてほしいという原動力など、猫によりよいフードを作り続けたいと思っているinterquell社は、ユーザーに高い信頼を抱かせます。

 

タイトルとURLをコピーしました